営業ラボ

営業力強化に役立つノウハウを公開
eセールスマネージャー 営業ラボ・ブログ 【最新】CRM(顧客管理システム)おすすめランキング20選!価格や機能で徹底比較
CRMおすすめランキング20選!顧客管理システムを徹底比較
更新日:

【最新】CRM(顧客管理システム)おすすめランキング20選!価格や機能で徹底比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、ビジネスで成功するカギになっているCRM。しかし、その需要の高さからCRMは多くの企業から提供されており、自社に最適なツールを比較して選ぶのはなかなか大変なもの。

「使いこなせずに無駄なコストになってしまうのでは…」という不安や、「違いを理解して自社に合うものを選ぶ時間がない」といった悩みもあることでしょう。

ご要望に応じて、おすすめのCRMを効率良く比較して選べるようにしつつ、各CRMの詳細も確認できるようにしました。収益アップにつながること間違いなしなので、ぜひじっくりご覧ください。

【無料ダウンロード】営業活動強化の必須ツールCRM/SFAのおすすめ活用方法ご紹介。

20種類のCRMの詳細をそれぞれ紹介

厳選した20種類のCRMの詳細をそれぞれ解説していきます。

eセールスマネージャー

価格

11,000円~/月/ユーザ

機能を抑えた製品「eセールスマネージャーRemix MS」は3,500円~月/ユーザ

形態

クラウド型、オンプレミス型

特徴

営業マンが無駄と思う業務を徹底削減できる導入実績5,500社のCRM。

純国産CRMということもあり、外資系の製品よりもサポート体制が充実。

ツールの導入から運用が安心して軌道に乗るまで徹底的にサポートし、一般的なCRMツールの定着率20%に対して95%を記録。

Oracle CRM

Oracle CRM

価格

8,560円~/月/ユーザ

種類により異なる※初期費用は要問い合わせ

形態

クラウド型、オンプレミス型

特徴

米オラクル社が提供しているCRM。

機能が充実しているだけでなく、シェア率もトップクラスでSales Forceと違い、クラウド型、オンプレミス型が選択可能。

自動車、製薬、保険、ハイテク、医療業界、ウエルス・マネジメントなどの多くの大企業が導入している。

AI主導により、データ入力とタスク管理を自動化し、CRMの更新などに費やす時間を削減し、コア業務である営業に割り振ることができる。

Microsoft Dynamics 365

価格

7,070円~/月/ユーザ ※種類によって異なる

形態

クラウド型、オンプレミス型

特徴

医療、製造、小売、金融サービスなど各業界に特化したソリューションを同時に提供。

既存のシステムを含めた連携を前提として構築されている、全体を統括できる包括的なCRM。

GEOCRM

価格

初期費用50,000円~および1,800円/月額/ID

形態

クラウド型

特徴

顧客カルテを更新することで、見込み顧客を育成するモバイル特化のCRM。

あらかじめ設定したヒアリング項目を営業活動で聞き込み、日々、顧客への接点を深めて行くことにより情報を蓄積し、契約満了までの残り日数や次回導入検討の有無などを検索することが可能。

