営業ラボ

営業力強化に役立つノウハウを公開
eセールスマネージャー 営業ラボ・ブログ アフターコロナ(Withコロナ)で求められる新たな経営とは?必要性やポイントを徹底解説!
アフターコロナ(Withコロナ)で求められる新たな経営とは?必要性やポイントを徹底解説!

アフターコロナ(Withコロナ)で求められる新たな経営とは?必要性やポイントを徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新型コロナウイルスの流行をきっかけに、多くの企業で経営が見直されています。

既に「アフターコロナ(Withコロナ)」時代を見据えて新たな経営戦略を決定し、「ニューノーマル」時代に対応しつつある企業もあるのが現状です。

他社に遅れを取ってシェアや売上を失わないように、今こそ経営を見直すべきといえるでしょう。

そこで本記事では、アフターコロナ時代に求められる経営について考えることの必要性や不可欠な要素などを解説します。

そもそもアフターコロナ(Withコロナ)とは?

はじめに、アフターコロナという言葉の意味を簡単に理解していきましょう。

というのも、ポストコロナやビフォーコロナといった言葉もあり、あいまいに理解していると理解にそごが生じてしまうからです。

自社内でもアフターコロナをキーワードに経営を見直す際に、個々の感覚が違っていると、成果につながる議論にならない恐れがあります。

というわけで、アフターコロナとは何かを似た言葉を含めて解説すると、以下のとおりです。

  • ビフォーコロナ:コロナ禍以前の状況。プリコロナともいわれる。
  • ウィズコロナ:ワクチンなどはない中で、ロックダウンや3密回避などで感染拡大を防ぐ状況。
  • アフターコロナ:ワクチンなどである程度コロナ禍をコントロールできるよになった状況。ポストコロナともいわれる。ニューノーマルと関連性があり、常識が変わる。

国内においては、アフターコロナやウィズコロナが同じような意味で使われる傾向もありますが、厳密に区別すると上記のとおりです。

そして、ウィズコロナ・アフターコロナの状況では常識が変わり、ニューノーマルといわれる時代が到来します。市場も企業も変化は避けられません。

実際、ニューノーマルという概念は、コロナ禍で初めて出たものではないのです。

ニューノーマルは、リーマンショック後に出た概念で、かつては異常だった自体が日常になったり、基本的な構造に変化がおきたりしたことが背景にあります。

新型コロナウイルス流行初期でも、タッチレスやソーシャルディスタンスといった変化が起き、低調な業界や新たなビジネスが生まれました。

アフターコロナ時代の経営方針を考えるのは必須といえる状況です。そこで、アフターコロナで求められる経営の要素を詳しく見ていきましょう。

アフターコロナ(Withコロナ)で求められる経営とは?

アフターコロナ(Withコロナ)で求められる新たな経営とは?必要性やポイントを徹底解説!_経営

アフターコロナで求められる経営とは、具体的に以下の3つです。

  • 柔軟な働き方を許容する労働環境を構築する
  • 経営資源とコア・コンピタンスを再定義する
  • 中長期的ビジョンを見据えて経営を行う

なお、先述のとおり、アフターコロナとは厳密にいうとワクチンなどがある状況で、ウィズコロナの後に到来するものです。

しかし、多くの業界で重要ポイントは変わらないので、ウィズコロナとアフターコロナをあわせた状況で経営の重要ポイント解説していきます。

もっとも、観光や飲食業界など、ウィズコロナとアフターコロナを明確に区別して、経営方針を判断したほうが良い場合もある点はご理解ください。

上記の前提のもと、アフターコロナで求められる経営手法3つについて解説していきます。

柔軟な働き方を許容する労働環境を構築する

従来の経営スタイルは、硬直的かつ常態化しており、多くの組織で柔軟かつ多様な働き方は推進されてきませんでした。

その結果、在宅勤務の導入や業務の効率化・生産性向上に繋がる施策の導入が遅れがちとなり、コロナウイルスの感染拡大を機に、多くの企業で硬直化した企業体制が表面化した問題となりました。

