営業マンも営業マネージャーも喜ぶ営業日報とは?

eセールスマネージャー機能日報管理営業マンも営業マネージャーも喜ぶ営業日報とは?

営業マンにとって“嬉しい日報”とは?

  • 移動時間を使い短時間で日報や報告書が作れる(残業が減る
  • スマホやタブレットを使って簡単に報告できる
  • 1回の報告で、案件リストやスケジュールなどに自動反映される

日報を書く手間を軽減するには、日報の仕組みそのものを変えることが重要になってきます。
そこで威力を発揮するのが、スマホやタブレットなどデバイスを活用したもの。
通勤や移動中のすき間時間を使って、日報が簡単に作成できるスタイルの導入です。

さらに、営業マンが報告すべき内容について悩まないよう、あらかじめ日報の画面に普段会議でマネージャーが把握したい内容、課題、競合、予算、決裁者、導入時期、次のアクションなど、ヒアリングしなければならない項目が設定されていれば、営業マンは漏れなく必要な情報を入力できます。

また、日報で1回入力した情報が、活動履歴や案件リスト、スケジュールなどに自動反映されるシステムであれば、改めて作成していた会議用資料やグループウェアへのスケジュール登録などの社内業務も減ります。
わざわざ会社に戻って、疲れた体で残業する必要性もなくなり業務効率も上がります。

営業マンが喜ぶeセールスマネージャー

PC・スマホ・タブレット対応
いつでも、どこでも案件報告ができる

選択やプルダウン式の登録
ヒアリング漏れも防げる

※多種業界・サービス形態のひな型フォーマットをご用意

「1回報告」するだけで、各種管理表や分析レポートが自動生成

案件情報・顧客情報

活動履歴

案件リスト

受注予実管理(差分表示)

パイプライン分析

顧客ランク別活動件数

マネージャーにとって“嬉しい日報”とは?

  • 営業マンからの必要な情報をリアルタイムで入手できる
  • 案件の中身がわかれば会議を待たずに指示が早く出せる
  • 新人もベテランと同じレベルの報告ができ、ヒアリング漏れも防げる

長々と書かれた文章による日報は、内容もわかりづらく、読むための時間もかかります。
マネージャーにとって、嬉しい日報とは営業現場がどのような状況か常に把握できるものです。

スマホ、タブレットなどを使って、営業マンから活動報告が送信される日報に変えると、リアルタイムで必要な情報が入手できます。

また、自動的に活動履歴や案件リスト、行動予実管理などのデータにひもづけば、各案件の過去も振り返ることができて、案件の中身が見えやすくなります。
その結果、マネージャーは会議を待たずに、具体的な指示を営業マンに出すことができます。

もちろん、報告項目が商談プロセスごとに標準化されていれば、「営業マンの能力によって、報告の中身が違う」といった問題も解消されます。
新人の営業マンも、ヒアリング漏れが防げ、同時にどういう情報を押さえればよいか、営業のスキルアップが図れます。

マネージャーが喜ぶeセールスマネージャー

スマホ・タブレット対応
通勤や移動時間に日報・案件進捗をチェック

案件確度が高まった時など
自動でアラートメールが届く

※さまざまなアラート条件を設定できます

営業が案件入力・更新をすれば案件リストに自動追加。
営業会議を待たずに、その場で指示が出せる

【how-to】マネージャーのみなさん、「マネジメント」できていますか?

  • [毎日]部下の一日の案件報告やコメントをチェックし、承認する
  • [毎日]報告の中で気になったことがあれば逐次アドバイスする
  • [毎日]営業マンの顧客対応のフォロー漏れをチェックする
  • [毎週][毎週]訪問件数など次週の部下のスケジュール確認する
  • [毎週]リストで部下の案件進捗状況を把握し、対応を指示する
  • [毎週]次回適切なアクションを行おうとしているかを確認する(ネクストアクションチェック)
  • [毎月]部下の新規案件の情報を他の部下にも共有する
  • [毎月]訪問件数、新規案件数をチェックする
  • [毎月]顧客ランク別に活動状況のチェックする
  • [毎月]受注・失注案件の共有を行い営業活動に生かす

→メールやエクセルの日報から、これらの「マネジメント」実行するのは骨が折れる業務です。
eセールスマネージャーは「マネージャーがすべきこと」がすべて可視化されています。
個別営業マンの現状、課題を見える化し、御社の営業マネジメント力を格段に向上させます。

日報に対してマネージャーがレスポンスすることが最も重要です。
営業マンが入力してもフィードバックがなければ、どんな優秀な営業支援ツールも定着しません。
eセールスマネージャは、部下がどの点に困り停滞しているのかが一目でわかり、マネージャーが素早い改善指示を出すことができます。
“営業日報”を見直し、営業改革を実現!

<目次>