日本特有の商文化に合わせたCRM。

B-dash

b→dash

価格

Liteプラン/50,000円/月Standardプラン/お問い合わせ/月

形態

クラウド型

特徴

業界初のデータパレットでSQLを用いずに、誰にでも簡単にGUIでデータを扱うことが可能。

データの加工や統合の技術を、テンプレートを選ぶだけで実現。

コンセプトは「誰でも操作できるプロダクト」

sansan

sansan

価格

3,500円/月/ユーザ~

形態

クラウド型

特徴

法人向けの名刺管理サービスを提供しており、テレビCMを放映していることもあり知名度が高い。

小規模の企業から大手まで多くの企業で使用されており、名刺管理を切り口に情報を蓄積。

それらを、SFAやMAなどと連携し、情報を会社の資産として蓄積。

スマートフォンにも対応しており、簡単に名刺情報をアップロードすることが可能。

ちきゅう

ちきゅう

価格

1,480円〜/月/ユーザ

形態

クラウド型

特徴

誰もが使えるシンプルな管理画面が特徴なCRM。

高性能なCRMが必要な企業には向いていないが、基本的な機能のみ求めている企業にとってはコストパフォーマンスが最高な製品。

AppSuite

AppSuite

価格

クラウド版320円~/月/ユーザー

小規模パッケージ版31,000円~/月/5ユーザー

形態

クラウド型、オンプレミス型

特徴

AppSuiteアプリライブラリからアプリを選択し、自社の業務や運用に合わせ、カスタマイズして使うことのできる拡張性が魅力。

高度なオリジナル業務アプリも01ベースでの開発が可能。

自社の業務を簡単いシステム化できるのポイント。

Camcard Business

価格

1,400円〜/月/ユーザ

形態

クラウド型

特徴

最短5秒で名刺をデータ化できるCRM。

名刺をクラウド上で管理することにより、情報漏洩防止だけでなく、会社の資産として活用することが可能。

共有機能も充実しているので、前任者と後任者の引き継ぎが楽になり、営業活動の停滞を防止する。

kintone

kintone

価格

780円/月/ユーザ~

形態

クラウド型

特徴

豊富なAPIやプラグインなどの100種類以上の連携サービスが魅了。

非常に使いやすい管理画面で、CRMを初めて使う方でも迷わずに使えるのが利点。

DXを簡単に推進することができる。

Zoho CRM

価格

2,160円~5,400円/月/ユーザ~

形態

クラウド型

特徴

顧客データや、それらに関連する営業活動を集約しながら自動で整理することにより、管理コストを大幅に削減。

あらゆるセールスプロセスにおける活動情報を瞬時に可視化することができ、複数のファイルや媒体の記入作業を一元化。

satori

satori

価格

初期費用/300,000円

148,000/月

※従量課金が発生する場合があります

形態

クラウド型

特徴

1~2名の小規模チームにおすすめのオートメーションツールです。

SkyDeck CRM

価格

1,500円/月/ユーザ~

形態

クラウド型

特徴

営業担当の業務効率化をサポートするための中小企業向けのCRM。

手頃な値段で、スマートフォンにも対応しており、どこにいてもデータ入力が可能。

Salesforce Cloud

SalesForce/Sales Cloud

価格

3,000円~36,000円/月/ユーザー

形態

クラウド型

特徴

世界的に有名なCRM。

顧客管理、案件管理、売上予測などの基本的なCRMの機能だけでなく、電子メールとの連携やワークフローと承認機能までついている高性能CRM。

値段が高いが、機能が豊富で世界中の企業で使われている製品。

SugerCRM

SugerCRM

価格

オープンソース版ライセンス 無料

各種プラン有料

形態

オンプレミス型

特徴

完全無料で使えるオンプレミス型のCRM。(有料版のライセンスも販売されている)

オープンソースで40カ国以上で使われており、社内にITに詳しい部署があるが、ランニングコストを掛けたくない、というような企業におすすめ。

Knowledge Suite

価格

グループウェア/6,000円/月

SFAスタンダード/50,000円/月

SFAプロフェッショナル/80,000円/月

形態

クラウド型

特徴

名刺をWEBで簡単に交換することのできる、オンライン商談にも対応したCRM。

ユーザー数が無制限でマルチデバイス対応。

MoTeNASU

価格

初期費用/300,000円

詳しい費用は以下リンクから

https://motenasu.info/freespace/motenasu_option/contents_fee.html

形態

クラウド型

特徴

マーケティングに必要な情報である顧客の年齢、性別、趣味、などの膨大な人手がかかる情報入力を簡略化してCRM/MAツール。

一般的なCRMに加えて、マーケティング業務も自動がすることができる。

さまざまな顧客にアプローチし、業務を効率化することが可能。

i-CRM

価格

3,000円/〜10名/ユーザー

2,500円/11~100名/ユーザー

2,300円/101名〜/ユーザー

形態

クラウド型

特徴

中小企業に特化した、「ちょうどいい」CRMツール。

高機能ではないが、ランニングコストが安く、安定的に運用できるCRM。

feels

価格

715円/月/ユーザー

形態

クラウド型

特徴

顧客情報と案件情報を連携したBI分析が魅力的。

大元が日報ツールなため、日報を重視している企業にはおすすめ。

メンタルヘルスケアや離脱防止などによる組織強化によって、見えづらい組織内部の感情も見える化。

Freshworks CRM

価格

記載なし

形態

クラウド型

特徴

パーソナライズされた購入体験を提供できる、コンテキスト騒動型のCRM。

AIによるチャットボットで訪問者とリアルタイムにチャットが可能。

営業とサポートサービスを統合しお客様に対する価値を高めることが可能。

【無料ダウンロード】営業活動強化の必須ツールCRM/SFAのおすすめ活用方法ご紹介。

よくある要望3つに応じた鉄板CRMを紹介

CRMに求めることは各企業である程度共通しています。

そこで、よくある要望別におすすめのCRMを紹介していきます。

具体的には以下のとおりです。

  • とにかくメジャーで多機能なCRM → Salesforce
  • 定着率とサポート力でとにかく使えるCRM→ eセールスマネージャー
  • 機能が少なくてもまずは無料のCRM → Zoho CRM

