スケジュール管理

eセールスマネージャー機能スケジュール管理

営業に必要なすべての情報が紐づいているスケジュール管理機能

社内やチームでスケジュール情報を共有することで、部下の活動状況の把握や上司の同行スケジュール調整など、いつでも誰でも簡単に行えます。また、ToDoも共有・登録が自由に行えるため、ネクストアクション漏れの部下のスケジュールにToDoを登録で指示を出すこともできます。(ToDoにはアラート機能も付いています。)スマートフォンでの操作性も抜群です。

画面から2クリックで様々な情報を閲覧、活動登録も可能

スケジュール登録、ToDo管理はもちろん、スケジュール画面から、活動登録や会社情報、案件情報、名刺情報や活動履歴の閲覧がたった2クリックで行えます。

画面から2クリックで様々な情報を閲覧、活動登録も可能

“営業現場に最適”スマホでも簡単にスケジュール管理が可能

スマホでも、簡単にスケジュール管理することができます。訪問前後の情報確認や活動登録も簡単に!
営業現場での使いやすさを一番に考えて設計しています。

“営業現場に最適”スマホでも簡単にスケジュール管理が可能

ルート営業向けスケジュール管理

決まった顧客に定期的な訪問を管理する場合は、月間行動予実で管理!

ルート営業向けスケジュール管理

スケジュール連携オプションクラウドサービス

スケジュール連携オプションクラウドサービス

eセールスマネージャーと他のスケジュールソフトを自動同期させるクラウドサービス

スケジュール管理・ToDo管理などeセールスマネージャーと他のスケジュールソフトを使用する場合、スケジュール連携オプションを使って自動同期すると、重複入力の手間や登録情報の矛盾を回避し、参照者に必要なライセンスも用意することなく、個人と組織の業務効率化が図れます。

eセールスマネージャーと他のスケジュールソフトを自動同期させるクラウドサービス

双方向、片方向の同期を定期的に実施します。

たとえば以下の問題を解消できます。

  • 複数入力の手間
  • 変更・参照の手間
  • 記入忘れ・更新忘れ
  • 矛盾が発生
  • ダブルブッキング
  • アクセス方法が異なる(PC、モバイル利用)
  • 片方のアカウントが無い

特徴とメリット

  • クラウドサービスなので、ライセンス購入やオンプレミス導入・運用による様々な負担・コストの無駄を省けます。
  • サーバの調達や設置場所確保、セットアップ、障害監視・障害対応、バックアップ等は不要です。
  • スケジュール連携エラー時は、ソフトブレーンにて調査に必要な作業も代行します。

連携対象スケジュールソフト

  • Microsoft Exchange Server 2010
  • Microsoft Office 365 Exchange Online
  • Google Calendar(Google Apps for Workのみ)
  • Garoon on cybozu.com
  • Microsoft Exchange Server 2013
  • IBM Lotus Notes / Domino 8.5、9
  • ガルーン 3.1.1以降、4.0.0以降
  • Office10、Office on cybozu.com

※desknet’sは別製品「GX-Sync」で連携可能です。

オンプレミスでのスケジュール連携はこちら

スケジュール連携
関連情報