売上アップのポイント

売上がアップする仕組みの作り方がわからない

  • 情報が散乱していてどこから見ればいいかわからない。
  • 目標数字達成のボトルネックがわからない。
  • 顧客情報や商談成約率などデータが蓄積されておらず、分析ができない。

売上アップのために、まずは要素を見える化し、
きちんとマネジメントする必要があります。

営業生産性をアップすることが、売上目標の達成に大きく関係しています。
営業生産性のアップのためには、下記の4要素の改善が必要です。

営業生産性(のアップ)=商談件数(の増加)×商談規模(の拡大)×商談成約率(の向上)÷商談期間(の短縮)

4要素の改善のステップ

これら4要素を改善するためには、まず現状の見える化が必要です。
ツール(CRM/SFA)を活用して、データを集めて営業プロセス毎の数値を見える化し、現状分析から適切な改善、マネジメントを繰り返すことで、売上アップにつながってくるのです。

1. 営業の見える化営業プロセスの数値化

CRM/SFAの活用で実現

2. プロセス毎の適切なマネジメント

適切なマネジメントのイメージ~ゴールから逆算する思考

営業プロセスを分解、標準化してデータ収集すると現状が見える化します。
すると目標達成のために何をすべきかがおのずと見えてきます。
それが「ゴールから逆算する思考」。
eセールスマネージャーを使うからこそできる、売上アップのためのポイントです。

ゴールから逆算する思考

目標にコミットし、結果を出し続けられるから、
多くの企業様からも支持されています。
eセールスマネージャーは結果を出せる仕組みです。

eセールスマネージャーRemix Cloudにおまかせください

営業の相談をしたい方 実際の画面をご覧になりたい方
お問い合わせ・デモ依頼
より詳細な情報を確認したい方
カタログ請求・ダウンロード

事例・ホワイトペーパーダウンロード

ツールの機能、価格についてなど、お問い合わせ全般もお気軽に。

TEL:03-6880-2600 受付時間:平日8:30~17:00