しかし、アフターコロナ時代では、これらの遅い対応は致命的となり、これまでのような働き方やマネジメント方法は通用しなくなるでしょう。

そのため、これまでの経営方針や労働環境の在り方を一から是正し、従業員にとって柔軟かつ多様な働き方ができる施策や制度を導入することが必要になります。

また経営や利益拡大だけにフォーカスするのではなく、従業員一人ひとりの満足度やエンゲージメントの向上が図れる施策に着手することも必須条件と言えるでしょう。

特に、BCP(事業継続計画)にも貢献するDX(デジタルトランスフォーメーション)への着手は必須といえます。

テレワークやSFA/CRMの導入、定着は中長期的に自社の収益を上げていくでしょう。実際、コロナ禍でも最高益を記録した企業は、DXを達成していました。

なお、DXについての詳細は以下から確認してください。

経営資源とコア・コンピタンスを再定義する

これまで最適と思われてきた企業の構成要因である経営資源(ヒト・モノ・カネ/情報・時間・知的財産)やコア・コンピタンス(企業の中核を担う強み等)の重要性を理解することや再定義を念頭においた経営も必要不可欠要素と言えます。

多くの企業では、企業体質の変化を迫られるか、または倒産や廃業に瀕しているかなどの重要局面や切迫した環境下におかれないと、自助努力で変化を促すのは難しいと言えます。

しかし、コロナウイルスの感染拡大及びアフターコロナ時代は、これまでの経営の定石や正攻法が通用しない時代に突入します。

そのため、これからの時代に則した経営体制を構築するために、既存の経営資源を最大限活用できる経営戦略を立案することが重要です。

中長期的ビジョンを見据えて経営を行う

あくまでもコロナウイルスの蔓延は一時的な要素であり「不確実性」の一環であるといえます。

そのため、経営層は現在の有事かつ緊急性を要する対応策だけでなく、アフターコロナ後に訪れる新たなニューノーマルやスタンダードがどうなるかも視野にいれて経営戦略を考えることが重要になります。

また、それらを踏まえて経営者(経営層)は中長期的ビジョンを策定し、従業員と共有することが求められるでしょう。

いずれにせよ、多くの企業では、今後ビジネスモデルの転換や、経営戦略(方針)の再考が不可欠となり、大きなパラダイムシフトに対応する局面を迎えます。

そうなったときに、これらの時代を予期して、どのような経営をしていくかが、アフターコロナ時代の勝者でありニューノーマルと言えるでしょう。

なぜアフターコロナで経営手法を変化させることが重要?

頭の痛いITについて_UP

未だ多くの企業では、コロナウイルス感染拡大以前と同じ経営方針や営業スタイルを実践している組織が多くみられます。

しかし、コロナウイルスとの共存が長期的スパンになることに伴って、これまで当たり前や常識とされてきた経営や仕事の在り方は岐路を迎えているのです。

場合によっては、外部環境の変化により、市場の縮小及び消滅、企業の内部構造の抜本的見直しも余儀なくされます。

そんな過酷な時代を生き抜くためには、どのように経営手法を変化させることが重要なのでしょうか。

以下では、経営手法を変化させることの重要性について解説します。

従来型の経営では持続性ある成長は不可能

多くの日本企業はこれまで「高品質」や「低価格」、または「独自性」としてメイドインジャパンというブランドを誇示してきました。

しかし、現在のビジネスシーンでは、グローバル競争の激化やデジタル化の進展といった要素に加え、少子高齢化による慢性的な人材不足、国内市場のシュリンク(縮小)が課題に挙げられ、日本企業の優位性は失われつつあります。

したがって、従来型の経営手法では、将来にわたって持続的な成長だけでなく、企業活動の継続も保証できない事態に陥っているといった客観的事実に目を向けることが重要です。

そして、そこから自社が有する経営資源によって、どのような市場に参入できるか、自社の事業がどう社会に貢献ができるかを一から模索することや、企業の潜在的な課題がコロナウイルスによって顕在化したことを契機と捉えて、経営を抜本的に改革していくことが求められます。

新たな常識「ニューノーマル」の確立

コロナウイルスは、直近で発生した金融危機やグローバル経済の変化とは異なり、多くの地域及び産業に影響を及ぼしています。

そのため、今までの常識が通用しなくなり、新たな常識や状態が誕生する「ニューノーマル」といった新常態の時代に突入します。

したがって、アフターコロナの時代では、社会及び経済の構造的変化は避けられず、多くの企業・組織で大きな変容を強いられることになるでしょう。

このように外的環境が大きく変容するときは、市場や産業の新陳代謝や、企業の淘汰や合併が起こるとこれまでの歴史が証明しています。

そのため、経営の在り方だけでなく、業務プロセスやワークスタイル、サプライチェーンなど、これまでの組織や事業を構成していた要素を再定義して、それに則した変化及び対策を講じることが、持続的な経営、または新たな時代で生き抜くための必要条件と言えます。

アフターコロナの経営で最低限意識したい要素3つ

アフターコロナ(Withコロナ)で求められる新たな経営とは?必要性やポイントを徹底解説!_要素

コロナウイルスの感染拡大によって、多くのステークホルダーは企業の対処法を注視しています。

しかし、平時に策定する経営戦略とは異なり、危機フェーズでの経営戦略の立案には、優先度やスピード感など多角的要素を加味した上での判断が求められます。

以下では、アフターコロナの経営に際して、不可欠な要素を3つに細分化して解説します。

①市場の変化に対応した収益構造改革

現在、コロナウイルスによって経済が停滞したことで、売り上げの減少や需要の低迷が発生しています。

認識する危機的状況は産業(セクター)によって異なるものの、コロナウイルスとの共存が長期化することに比例して、業界を問わず経済全体に甚大なダメージや影響を及ぼすことは容易に想像できます。

このような環境下では、既存の市場や事業内容、収益モデルに固執するのではなく、新たな市場や収益源になるポートフォリオを構築することが重要です。

例えば、ストックビジネスからサブスクリプションモデルへの移行や、チャネルの多角化、場合によってはオンプレミスからSaaSへ切り替えることなどが挙げられます。

仮に現状の収益モデルを維持する場合でも、既存事業の見直しや収益バランスの改善、経営する上で不可欠な要素の再定義を図ることで、現在有する経営資源でも変化に対応し、コロナ危機をチャンスに転換することも可能です。

②変化・イノベーションを恐れない

多くの日本企業や組織は、変化やイノベーションに関して不寛容であり、その結果、グローバル規模でみると、変化や新たなイノベーションの活用に遅れをとってきました。

そのため、未だに業務の効率化や生産性向上などは一向に改善されず、人命に関わる緊急性を要する事態にもかかわらず、出社を余儀なくされると言った事態も見受けられているのです。

今回のコロナ危機のタイミングは、従来型の企業に変化やイノベーションを受け入れる転換期と捉え、最大限活用することが求められます。

具体的には、SFAやCRM、MAといった業務の効率化や省人化を促すことを目的としたデジタル技術の活用や、従来型の評価システムの再考、コミュニケーションのオンライン化などが挙げられます。

また変化やイノベーションといった変革に恐れない組織を構築する上でも、今回のコロナ危機を契機ととらえ、経営手法を転換することが不可欠と言えるでしょう。

③企業価値の最大化

コロナウイルスによって、これまで見過ごされてきた企業の本質的な価値が問われる時代に突入します。

そのため、これまで企業の存在意義や潜在的課題に対処してこなかった組織は淘汰されることも想定されます。

そこで、これからの経営に不可欠な要素となるのが「企業価値の最大化」です。

企業価値とは主に、会社全体の経済的価値を指しており、企業が将来にわたって生み出すキャッシュフローの現在価値を図る指標のことをいいます。

このワードは本来、M&Aや事業及び設備投資を実行する上で用いるものですが、アフターコロナ時代では、これに付随して「いかに社会・経済に貢献しているか」といった項目がプラスされるでしょう。

