ルート型営業に対応

日本発 ルート型営業に完全フィットしたモデルが初登場

日本企業の営業組織においては、いわゆるルート型の営業スタイルが多いと言われています。ルート型セールスの場合、「1日の訪問回数が多い」、「多品種小ロットの商材が多い」といった特徴がありますが、eセールスマネージャーはそのような営業スタイルでの使い勝手にも対応しています。

日本企業に多い、いわゆるルート型営業

  1. 1. 継続提案型
    特定のエリア内のお客様へ密に訪問し、ニーズ発生タイミングを狙ったり、複数の商材を繰り返し提案するパターン。
  2. 2. アフターフォロー型
    納品した機器や車両に対して、定期的/継続的にメンテナンスやリプレースなどの提案を行うパターン。

ルート型営業の特徴

  • 特徴1決められた顧客に定期訪問
  • 特徴2商談期間が短い
  • 特徴3商材が多品種少ロット
  • 特徴4予実管理はヨミ表で十分

このような特徴を持つ営業組織で一般的なCRM/SFAを導入すると

  • 訪問数が多くてスケジュールが立てられない
  • 商談ごとに案件登録が必要
  • 入力項目が多い、定性入力が負担
  • 多品種少ロットに対応していない
  • 資料は結局Excel

eセールスマネージャーなら

移動中のスキマ時間を有効活用し、訪問増と残業削減が両立可能に

日本の営業組織に多い下記の課題を解決します。

  • 営業担当者が行くべき先に訪問しているかがわからない
  • 営業担当者が行くべきタイミングで訪問しているかがわからない
  • 訪問件数が多く、報告するだけで手間がかかる