マネジメント自動化

eセールスマネージャーには、あらかじめ設定しておいた条件に当てはまる、報告、商談が発生すると、自動的にメールを送信したり、ToDo(やらなければいけないこと)リストや指定したリストなどに追加する機能が備わっており、マネージャーはリアルタイムで状況を把握して指示できたり、営業マンはクイックなレスポンスが可能です。フォロー漏れを撲滅し効率のよい営業活動が実現できます。

営業アラートのしくみ

STEP1.アラートがほしい条件をあらかじめ設定します

条件の例

  • 案件の確度が高まったときに自動的に上司へメールが送られる
  • クレームがあったとき、営業担当者と上司にメールが送信される
  • 商談情報の登録を忘れたときにメールが送信される
  • あるルールと合致するとリストに追記される

など

STEP2.条件を満たしたときに、適切にアラート通知します

アラートの例

営業アラートのしくみ

営業アラートの自動通知によって実現できること

  • うっかりや忙しさで放置されたままの顧客発生の防止!
  • 自動的な報告でマネジメントが楽に!
  • マネージャーがリアルタイムで状況把握、素早い判断が可能に!