営業活動のPDCAサイクルを回したい

eセールスマネージャーSFA営業活動のPDCAサイクルを回したい
営業活動のPDCAサイクルを回したい

営業活動データが一元管理できているか

スケジュールや日報、顧客・案件情報を手帳やエクセル、メールなどバラバラのシステムで管理してしまうとデータ集計に時間がかかりリアルタイムに状況を把握することもできません。会議で状況を把握して改善するころには失注してしまっていた・・・、もしくは毎日人力でかなりの時間をかけてデータ集計をする必要がある・・・などの問題が生じます。これではPDCAを回すどころではありません。

eセールスマネージャーは、これら情報を一元管理でき、たった一度の活動登録で様々なアウトプットにデータを自動反映することができます。(シングルインプット・マルチアウトプット
リアルタイムに改善点を把握できるため、高速でPDCAを回すことが可能です。

関連機能

情報共有がしやすいか

情報共有がしやすいか

営業活動データをバラバラのシステムで管理していると情報共有にも影響ができます。

eセールスマネージャーであれば、営業担当者のスケジュールや日々の活動を、上司を含むメンバー間で共有することができます。商談直後にスマホからから案件進捗を入力するだけで、商談に関する様々な情報が上司や案件に関わる部署に自動で共有・拡散されます。帰社するまでの間に業務が円滑に進み、顧客へのアクションも迅速になります。その結果、高速なPDCAサイクルが確立できます。

関連機能