営業力・組織力を強化し生産性向上を実現するSFA(営業支援システム)

SFAとは、英語の「Sales Force Automation」の略語で、日本では「営業支援システム」とも呼ばれています。
営業活動と業務を効率化してコストを削減し、営業力強化を図ることができるシステムです。

SFAとは~CRMとの違い~

SFAで解決できる課題

営業活動のPDCAサイクルを回したい
営業活動のPDCAサイクルを効率よく回すためには、営業に関わるデータを一元管理し計測・分析・改善できる環境である必要があります。スケジュールや案件情報などがバラバラに存在すると計画を実行できているかどうかも分からなくなります。
これらを実現する機能群はこちら
営業力・マネジメント力を強化したい
営業力・マネジメント力を強化するには、どれだけフォロー漏れなくポイントをついて顧客や案件を管理できるかにかかっています。マネージャーから部下へのスピーディーな改善指示ができたり、営業担当者の武器となるツールの活用が有効です。
これらを実現する機能群はこちら
業務効率化したい
業務効率化のポイントは、いかに手間を減らし、移動などのすきま時間を有効に使えるかにあります。これは、二重登録の負荷を減らしたり、外出先でも使いやすいツールを使いこなすことで実現することができます。
これらを実現する機能群はこちら
成約率を向上させたい
現状の成約率の見える化はもちろん、できる営業とできない営業の差が見える化されることによって改善点があきらかになります。これらを改善していくことで成約率は向上できます。
これらを実現する機能群はこちら

SFAの機能群

営業支援
案件管理
見やすさ、マネジメントのしやすさが特長の案件管理
詳しく見る
営業支援
日報管理
マネジメントしやすく、報告された情報をフル活用できる日報管理。
詳しく見る
営業支援
予実管理
営業プロセス毎に可視化し、グラフから簡単分析できる予実管理。
詳しく見る
スマホアプリ
スマホアプリ
営業現場での使いやすさが特長のスマホアプリ
詳しく見る
情報共有
タイムライン(社内SNS)
自動投稿でコミュニケーションが活性化するタイムライン機能
詳しく見る
名刺・人脈管理
人脈管理
すでに会った人の名刺情報の管理だけではダメな理由
詳しく見る

おすすめコンテンツ