SPIRAL for eセールスマネージャーRemix Cloud

SPIRAL for eセールスマネージャーRemix Cloud

メリット

リード獲得からナーチャリング、営業力強化までを一貫して行えます。今まで分断されていたマーケティング部門と営業部門のリード情報をつなげることで、集客から受注までのプロセスを見える化することができ、獲得したリードが受注につながっているかどうか、どのような活動を経て受注したか(または失注したか)をリアルタイムに把握することができます。これにより、投資対効果を明らかにすることができ、次の施策に活かせます。売上に繋がる新規顧客開拓を実現することができます。

メリット

運用イメージ

「スパイラル(R)」で作成したWebフォームからお問い合わせやセミナー申込があると、フォームの項目情報が自動的に「eセールスマネージャーRemix Cloud」に登録されます。設定しておいた案件も自動的に振り分けて立てられるため、登録の手間を省くことができ、すぐにマーケティングや営業活動に活かすことができます。登録されたリストや蓄積されたターゲットリストに対して、セミナー集客やメールマガジンなどでの情報発信で見込顧客をナーチャリングしていくことで受注確度を上げていくこともできます。

運用イメージ

SPIRALについて

SPIRALは、パイプドビッツが提供するクラウド型情報資産プラットフォームです。100以上の金融機関に導入されており、セキュリティの高い環境で見込み客の情報を管理ができます。「SPIRAL for eセールスマネージャー」では、Webサイトのお問い合わせやセミナー受付からのリード情報を取込み、eセールスマネージャーと連携することができます。また、eセールスマネージャーで蓄積した情報を元に、SPIRALから多彩なメールを配信できます。