eセールスマネージャー情報システム部門

情報システム部門

情報基盤を構築し情報システム部門の課題を解決

システム連携が容易にできる

  • グループウェアグループウェア
  • ストレージサービスストレージサービス
  • 名刺管理システム名刺管理システム
  • マーケティングオートメーション(MA)マーケティングオートメーション(MA)
  • BIBI
  • 経費精算システム経費精算システム
  • ワークフローワークフロー
  • CTICTI
  • 地図連携地図連携
  • 受付システム受付システム
  • 企業データ
  • 福利厚生サービス

情報を一元管理して、個別最適から全体最適へ導きます。
様々なシステムからリアルタイムで情報を吸い上げ自動集計し、重複や無駄な作業を軽減し業務効率化へ導きます。

システム同士の個別最適化やツール分散での非効率部分などの課題を解決することができます。
eセールスマネージャーRemix Cloudは、システム連携が容易にできる各種APIを取り揃えており上記のような連携実績も豊富です。

よくあるシステム構成の現状

よくあるシステム構成の現状

情報が繋がらず分断されている。
情報の入力・更新に時間がかかり、業務が非効率になっている。
様々なシステムから情報を吸い上げ集計する為、工数がかかっている。

個別最適のシステムがこのような課題を生む結果に・・・

これらを解決するため、各部門・各システムをつなぎ、個別最適から全体最適することで「ITシステム=売上拡大」を実現します。

複雑な設定が不必要、直感的な操作が可能

複雑なシステム設定と直感的に扱えるシステム設定

複雑なシステム設定と直感的に扱えるシステム設定

ドラッグアンドドロップの直感的操作で、経営判断に沿ったスピーディなシステム変更を可能にします。

システム管理者にとっての使い勝手が設計変更を容易にし、全体の使い勝手や現場の業務改善のスピードアップに繋がります。設定が複雑な状態と、直感的に操作できる状態の企業では、経営戦略のスピードアップや、現場への活用度などに大きく違いが現れます。

鉄アレイモデル※に基づき項目の設定を行うことができるため、自社と商品のあり方を理解し、次にターゲットとなるお客様を理解し、そして、どのようなアプローチで営業活動を行うのが効果的かを検討しながら最適な設定を行うことができます。
また変更したい項目は、「検索」「カテゴリーから選択」「業務プロセスから選択」など、業務上のフローに合わせて設定が可能です。

eセールスマネージャーのシステム設定

鉄アレイモデルとは

自社と商品のあり方を理解し、次にターゲットとなるお客様を理解し、そして、どのようなアプローチで営業活動を行うのが効果的かを検討することができるフレームワークです。
システム管理者はCRM/SFAの設計時に、自社組織と商品、顧客管理、営業プロセスの設定といった業務設計思考に沿って設定することが可能となります。

項目の追加や表示位置の設定も専門的な知識は必要ありません。
ドラッグアンドドロップによる直感的な操作で自由に設定変更が可能です。

ドラッグアンドドロップによる直感的な操作で自由に設定変更が可能

リプレイスをご検討の方へ

現在すでにCRM/SFAシステムをご利用中でリプレイスを検討されている企業様は、下記と現在のシステムを比較してみてください。

Case1:コストでお悩みの場合

eセールスマネージャーには、様々な料金プランがあります。課題解決し営業生産性を向上することができれば費用対効果は高まります。

Case2:結局課題が解決できていない場合

課題に合わせた使い方、項目設定をしっかり行ってから活用しないと課題解決に繋がりません。これまで7,000社を超える企業の営業改革を支援にて蓄積したノウハウで、導入に対する課題解決をサポートします。

Case3:営業部門の“現場で使われない”という課題の場合

CRM/SFAは営業部門/会社全体で活用するツールです。営業現場で使いやすく担当者の武器にならないと定着しません。eセールスマネージャーは、使いやすさに定評があり、定着支援サービスも充実しています。

CRM/SFA満足度で総合1位を獲得

CRM/SFAの満足度調査では、国内のCRM/SFA市場で代表的な5製品の中で総合満足度No.1(*)を獲得しました。

5年連続 総合満足度No.1

調査対象:CRM/SFAの現利用者300名(2022年4月 株式会社ESP総研調べ)

※アンケート項目「とてもあてはまる」を5点、「あてはまる」を4点、「どちらとも言えない」を3点、「あてはまらない」を2点、「まったくあてはまらない」を1点として集計。