案件管理

見やすさ、マネジメントのしやすさが特長の案件管理

案件ごとに顧客、営業担当者、客先担当者、商品、代理店、見積、売上金額など必要な情報を紐づけて管理することができ、表示項目も自由に設定できます。

案件情報画面にはマネジメントに必要な情報が集約

1. コンタクト先:会うべき部門/人を設定できます。
接触/未接触が色分けされ、攻略できていないキーマンは、更に深堀りし社内人脈や、過去接点情報から攻略手段を決めていきます。
2. 有効接触日:最後にお会いした日付が表示されます。
決められた期間、接点を持てていないと、赤字で表示されます。
3. 意欲:自社サービスの購買意欲がわかります。
キーマンの意欲を向上させるための施策を講じ、推進をします。

そのまま会議にも活用できる案件リスト

規模や進捗でのランク付け管理や停滞案件のリスト化など、マネージャーや営業マン個々の要望に応じたリストも自由に作成できます。条件を設定して自動でリスト化しメールでお知らせする機能(ルールエンジン機能)も有効に活用すれば、漏れなく確実に案件管理を行うことができます。
視覚的に見やすい設計になっており、マネジメントポイントが明らかになります。

案件リスト
関連情報