営業ラボ

営業力強化に役立つノウハウを公開
eセールスマネージャー 営業ラボ・ブログ クラウド顧客管理(CRM)ツールおすすめ13選【システム比較資料 無料ダウンロード】
クラウド顧客管理(CRM)ツールおすすめ13選【システム比較資料 無料ダウンロード】
更新日:

クラウド顧客管理(CRM)ツールおすすめ13選【システム比較資料 無料ダウンロード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CRMに興味があるものの、具体的にどのようなものかわからないと感じていませんか。結論から述べると、CRMは顧客情報を管理して、顧客との関係をより良いものにしていくツールです。ただし、最近ではSFAやMAと融合した製品が増えています。

この記事では、CRMの概要を解説するとともに注目を集めるクラウド型CRMの選び方、おすすめの製品などを紹介しています。理解を深めたい方や導入を検討している方は参考にしてください。

【無料ダウンロード】営業活動強化の必須ツールCRM/SFAのおすすめ活用方法ご紹介。

CRMとは?

CRMは、「Customer Relationship Management」の頭文字をとった略語です。日本語で、「顧客関係管理」などと訳されます。端的に説明すると、顧客と良い関係を構築してそれを維持する仕組みといえるでしょう。

CRMが注目を集めている主な理由は、多様化した顧客の価値観に合わせて最適なタイミングで最適な商品を提案するためです。もちろん、技術の発展で顧客情報や営業活動をより詳細に分析できるようになったこと、既存顧客の重要性が再認識されたことなども理由としてあげられます。

CRMとは?機能やメリット、導入時の選び方、活用のコツを解説

【無料ダウンロード】営業活動強化の必須ツールCRM/SFAのおすすめ活用方法ご紹介。

CRMの機能とは?

CRM(CRMツール)の機能は、製品で異なります。多くの製品が搭載している主な機能は次の通りです。

顧客情報の管理・分析

社名・担当者・商談履歴・購入履歴などの情報を、顧客に紐づけて一元管理できます。

登録した情報をもとに、さまざまな切り口から分析をすることも可能です。例えば、顧客セグメントごとに売れている商品を分析する、顧客セグメントごとに売れるタイミングを分析するなどが考えられます。これらの分析結果を活用すれば、最適な商品を提案することや最適なタイミングで提案することなどが可能になります。

顧客へのメール配信

CRMの多くは、顧客へメールを自動配信する機能を備えています。ポイントは、顧客のセグメントや購買プロセスに応じて、最適なメールを自動で配信してくれることです。業務効率を大幅に改善できる可能性があります。

また、単にメールを自動配信するだけでなく、開封率などを分析する機能を備えている製品も少なくありません。開封率を分析すれば、開封されやすい件名、開封されやすい時間帯などがわかります。

以上のほかでは、特定の顧客に合わせたメールを配信することも可能です。例えば、誕生日に合わせてキャンペーンを紹介するメールを送るなどが考えられます。CRMは、メールを有効活用するため活用したいツールといえるでしょう。

問い合わせ・名刺の管理

CRMで顧客からの問い合わせを管理することもできます。具体的には、顧客に紐づけて問い合わせ履歴を管理することや対応状況を管理して漏れを防ぐことなどが可能です。例えば、未対応の問い合わせを調べて、過去の問い合わせ履歴をもとに顧客に合わせた対応をするなどが考えられます。CRMを活用すれば、顧客体験を改善できる可能性があります。

同様に、CRMで名刺を管理することもできます。具体的には、スマートフォンで名刺を撮影するとテキスト化され顧客情報として登録される製品などがあります。入力の手間が省けるうえ、登録された情報は他の顧客情報と紐づけられます。適切に活用すれば、社内に分散している名刺を資産にできます。

【無料ダウンロード】営業活動強化の必須ツールCRM/SFAのおすすめ活用方法ご紹介。

クラウド型のCRMを導入するメリットとは?

CRMは、大きくクラウド型とオンプレミス型に分かれます。ここでは、クラウド型CRMの概要や導入するメリットについて解説します。

クラウド型CRMについて

クラウド型CRMは、インターネット上にアプリが存在する製品です。ベンダーが提供するWebサイトなどにアクセスをして、アプリの機能を利用します。したがって、インターネット環境があれば、簡単に導入・利用できます。もちろん、自社でサーバーを持つ必要もありません。

オンプレミスとクラウド型の違い

オンプレミス型CRMは、自社のサーバー内に構築して運用する製品です。最も大きな特徴は、導入する企業のニーズに合わせてカスタマイズできることといえるでしょう。また、アクセスの制限も容易であるため、セキュリティは一般的に高いと考えられています。

一方で、自社だけで構築・運用するため費用は高額になりがちです。また、レガシー化しやすい傾向もあります。

クラウド型CRMのまとめ

クラウド型CRMの強みは、導入や運用にかかるコストを抑えやすいことです。また、多くの製品がトライアル期間を設けているため、導入前に機能を確かめることもできます。

システムの管理やメンテナンスをベンダーに任せられる点も見逃せません。レガシー化しにくいCRMといえるでしょう。問い合わせ窓口などで、使い方などを相談できることも強みといえます。オンプレミス型CRMよりも、CRMの活用に集中しやすいはずです。

クラウド型CRMの弱みは、セキュリティ面と考えられています。ただし、現在ではAWS環境を採用するなど、高度なセキュリティを実現している製品が少なくありません。

一定の安全性が確保されるようになったことで、現在ではクラウド型CRMが主流となっています。特別な事情がない限り、クラウド型CRMを中心に導入する製品を選ぶとよいでしょう。

【無料ダウンロード】営業活動強化の必須ツールCRM/SFAのおすすめ活用方法ご紹介。

クラウド型CRMを選ぶ時のポイント

クラウド型CRMを導入するときは、次の点に注意が必要です。

導入目的は明確にする

クラウド型CRMは、主に次の機能を搭載しています。

  • 顧客情報の管理・分析
  • 営業活動の効率化
  • カスタマーサポートの効率化

ただし、重視している機能は製品により異なります。したがって、導入する目的に合わせて製品を選ばなければなりません。製品を選ぶ前に、導入の目的を整理しましょう。

画面構成など使用者にとって操作しやすいかどうか確かめる

クラウド型CRMの使いやすさも製品により異なります。使いにくい製品は、操作そのものが負担になるため定着しにくい傾向があります。基本的には、誰でも直感的に操作できる製品がおすすめです。各製品の使いやすさは、無料トライアルなどで確かめられます。

他にすでに利用しているツールとの連携がとれるか確かめる

連携できるツールもチェックしたいポイントです。導入済みのツールと連携できれば、クラウド型CRMの使い勝手は良くなります。

例えば、名刺管理ツールと連携できる場合、入力作業を大幅に減らせる可能性があります。あるいは、メールと連携できる場合、クラウド型CRMでメールの送受信などを行えるようになります。実際の使用シーンをイメージして、連携できるツールを確認しましょう。

【無料ダウンロード】営業活動強化の必須ツールCRM/SFAのおすすめ活用方法ご紹介。

主要なクラウド型CRMおすすめ13選

ここからは主なクラウド型CRMの中からおすすめの製品を紹介します。

eセールスマネージャーRemix Cloud


製品の特徴と機能

5,500社以上の導入実績と95%の継続率を誇る国産のCRM/SFAツールです。株式会社ESP総研が2022年4月に実施したユーザー調査で、総合満足度No.1(使い勝手・業務改善・導入効果・システム満足度において1位)を獲得している点も見逃せません。

多くの企業から支持されている主な理由は、導入から定着まで徹底したサポートを受けられるからといえるでしょう。具体的には、機能理解・操作習熟、データ活用定着、営業戦略・立案の3段階に分けてサポートを受けられます。一度の情報入力ですべてに自動反映される点、スマホでの使用を前提として設計されている点もポイントです。

