営業ラボ

営業力強化に役立つノウハウを公開
eセールスマネージャー 営業ラボ・ブログ 仕事に活かせるデータ分析!収集方法から分析方法まで解説

仕事に活かせるデータ分析!収集方法から分析方法まで解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
データ分析

これまで抱えてきた仕事の問題点を改善するためには、問題となる部分をきちんと洗い出し、データ分析を行うことが大切です。そのためには正しい情報を収集し、最適な方法で分析を行う必要があります。
しかし正しい情報はどのようにして収集するべきなのでしょうか。また、どの分析方法が最適なのでしょうか。

営業支援ツールや顧客管理ツールを導入して、ただ営業活動情報や顧客情報を蓄積しているだけでは役に立っているとはいえません。それら情報を活用したデータ分析を上手に行い、仕事にもっと活かしましょう。

ここではデータ分析について収集方法から解析方法まで詳しく説明します。

データ分析の前に必要なのは現状把握

もちろんですが、データ分析は目的がはっきりしていないと行うことはできません。どんな問題点を解決するためにデータを分析したいのかを認識しなければなりません。それによりどのようなデータをどのように取得し、データの前処理はどうするべきであるのか、どのような分析が最適であるかなどの試行錯誤を行うことができ、やっと有益な結果を得ることができます。

企業の抱える課題は、外部の優秀な分析者よりその企業の担当者が最もよく知っているということを忘れてはいけません。外部の分析者に分析を依頼する場合には、まずは企業の課題を明確に説明することから始めましょう。そのためには企業も現状をしっかり把握しておく必要があります。

何のためにデータを分析するのか、分析することでたどり着きたい情報はなんであるのかということを明確にしておくことが大切です。

狙い通りのデータ収集をするためには?

データは収集さえすれば的確な分析が行えるというわけではありません。データ活用のポイントをしっかり押さえることで、適切なデータ分析が可能となります。そのためにはデータ分析の目的をしっかりと捉え、データ収集の場所や方法を決めましょう。

データにはプライマリーデータとセカンダリーデータがあります。
プライマリーデータとは自ら企画して集めたアンケートや自社の売上、POSデータなどをいいます。自ら企画することで欲しいデータを手に入れることができます。しかし企画から始めるため時間がかかるのが難点であるといえるでしょう。
セカンダリーデータは公的な統計データや白書、新聞記事などを指します。すでに存在しているデータですので簡単に手に入れることができる反面、本当に欲しいデータが集まりにくいともいえます。

どちらのデータを収集するのかは、データに求める精度とデータ分析の納期とのバランスも考慮して選ぶ必要があります。そのためデータ活用の目的を明確にして、狙い通りのデータの収集方法を考えないといけません。

最適なデータ分析の方法を見つけよう

データ分析の方法にはさまざまなものがあり、求める情報によって使い分けることが重要です。

まず「アソシエーション分析」では複数の事象から関連性を見つけ出すことで仮説を立て、経営戦略やマーケティングに有効なデータを得られます。

このアソシエーション分析から派生したデータ分析の手法には「バスケット分析」と呼ばれるものがあります。基本的な概要はアソシエーション分析と変わらないものの、分析する対象はユーザーが購入した商品に限定されるという特徴があります。ユーザーが買い物かごであるバスケットに何を入れているのかを把握することでAの商品とBの商品は関連付けられて購入されている確率が高いというような情報をはじき出します。

もしも~だったらを繰り返し、予測を立てるために行うのが「決定機分析」です。もとにある原因からいくつも枝分かれしていくことで樹木のように広がることから「決定木」と呼ばれています。リスクマネジメントの分野で用いられることが多く、「回帰木」や「分類木」とも呼ばれることもあります。

「クラスター分析」とは、複数のものが混じり合っている集団の中から似た者同士でグループを作って分類するための手法です。ユーザーのセグメンテーションやブランドポジションを確認するときなどに使用するのが有効的です。

データ分析の結果から改善点を見つける

データ分析の結果から問題の因果関係を見つけ出すことが重要です。必要な行動、もしくはプロセスの改善を見つけ出し最終的に目的にあげたポイントの改善へとつなげていきます。そのためには明確なゴールをもって分析しましょう。何のために行っているデータ分析なのかをはっきりさせ、明確なゴールをもって分析します。データ分析を始める際には「より効率的なマーケティングを展開し売上げを向上させたい」や「現状の課題を解決したい」といった目的があるので、自然とゴールが見えてきます。しかしデータ分析はあくまで「経営戦略やマーケティングに有用なデータを得るための手段」であることを忘れてはいけません。「データ分析さえすれば売上が向上する」と多くの人が誤解しているようにみられますが、最後には得られたデータをもとに人の頭で今後の戦略を考えていかなければならないのです。データ分析はその戦略を考えるためのヒントを与えてくれるものであると考えましょう。大切なのは分析によって得られた結果は活かすことにこそ意味があるということです。分析したデータをじっくり読み取り、改善点を見つけて実行に移しましょう。

CRM/SFAツールを導入される企業によくある流れ

運営会社

ソフトブレーン株式会社 ロゴ

ソフトブレーンは、営業支援システムのeセールスマネージャー導入を中心に営業担当者の教育・トレーニング、スマートデバイスの導入・活用コンサルティングなどを通してこれまで6,700社以上の企業の営業課題解決をサポートしてきました。

本ブログにおいては、当社のこれまでの実績に基づき、営業の売上増や残業時間削減といったニーズに対して成果の出るノウハウをご紹介しております。
さらに具体的な営業組織の強化事例、日本の営業組織、文化に適した営業支援システムeセールスマネージャーの導入事例等を知りたい方は、是非、お問い合わせください。

貴社の業界・業種での営業改革成功事例をご紹介します。

まずはお気軽にご連絡ください。

無料コンテンツ

  • 5分で組織の課題が見える
    営業力診断テスト

    本テストは経営者・経営幹部・営業責任者の皆様に営業・マーケティングについて見直す機会をご提供したいと考え作成いたしました。

  • 営業ノウハウ読本

    約6,700社を超える企業の営業改革を支援し蓄積してきたノウハウ★大公開★

無料コンテンツ

  • 5分で組織の課題が見える
    営業力診断テスト

    本テストは経営者・経営幹部・営業責任者の皆様に営業・マーケティングについて見直す機会をご提供したいと考え作成いたしました。

  • 営業ノウハウ読本

    約6,700社を超える企業の営業改革を支援し蓄積してきたノウハウ★大公開★

  • ご不明な点はお問い合わせください

    03-6880-9500

ページトップへ