それぞれの詳細を解説していきます。

とにかくメジャーで多機能なCRM → Salesforce

とにかくメジャーで多機能なCRMとしては、国内の大企業も導入しているSalesforceがあげられます。

世界的にもNo.1のシェアを誇り、連携機能も含めて、必要な機能はほぼ完備されていると考えて良いでしょう。

ただし、どちらかというと費用や人的リソースの多い大企業向けなことは留意しましょう。

多機能なだけあり、使いこなすまで時間がかかるので、専任者や資格持ちの人材が欲しいところ。

また、CRMはまだまだ海外のほうがユーザーが多く、日本語対応も完璧ではありません。

上記デメリットが気になるなら、次に紹介する、国産で最もメジャーといえるeセールスマネージャーを検討すると良いでしょう。

定着率とサポート力でとにかく使えるCRM→ eセールスマネージャー

海外産が主流な中、国産で定着率とサポート力に優れるCRMがeセールスマネージャーです。

国産ならではのサポートで、定着率3年連続No.1になっています。

もちろん、CRMとしての実績も豊富で、目標の2.2倍の実績を出したり、192%の売上げアップしたりした企業が多数あります。

無料でWeb面談などもしているとのことなので、活用してみると良いでしょう。

CTA:デモ依頼

機能が少なくてもまずは無料のCRM → Zoho CRM

無料で使えるCRMとしてはZoho CRMが定番です。

著名なCRMでありながら、基本的な機能はすべて無料で使えます。

SFAやMAなどの後々ほしくなるであろう機能は有料ですが、必要に応じて有料に切り替えていける自由度があるといえるでしょう。

なお、スマートフォンで使いたい場合は、利用できない機能や使い勝手の悪いシーンがあることにご注意ください。

【無料ダウンロード】営業活動強化の必須ツールCRM/SFAのおすすめ活用方法ご紹介。

最適なCRMを短時間で見つけるなら「比較ツール」を活用

自社に最適なCRMを見つけたいなら、条件をつけてCRMを絞りこんで比較などができる比較ツールを使うのがおすすめといえます。

異なる特徴を持ったCRMが多くあるのは、本来企業にとって喜ばしいことですが、種類が多すぎで選べないようでは本末転倒です。

そこで、欲しい機能や価格などでCRMを絞り込んでいける比較ツールを使うのがおすすめになります。

CRM/SFAに興味がある方や、導入を考えている方に向けて、様々なCRM/SFA製品を料金や機能、セキュリティなど32項目で採点し、ひと目でわかるグラフで特徴を教えてくれる製品比較シートと、料金・機能をXY軸にして製品群をマッピングした分析チャートをご用意いたしました。

比較の時間を短くしたい方に製品比較シート、どのような価格や機能性の製品があるのかといった、CRM/SFA製品の全体図を把握したいという方には製品分析チャートがおすすめです。

CTA:CRM/SFA製品

【無料ダウンロード】営業活動強化の必須ツールCRM/SFAのおすすめ活用方法ご紹介。

まとめ:効率よく比較して早くCRMで結果を出す

コストをかけてCRMを導入するからには、確実に売上アップしたいところです。

そのためには、自社のCRM導入目的をはっきりさせた上で各ツールを比較し、最適なツールを選択することが重要になります。

「必要な機能が網羅されているか」「営業担当者や管理者が使いこなせるか」、これらのポイントをチェックしましょう。

さらに、ヘルプデスク、セミナーなどサポート体制が万全なところを選択することで、より確実に成功に導くことが可能になります。

ぜひ、費用対効果を見極めたうえで、しっかり結果を出せるCRMツールを選択してください。

【無料ダウンロード】営業活動強化の必須ツールCRM/SFAのおすすめ活用方法ご紹介。

よくある質問

Q1:CRMツールとは?

CRMツールとは、CRM(顧客関係管理)を実現するために強力に支援してくれるツールのことで、顧客との情報管理を主にしています。顧客の氏名、所属企業、役職、部署など、あらゆる情報を一元化し、それぞれに適切なアクションを打つ土台を築きます。

CRMとは?機能やメリット、導入時の選び方、活用のコツを解説

Q2:おすすめのCRMツールは?

CRMへのよくある要望3つに応じたおすすめの鉄板CRMツールは以下のとおりです。とにかくメジャーで多機能なCRMがいい場合は「Salesforce」、定着率とサポート力でとにかく使えるCRMがいい場合は「eセールスマネージャー」、機能が少なくてもまずは無料のCRMがいい場合は「Zoho CRM」がおすすめです。

Q3:CRMツールの比較方法、効率的な選び方は?

自社に最適なCRMを見つけたいなら、条件をつけてCRMを絞りこんで比較などができる比較ツールを使うのがおすすめです。また、選ぶ際には「必要な機能が網羅されているか」「営業担当者や管理者が使いこなせるか」、これらのポイントをチェックしましょう。

【無料ダウンロード】自動CRM/SFA比較シート~12製品の比較検討・社内稟議が簡単に~



【無料ダウンロード】営業活動強化の必須ツールCRM/SFAのおすすめ活用方法ご紹介。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページトップへ