基幹システム・データ連携

eセールスマネージャー機能基幹システム・データ連携

基幹システム連携

CRM/SFAを活用していくために基幹システムとの連携は欠かせません。
eセールスマネージャーではバッチ連携モジュールを活用することで、容易に基幹システムとデータを連携ですることができます。これにより、売上や受注などの実際の数字を、各種グラフレポートや帳票へアウトプットすることが可能になり、営業のマネジメントや分析に活用することができます。

バッチ連携モジュール

設定された間隔で自動的にeセールスマネージャーからCSVファイルをエクスポートし、ダウンロードディレクトリに保存します。
基幹システムからアップロードディレクトリへのCSVファイルのエクスポートや、ダウンロードディレクトリから基幹システムへのCSVファイルのインポートは基幹システム側で行います。
設定された間隔で自動的にアップロードディレクトリのCSVファイルをeセールスマネージャーに送信し、インポートします。

  • 対象データは顧客・名刺・案件・案件商品・社員・部署・社員グループ・売上情報になります。
  • 画面からできるインポート・エクスポートと同等です。

URL-API

eセールスマネージャーの特定画面情報をダイレクトに呼び出す機能となります。

この機能を使用する事で、別システムの特定リンクをクリックするとeセールスマネージャーの 各種情報(顧客情報、案件情報、名刺情報、活動情報等)が表示されるシステム連携の簡単に作成できます。

URL-API

対応画面一覧

  • 顧客シート詳細、検索結果
  • 案件シート詳細、検索結果
  • 名刺シート詳細、検索結果
  • 活動シート詳細
    • 活動シート履歴(案件シートごと)
    • 活動シート履歴(案件シートごと)
  • 拡張シート詳細、検索結果
  • スケジュール詳細
  • ToDo詳細
  • ワークフロー申請詳細
  • ログイン

SOAP API

eセールスマネージャーのデータを参照/登録/変更/削除する為のWeb-API機能となります。
外部システムの何らかのアクションをトリガーとして、eセールスマネージャーのデータの更新を行うことができます。

本機能を利用することで外部システムとリアルタイムにeセールスマネージャーの連携が可能です。

  • 現在、eセールスマネージャーRemix Cloudのみ。今後Remix MSにも追加予定。

例1)外部システムで「引き合い」が発生した際に、eセールスマネージャーに自動で案件を立てる。

SOAP API

例2)基幹システム側で入金が完了したタイミングでeセールスマネージャーに実績データを入力する。等

SOAP API

以下の検索・登録・変更・削除に対応

  • 社員,部署,役職
  • 顧客シート
  • 名刺シート
  • 案件シート
    • 業務タイプ
    • 自社担当者
    • 客先担当者
    • 案件シート商品情報項目
    • 代理店
    • 案件シートタイプ
  • 活動シート
    • 活動内容/活動時間
    • 商品情報項目
    • 当日面談者
    • 活動内容マスタ
    • 進捗状況マスタ
    • 案件シートタイプ
  • スケジュール
    • スケジュール種別
    • 当日面談者
  • TODO
  • 商品
  • 拡張シート

外部システム表示機能

eセールスマネージャーにWebサイトの画面や社内システムの画面を表示することができます。

これにより、社内の別システムをeセールスマネージャーと一体化し、eセールスマネージャーを社内ポータルとした運用が可能となり、ユーザーは、別のブラウザを開く事無く、eセールスマネージャーから各種社内システムを呼び出す事が可能になります。

外部システム表示機能
システム・データ連携関連情報