これまでの当たり前や可視化・顕在化していなかった要素に着目して、企業の存在価値を一から再定義し、今後社会や経済に対して、どのような貢献やインパクトを与えられるかが、企業の存続及び経営戦略の良し悪しの焦点になると言えます。

アフターコロナの経営で注意点2つ

アフターコロナ(Withコロナ)で求められる新たな経営とは?必要性やポイントを徹底解説!_注意

アフターコロナ時代を予測した経営戦略の立案と言っても、これから訪れる新常態(ニューノーマル)をあらかじめ見据えて、今とるべき行動を決断するのはなかなか困難です。

本章では、アフターコロナの経営で注意すべき点(押さえるべきポイント)について解説します。

アフターコロナ(Withコロナ)を楽観視しない

現時点では、未だコロナウイルスの収束の目処はたっていません。

そのため、現段階で本業に影響がない、または軽微の企業や産業でも、コロナウイルスが長期化することで、必ず何かしらの影響があるという点を含めて行動することが重要になります。

また現在多くの企業が施策を打つにあたり、現在の感染者数や世界の収束状況をベースに、「何が」、「いつまでに」、「どの程度」回復するかを基準に検討しています。

このような予想、しかも今までに経験したことない事態に対処する際は、現在の状況を楽観的にとらえるのではなく、あらゆるリスクやシナリオを描くことが不可欠です。

あくまでも、アフターコロナに対する影響や損失を楽観的に想定するのではなく、不足の事態も念頭において、経営者及び経営層は経営戦略を立案することが求められます。

企業の在り方の本質を見誤らない

これまでの日常や当たり前が失われ、社会における自社(企業)の存在意義や、本業が与える影響・貢献度が再定義されることも想定しておくことが重要です。

既に多くの制度や業務プロセスがテクノロジーによって代替され、大きなパラダイムシフトが起きています。

この傾向は、コロナウイルスが拡大する現在だけでなく、アフターコロナ時代でも顕著に起こることが想定されます。

その際に求められる経営の在り方は、企業の本質を見誤らないことです。

グローバルなビジネスの潮流やスピードに抗って、変化やイノベーションを受け入れなかったり、経営する者が頑に変革を拒めば、そこで働く従業員の雇用が守れなくなるだけでなく、最悪の場合、倒産や廃業といったことにもなりかねません。

新たな経営の在り方を模索するなかでも、企業の価値や意義を見直し・定義し続けることで、企業の在り方や本質を見誤らず、時代の変化にもスムーズに移行することができます。

まとめ~経営の抜本的改革をすることが大切

アフターコロナ(Withコロナ)で求められる新たな経営とは?必要性やポイントを徹底解説!_まとめ

サプライチェーンの寸断や既存市場の需要減少、人やモノの移動制限など…アフターコロナ時代の経営を想定するにあたって、多くの現状や課題が日々生じています。

しかし、アフターコロナ(Withコロナ)時代に備えた経営の在り方や成長戦略の見直しを図ることで、同時にピンチをチャンスに変え、新たなビジネスの契機や市場の創造につなげることもできます。

そのためには、現段階から危機発生時の対策や取り組むべき経営課題の可視化、組織が抱える潜在的な問題点の列挙など、山積した課題と向き合い、必要であれば一から見直すこともしなければなりません。

アフターコロナ時代を見越して、収束後に予期できる需要を取り込むため変革できるかどうかは、現在のこの一瞬一瞬にかかっていると言えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ソフトブレーンのセミナーなら

ソフトブレーン セミナー

ソフトブレーンは営業支援システムのeセールスマネージャー導入を中心に営業担当者の教育・トレーニング、導入・活用コンサルを通し、これまで7,000社以上の企業の営業課題解決をサポート。

セミナーではテレワークの導入、営業の売上増や残業時間削減といったニーズに対し成果の出るノウハウをご紹介。

貴社の業界・業種での営業改革成功事例をご紹介します。

Category

Ranking

書籍無料プレゼント中

ホワイトペーパー無料配布中

テレワーク特集はこちら!

ページトップへ