情報共有の最速化

どんな企業にもある情報共有に関する課題をeセールスマネージャーなら解決できます。無駄なくスピーディーに必要な情報を入手し共有できる特長があるからです。チームでの情報連携や部下への指示出しが最速化でき、スピーディーな顧客対応を実現します。

タイムラインは「見せる化」「超速情報共有」を実現

営業マンが外出先から活動報告するだけで、マネージャーや関連部署の担当者にPUSH通知。最小限の手間でリアルタイムな情報共有が可能に。

タイムラインは「見せる化」「超速情報共有」を実現

弊社事例

弊社事例1:顧客対応スピードは数日から30分へ!

弊社事例1:顧客対応スピードは数日から30分へ!

弊社事例2:コミュニケーションは劇的に変わった!

タイムライン機能活用から「わずか2週間後」の実効果をご紹介します。

  内容 定量効果
1位 マネージャーからのフィードバックが早くなった 1日→5分
2位 他部署との情報共有が円滑になった 1日→数分
3位 メール・電話による情報発信の手間が削減された 3~5分→1分
4位 マネージャー、同僚とのコミュニケーション量が増加した 3回/日→6回/日
5位 マネージャーが自分の報告を見たことがすぐにわかる 数時間→数秒
6位 顧客企業の状況把握が早くなった 15分→5分
7位 事実情報(顧客、案件、活動履歴など)がコメントに紐づいており、ドリルダウンですぐに内容の確認ができる 数10秒→数秒
8位 情報を取りに行く手間が省けるようになった 数か月に1回しか見ない情報もある→常に目に入るようになった
9位 情報にたどり着くまでのクリック数と検索時間が削減された 2クリック+文字入力→1クリック
10位 移動時間などを利用して、すぐにフィードバックの確認ができ、認識するまでの時間が短縮した 10時間→1~3時間