機能は、営業支援、顧客管理、名刺・人脈管理、情報共有など多岐にわたります。例えば、顧客管理では一目で企業情報・名刺情報・案件情報・スケジュール・商談履歴などを把握できます。瞬時に現在の状況を把握できるため、関係スタッフとスムーズに連携できます。

費用・料金プラン

プラン名 料金(月額)
スケジュールシェア(グループウェアのみ) 3,000円/ユーザー
ナレッジシェア(閲覧のみ) 6,000円/ユーザー
スタンダード 11,000円/ユーザー

Sales Cloud


製品の特徴と機能

Gartner社が実施するマジック・クアドラントのSFA部門において、14年連続でリーダー(将来のポジションを確立している)に選ばれているクラウド型CRMです。

特徴は、AIが受注確度の高い顧客や正確な売上予測の把握をサポートしてくれることです。ビジネス用メッセージアプリSlackと連携できる点、モバイルアプリから操作できる点もポイントといえるでしょう。

機能は、顧客管理・見込み客管理・案件管理・売上予測などです。リードジェネレーション・リードナーチャリングをサポートして早期受注につなげるものが中心となっています。また、請求書・見積書作成機能も搭載しています。機能面は優れていますが、入力項目が多いため使用を促さないと定着しない恐れがあります。

費用・料金プラン

プラン名 料金(月額)
Essentials 3,000円/ユーザー
Professional 9,000円/ユーザー
Enterprise 18,000円/ユーザー
Unlimited 36,000円/ユーザー

Dynamics 365


製品の特徴と機能

Microsoftが提供するクラウド型CRMです。特徴は、Office365や主要なビジネスツールとの連携を想定して構築されていることといえるでしょう。

Dynamics 365は、セールス・マーケティング・サービス・コマース・財務・サプライチェーンに関するアプリを用意しています。ワンストップでビジネスを包括的にサポートできる点が魅力です。例えば、セールスでは、蓄積したデータをもとにAIを活用してインサイトを取得し見込み客の育成や顧客関係の構築へとつなげることができます。

多彩な機能を備えている点は魅力ですが、すべての機能を使いこなすにはある程度の知識が必要です。導入前によく検討したい製品といえます。

費用・料金プラン

プラン名 最初のアプリ(月額) 2つ目以降のアプリ(月額)
Sales Professional 7,070円/ユーザー 2,170円/ユーザー
Sales Enterprise 10,330円/ユーザー 2,170円/ユーザー
Sales Premium 14,680円/ユーザー
Microsoft Relationship Sales 17,576円/ユーザー

Sansan


製品の特徴と機能

3つの情報(企業・人物・接点)を組み合わせて、ビジネスチャンスをみつけるクラウド型CRMツールです。

主な機能として以下の3つがあげられます。

  • 企業データベースを標準搭載
  • 人事異動情報など最新情報を把握
  • 名刺やメールなどから接点情報をデータ化

これらを組み合わせることで、アプローチするべき企業や成果につながりやすい企業を見つけられます。また、99.9%の精度で名刺をデータ化する機能を備えている点も見逃せません。

費用・料金プラン

項目 概要
初期費用 名刺をデータ化するための費用
運用支援費用 導入・運用支援にかかる費用
ライセンス費用(月額) 複数のライセンス体系あり
オプション費用(月額) 機能追加にかかる費用
Sansanスキャナ(月額) 名刺をデータ化する費用
※以上の費用がかかります。具体的な金額は、個別のお問い合わせが必要です。

Knowledge Suite


製品の特徴と機能

CRM・SFA・グループウェアなどの機能をひとまとめにしたサービスです。チームメンバーがそれぞれに適したアプリを使用して、必要な情報だけを共有することができます。利用する機能を選択できる点もポイントです。従量課金制を採用しているため、ユーザー数は無制限となっています。

機能は多岐にわたります。例えば、名刺CRMでは担当者が手書きした情報を含め名刺情報をデータ化して、グループウェア・SFAの情報と紐づけたうえで一元管理できます。埋もれている名刺を会社の資産に変えられます。

費用・料金プラン

プラン名 料金(月額)
グループウェア 10,000円(容量10GB)
SFAスタンダード 50,000円(容量5GB)
SFAプロフェッショナル 80,000円(容量50GB)

Kintone


製品の特徴と機能

専門的な知識がなくても、ドラッグ&ドロップなど簡単な操作で業務に必要なシステムを構築できるクラウドサービスです。業種・部署別に100種類以上のサンプルアプリ(雛型)が用意されているうえ、外部サービスとの連携も可能なので幅広い業務に対応できます。

機能面の特徴は、社内のデータをKintoneにまとめられることといえるでしょう。例えば、メールやエクセルなどに散在している顧客情報や案件情報をKintoneにまとめることができます。日々の営業活動を可視化できるため、対応漏れや案件の属人化などを防げます。チームメンバーの工数を可視化して、人員配置の最適化を図ることも可能です。

費用・料金プラン

プラン名 料金(月額)
ライトコース 780円/ユーザー
スタンダードコース 1,500円/ユーザー

Zoho CRM


製品の特徴と機能

ドラッグ&ドロップでレイアウトをカスタマイズできるクラウド型CRMです。ユーザーごとに必要な情報を組み込める点がポイントといえるでしょう。面倒なデータ入力、営業フォローアップ、見込み客のスコアリングなどを自動化できる点も特徴です。業務を効率化できるため、営業担当者はコア業務に集中できます。

主な機能は、顧客管理・営業支援・マーケティングオートメーション・分析レポートの4つです。営業支援では、自社の販売フローを登録して担当者がこれに基づき営業活動を展開するよう管理するブループリント機能などを利用できます。ブループリント機能を利用すれば、チームの販売力を底上げできるとともに担当者ごとのボトルネックも明らかになります。

費用・料金プラン

プラン名 料金(月額)
スタンダード 1,680円/ユーザー
プロフェッショナル 2,760円/ユーザー
エンタープライズ 4,800円/ユーザー
アルティメット 6,240円/ユーザー

FlexCRM


製品の特徴と機能

業種・業態別にテンプレートを用意しているため、簡単に導入できるクラウド型CRMです。セットした内容は、後日、調整することもできます。初期費用無料で、月額料金も低価格に抑えられる点も魅力です。導入しやすいクラウド型CRMといえるでしょう。

機能は、顧客管理・営業支援・お客様サポート・マーケティング・業務プロセス管理・ワークフローにわかれます。例えば、お客様サポートでは、対応ステータスの管理・対応履歴の保存などを行えます。蓄積したデータをもとに分析を進めて、対応品質の向上を目指すことも可能です。

費用・料金プラン

プラン名 料金(月額)
スタンダード 1,200円/ユーザー
プレミアム 2,000円/ユーザー
エンタープライズ オープンプライス(要問合せ)

Senses


製品の特徴と機能

営業を管理するとともに営業プロセスを支援するクラウド型CRMです。OCR機能を搭載しているため名刺や議事録をスキャンしてデータ化できることとAIを活用していることが特徴といえるでしょう。

主な機能としてあげられるのが、営業に関連する情報を一元管理できることです。蓄積したデータをもとに、AIが想定されるリスクやよく似た案件などのアドバイスを行ってくれます。

また、取引先に関係する情報を自動収集する機能を備えているため、最新の情報をもとに営業戦略を立案することもできます。Senses内にお問合せ専用チャットが常設されている点もポイントといえるでしょう。

費用・料金プラン

プラン名 料金(月額)
スターター 25,000円/5ユーザー
グロース 100,000円/10ユーザー
エンタープライズ 300,000円/20ユーザー

GENIEE SFA/CRM


製品の特徴と機能

定着率の高さを特徴とする国産クラウド型CRMです。組織に受け入れられやすい理由は、顧客情報を1ページに集約するなど、誰にとってもわかりやすいユーザーインターフェースを採用しているからといえるでしょう。名刺取り込み機能を搭載するなど、入力の手間を省ける点も見逃せません。

機能は、営業活動の可視化と効率化に必要なもので構成されます。具体的には、顧客管理・商談プロセス管理・活動報告・タスク管理・レポート機能などを備えています。例えば、商談管理では、担当者・売上金額・受注予定時期などを入力して商談を可視化できます。フェーズごとにカード形式で表示されるため、受注確度の高い案件から優先的に営業活動を行いやすくなります。

費用・料金プラン

プラン名 料金(月額)
ライト 1,480円/ユーザー
スタンダード 2,980円/ユーザー
プロ 4,980円/ユーザー
エンタープライズ 9,800円/ユーザー

Hubspot


製品の特徴と機能

見込み客の獲得・育成をサポートするクラウド型CRMです。世界120カ国以上、143,000社がHubspotを活用しています。特徴は、マーケティング・セールス・サービス・CMS・オペレーションに関するツールが用意されているため、幅広い業務に活用できることです。

例えば、Sales Hubは無料機能として、取引やタスクの管理のほか、Eメールのトラッキング、アプリ内通話とそのトラッキング、見積もり作成などを搭載しています。有料プランに切り替えれば、営業プロセスを管理する機能(スタータープラン)やカスタムレポート機能(プロフェッショナルプラン)なども利用できます。目的に合わせてさまざまな活用方法を考えられるクラウド型CRMといえるでしょう。

費用・料金プラン

プラン名(Sales Hub) 料金(月額)
スターター 5,400円/2ユーザー
プロフェッショナル 54,000円/5ユーザー
エンタープライズ 144,000円/10ユーザー

formrun


製品の特徴と機能

問い合わせフォームやアンケートフォームなどを簡単に作成できるクラウド型CRMです。テンプレートを選択して必要項目を設定するだけでフォームを作れます。

特徴は、対応状況やメール対応などをformrunで管理できることです。つまり、フォームの作成からフォームの管理まで行えます。GoogleスプレッドシートやSalesforceと連携できる点も見逃せません。

主な機能として、お問い合わせをステータス別に管理できることやお問い合わせが発生したときにSlack・Chatwork・メールなどで即時通知できることが挙げられます。入力値の正誤を判定するリアルタイムバリデーション、郵便番号をもとに住所を自動入力する住所補完機能、全角を半角に自動変換する機能なども備えています。

費用・料金プラン

プラン名 料金(月額)
フリー 0円/1フォーム
ビギナー 3,880円/5フォーム
スターター 12,980円/50フォーム
プロフェッショナル 25,800円/無制限

Ambassador Relations Tool


製品の特徴と機能

マーケティングに必要な機能を組み合わせたクラウド型CRMです。顧客総数などによっては、初期費用・月額費用とも無料で利用できる点が特徴といえるでしょう。

機能は、顧客管理・メール配信・フォーム・マーケティングオートメーション・レビューページ作成機能・分析機能・レポート機能で構成されます。例えば、顧客管理では、顧客ごとに商談履歴やサポート履歴などを登録・管理できます。履歴をもとに顧客グループを作成することも可能です。

費用・料金プラン

プラン名 料金(月額)
フリープラン 0円(顧客数~10,000人)
クラウドプラン 29,480円(顧客数~30,000人)
クラウドBプラン 110,000円(顧客数~100,000人)
サーバー設置プラン お見積もり(顧客数100,000人~)

【無料ダウンロード】営業活動強化の必須ツールCRM/SFAのおすすめ活用方法ご紹介。

クラウド型CRMで顧客と良好な関係を構築

クラウド型CRMは、顧客情報、営業活動、カスタマーサポートなどに関する機能を搭載しています。重視している機能は製品により異なるため、導入する目的に合っているものを選ぶことが重要です。

本格的に検討を進めたい方は、気になる製品の無料デモを利用してみてはいかがでしょうか。セミナーや勉強会に参加することもおすすめです。

当社が扱っている「eセールスマネージャー」も無料デモを用意しています。また、随時セミナーも開催しています。情報がさらに必要な方は、お気軽にご相談ください。

【無料ダウンロード】営業活動強化の必須ツールCRM/SFAのおすすめ活用方法ご紹介。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページトップへ