リードナーチャリング

eセールスマネージャー機能リードナーチャリング

購買意欲を醸成するリードナーチャリング

リードナーチャリングとは獲得した見込み客(リード)を育成することです。まだニーズが顕在化していない見込み客に対して、自社サービスの必要性・価値を徐々に伝えていくことで、課題解決につながるサービスとしての認識を醸成し顧客にとってベストなタイミングでの提案ができるようになります。

リードナーチャリングとは

リードナーチャリングとは、セミナーやイベント、Web問い合わせなどのさまざまなマーケティング施策で獲得した見込み客(リード)の購買意識を高めていくことです。リードに合わせた適切なコンテンツを適切なタイミングで発信し、自社の製品・サービスへの興味喚起、最終的には必要性や価値を認識してもらい購買に至るまで段階を踏んで育成していく手法です。

1.リードナーチャリングとは

eセールスマネージャーのリードナーチャリングの特長

マーケティングから営業活動のデータ連携で、営業の進捗に応じた最適な情報発信ができるようになります。マーケティングと営業活動の最適化を実現します。

2.eセールスマネージャーのリードナーチャリングの特長

なぜリードナーチャリングが必要なのか

ニーズが顕在化している見込み客に対してはすぐに営業マンが動いてフォローすべきですが、今すぐニーズがない顧客に対して営業マンが動くのは非効率です。ただ、だからと言ってこれら見込み客を放置してしまうと投資が無駄になってしまいます。また、そもそも獲得した見込み客の中からニーズが顕在化した見込み客をすべて判別できているかというとそうではなく、取りこぼしている場合も多いのが実情です。この取りこぼしを無くし、効率良い営業活動を可能にするのがリードナーチャリングなのです。
特にBtoB分野では購買の意思決定において時間がかかります。決裁者が何人もいる場合が多いため、見込み客との中長期的な関係作りが重要となり、リードナーチャリングは注目されています。