情報システム部門

eセールスマネージャー情報システム部門

情報システム部門が抱える課題

IT技術の進歩により新しいソリューションがどんどん出現する今、情報システム部門が担う役割はますます大きくなってきています。過去に求められていた「ITシステム=業務管理」から「ITシステム=売上拡大」に求められる視点が変わっています。また、そのためには全社で情報共有できる基盤作りが急ピッチに求められています。課題解決のキーワードは「IT基盤の統合」「プロセスの可視化・最適化」です。

よくあるシステム構成の現状

よくあるシステム構成の現状

情報が繋がらず分断されている。
情報の入力・更新に時間がかかり、業務が非効率になっている。
様々なシステムから情報を吸い上げ集計する為、工数がかかっている。

個別最適のシステムがこのような課題を生む結果に・・・

これらを解決するため、各部門・各システムをつなぎ、個別最適から全体最適することで「ITシステム=売上拡大」を実現します。

売上拡大を後押しする情報基盤

システム連携が容易にできる

情報が繋がり、一元管理。個別最適から全体最適へ。
重複登録がなくなり、無駄な作業を軽減。
様々なシステムからリアルタイムに情報を吸い上げ自動集計し、業務効率化を実現。

eセールスマネージャーRemix Cloudは、システム連携が容易にできる各種APIを取り揃えており上記のような連携実績も豊富です。
バックオフィスのシステムと連携することでフロントエンドシステムとしてご利用いただくことが可能です。

また、クラウド、オンプレミス、ホスティングなど利用形態も選べそれぞれの企業ポリシーに最適な導入を実現します。

選べる利用形態

クラウド/ホスティング/オンプレミスからお選びいただけます。
※eセールスマネージャーRemix Cloudのみ。

クラウド
初期コストを抑えたい
まずはトライアルで使ってみたい
ホスティング
システム運用負荷をかけず
ランニングコストを抑えたい
オンプレミス
ランニングコストを抑えたい
カスタマイズを柔軟にしたい
概要 ハードウェアの導入は行わず、月額レンタル式で環境を貸し出すタイプ eセールスマネージャーのライセンスをお買い上げ頂き、Cloudサービスのインフラ上で運用を行うタイプ 自社内にサーバーを導入・設置し、運用を行うタイプ
特長
  • 初期コストがサーバー構築に比べ安い
  • システム運用面(セキュリティーなど)の負荷がかからない
  • サーバー構築費用が発生しない
  • システム運用面(セキュリティなど)の負荷がかからない
  • ランニングがCloudよりも安い
  • 長期利用のコストを考えると割安
  • 既存システムとの連携や追加機能などの貴社向けのシステムカスタマイズがCloudよりも柔軟
制約事項
  • 長期間の使用を考えるとコストが割高
  • eセールスマネージャーのライセンスはお客様資産となるため、償却の手間が掛る
  • 初期コストがCloudサービスより高い
  • システム運用・維持に人件費が発生する
ご推奨する場面
  • 特定部署・支店などでトライアル導入
  • システム部門が不在
  • 初期コストを抑えたい
  • 資産化したくない
  • 特定部署・支店などでトライアル導入
  • システム部門が不在
  • ランニング費用を抑えたい
  • 50名以上での利用
  • 既存システムが多数存在
  • セキュリティー上、外部にデータが預けられない
  • ランニング費用を抑えたい
  • 費用をリースにかけたい
クラウド
初期コストを抑えたい
まずはトライアルで使ってみたい
概要 ハードウェアの導入は行わず、月額レンタル式で環境を貸し出すタイプ
特長
  • 初期コストがサーバー構築に比べ安い
  • システム運用面(セキュリティーなど)の負荷がかからない
制約事項
  • 長期間の使用を考えるとコストが割高
ご推奨する場面
  • 特定部署・支店などでトライアル導入
  • システム部門が不在
  • 初期コストを抑えたい
  • 資産化したくない
ホスティング
システム運用負荷をかけず
ランニングコストを抑えたい
概要 eセールスマネージャーのライセンスをお買い上げ頂き、Cloudサービスのインフラ上で運用を行うタイプ
特長
  • サーバー構築費用が発生しない
  • システム運用面(セキュリティなど)の負荷がかからない
  • ランニングがCloudよりも安い
制約事項
  • eセールスマネージャーのライセンスはお客様資産となるため、償却の手間が掛る
ご推奨する場面
  • 特定部署・支店などでトライアル導入
  • システム部門が不在
  • ランニング費用を抑えたい
オンプレミス
ランニングコストを抑えたい
カスタマイズを柔軟にしたい
概要 自社内にサーバーを導入・設置し、運用を行うタイプ
特長
  • 長期利用のコストを考えると割安
  • 既存システムとの連携や追加機能などの貴社向けのシステムカスタマイズがCloudよりも柔軟
制約事項
  • 初期コストがCloudサービスより高い
  • システム運用・維持に人件費が発生する
ご推奨する場面
  • 50名以上での利用
  • 既存システムが多数存在
  • セキュリティー上、外部にデータが預けられない
  • ランニング費用を抑えたい
  • 費用をリースにかけたい

セキュリティに関する情報はこちら >
システム連携に関する情報はこちら >

リプレイスをご検討の方へ

「営業部門で使われていない・定着しない」「コストが高い」「結局課題が解決できていない」「サポートが不十分」「管理に手間がかかる」などリプレイスを検討する理由は様々あります。下記eセールスマネージャーの情報と現在ご使用のシステムを比較してみてください。

※データ移行はCSVで簡単に行えます。

・コストが高い場合

eセールスマネージャーには、様々な料金プランがあります。使われないままコストが出ていく場合は無駄な支出と言えますが、課題解決し営業生産性を向上することができれば費用対効果は高まります。まずは一度お問い合わせください。貴社で使う場合に最適な個別デモとお見積りをいたします。

製品一覧・価格はこちら >

・結局課題が解決できていない場合

課題に合わせた使い方、項目設定をしっかり行ってから活用しないと課題解決に繋がりません。ソフトブレーンは、6,000社を超える企業の営業改革を支援してきたため、業種業態問わずしっかりしたノウハウが蓄積されています。結果につながるCRM/SFA活用のご提案をいたします。

無料デモ依頼はこちら >

・営業部門で使われていない場合

CRM/SFAは、営業部門全体(もしくは会社全体)で活用するツールなので営業現場で使いやすく営業担当者の武器になるようなツールでないとなかなか定着しません。eセールスマネージャーは、使いやすさに定評があり、定着支援サービスも充実しています。

eセールスマネージャーが選ばれる理由はこちら >

使い勝手No.1評価のCRM/SFA「eセールスマネージャー」

国内のCRM/SFA市場で代表的な5社のユーザーに対し調査を行ったところ、「eセールスマネージャー」が総合1位を獲得しました。

CRM/SFAの使いやすさに関する満足度調査

CRM/SFAの使いやすさに関する満足度調査

調査概要

調査期間:2017年4月7日~2017年4月25日
調査方法:WEBアンケート
調査会社:株式会社ネオマーケティング
調査対象システム:Sales Cloud、Oracle CRM、eセールスマネージャー、Microsoft Dynamics CRM、SAP Digital CRM
調査対象:全国20代~50代の男女/会社経営者・役員・団体役員、会社員・団体職員(派遣社員、契約社員含む)/該当CRM/SFAの現利用者400名(1システム80名ずつ)

おすすめコンテンツ