eセールスマネージャーRemix MSの特長 プロセスに合わせた入力方式

データがバラバラ・業務が非効率、今の管理じゃ限界…
そんな中小企業の課題を解決
営業員数5~20名

CRM/SFAは入力が面倒というイメージがあるのではないでしょうか。eセールスマネージャーなら、活動内容や進捗に応じて、必要な入力項目が表示される仕組みになっています。そのため、入力負荷は最低限で、マネジメントに必要な情報だけが蓄積されます。

「活動内容」と「進捗状況」で選択した項目に応じて入力の必要な内容が変化します。

プロセスに合わせた入力方式 プロセスに合わせた入力方式

(例) <活動内容>DM発送 / アポ入れ / 提案書作成 / 見積提出 / フォロー /クロージング / クレーム対応・・など

<進捗状況>未フォロー / 提案中 / トラブル対応中 / 失注 / 中断 / 受注・・など

顧客、商品、進捗などの基本情報(自変)を選択すれば、シナリオ・エンジン(※)が基本情報に基づき、欲しい情報入力(他変)を柔軟に要求します。
※シナリオ・エンジンとは設定されたシナリオに沿って、欲しい情報が自動的に表示されるしくみ

営業プロセスに合わせた入力方式によって実現できること

  • 不要な情報の入力の必要がなく、運用も簡単!
  • 本部からの指示徹底・営業のスキルアップや教育の啓蒙にも役に立つ!
  • 本当に必要な情報が蓄積され、分析の際に結果を有効活用できる!