顧客との関係構築・売上最大化に必要なあらゆる情報を管理できるCRM

CRMとは、英語の「Customer Relationship Management」の略語であり、日本語では「顧客関係管理」、あるいは簡単に「顧客管理」などと訳されます。CRMでさまざまな顧客情報を管理することにより、LTV(Life Time Value:顧客生涯価値)を最大化できます。LTVとは、個人や企業が物やサービスを継続して購入し生み出す価値のことを言います。

CRMとは

CRMが解決できる課題

1見込み客を増やしたい
「新規顧客開拓をしたい」、「既存顧客からのアップセルを狙いたい」という課題を解決するには、顧客になりうるリストを入手、または既存顧客リストをセグメントし、購入段階まで育てることが必要です。

これらを解決するのに必要な機能群はこちら

2情報共有を円滑にしたい
マネージャーと部下、プロジェクトチームメンバー内での情報共有がスピーディーに行えれば、その後の生産性は驚くほど向上できます。部下への指示出し、他部門との連携により提案の質や顧客対応に差が出ます。

これらの実現に必要な機能群はこちら

3顧客・名刺・人脈情報を管理したい
顧客情報とは、会社情報や名刺の個人情報に加え、企業とその顧客との接触情報や購買履歴など関係性を表す情報を指します。これらを見える化することで新たなマーケティング・営業戦略を立てることができます。

これらを実現する機能群はこちら

4経営判断のスピードを上げたい
結果が出てからの判断では、今の時代勝ち残れません。結果が出る前に現状を把握しトレンドを見極め、スピーディーな経営判断をすることで予算達成やさらなる売上向上のチャンスをつかむことができます。

これらを実現する機能群はこちら

CRMの機能群

顧客管理
顧客管理
顧客情報を見るだけで、現在どのような活動が行われどういった進捗にあるのかなど必要な情報を一目で把握することができます。
詳しく見る
営業支援
案件管理
案件ごとに顧客、営業担当者、客先担当者、商品、代理店、見積、売上金額など必要な情報を紐づけて管理することができ、表示項目も自由に設定できます。
詳しく見る
名刺・人脈管理
名刺OCR・デジタル化
スマホで名刺を撮影するだけで、名刺情報がテキスト化され登録されます。面倒な名刺登録の手間を省き、業務効率化をはかれます。
詳しく見る
名刺・人脈管理
人脈管理
名刺情報の管理だけでなく、まだ会えていない人も見える化することができます。次に誰に会わなければならないのかが一目瞭然となります。
詳しく見る
連携ソリューション
マーケティングオートメーション連携
MAと連携でき、マーケと営業の連携強化しリードの育成と営業活動の効率化を実現します。
詳しく見る
BI
アナリティクス(分析)
蓄積された顧客や案件、営業活動データ、基幹システムの売上やWeb解析ツール上にあるリードデータなどのさまざまなデータを好きなように組み合わせ分析できます。
詳しく見る

CRM/SFA導入が失敗する理由

「入力が大変で使われていない」「せっかく入力しているのに、別で作成する会議・報告資料がたくさんある」「機能は豊富にあるが、単なる日報システムと化しており、活用目的が不明瞭」
このような状態では、どんなに優れた機能があっても意味がありません。

詳しく見る

貴社にぴったりのCRMシステムは?

CRMシステムと一括りにすると、SFA、コールセンター/CTI、メール配信システム、最近ではMAなども含み、かなり広範囲にわたります。まずは自社の導入目的・課題を明らかにしてから選定する必要があります。

詳しく見る