営業ラボ

営業力強化に役立つノウハウを公開
eセールスマネージャー 営業ラボ・ブログ 在宅勤務とテレワークの違いを解説!似た働き方も合わせて紹介
在宅勤務とテレワークの違いを解説!似た働き方も合わせて紹介

在宅勤務とテレワークの違いを解説!似た働き方も合わせて紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「在宅勤務」と「テレワーク」は同一視されがちですが、厳密に言えば違うもの。
あなたは、その違いを誰かに説明できるレベルで理解できていますか?

テレワークは柔軟な働き方であり、社会情勢を鑑みても、企業はこれから積極的に導入すべきものです。

今回は、「テレワーク」「在宅勤務」に関連してよく出てくる言葉や、混同されがちな他の働き方もまとめて解説し、それぞれのメリットや適した職種なども合わせて紹介していきます。

在宅勤務とはテレワークの1種

在宅勤務とは、テレワークという働き方に含まれる1つであり、自宅を仕事場にする働き方。
そしてテレワークとは、従業員の任意のタイミングで、オフィスから離れた場所で働く柔軟な働き方のことです。

テレワークの目的は、じゅうぶんな働き手を確保するために昔ながらの労働環境を改革することにあり、在宅勤務以外の働き方も存在します。
言い方を換えると、柔軟な働き方で企業と従業員をWin-Winの関係にするのがテレワークの役割であり、それには複数のスタイルがあるということです。

テレワークと在宅勤務は同一視されがちですが、誤った理解のままで自社や職種に最適なテレワークを選ぶ知識を得られないのはもったいないことです。
以下の解説を読み、自社に最適なテレワークを知って導入計画を考えるきっかけにしてください。

テレワーク関連の言葉と意味をまとめて解説

テレワークの種類や、関連してよく出てくる言葉の意味などを解説していきます。
テレワークの概念は、働き方改革や一部の企業で推進されて急速に広がったものの、まだまだ国内全体での理解は追いついていません。

たとえば、総務省によると2017年の時点でのテレワークの導入率は13.9%。
NTTデータ経営研究所の2020年4月の調査によると、実施した企業の中でも「特に課題や難しいことはない」と回答した企業は6.6%にとどまります。

※数値引用元:https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h30/html/nd144310.html
https://www.keyman.or.jp/kn/articles/2004/21/news125.html

テレワークには特有の用語が多くあり、混乱を招く一因になっています。
そのため、ここからは、厚生労働省やテレワーク協会の正式な定義に則って、テレワークの種類や専門用語をまとめて紹介していきたいと思います。

まずは、テレワークの種類から説明していきましょう。
以下の3つになります。

  • 在宅勤務
  • モバイルワーク
  • サテライトオフィス勤務

詳細と関連して出てくる言葉を解説していきます。

在宅勤務

先述した通り、在宅勤務とは自宅で業務を行なうテレワークです。
詳しいメリットは後述しますが、通勤の必要がなくなり、育児や介護と仕事を両立しやすい働き方といえます。

押さえておくべき用語は、「終日在宅勤務」と「部分在宅勤務」です。

終日在宅勤務は、1日の業務すべてを自宅で行なう在宅勤務になります。
部分在宅勤務は、会議などで出社したり、訪問先から帰宅したりして業務をする在宅勤務です。

なお、在宅勤務を可能にするチャットツールやネット回線などの総称をICT(情報通信技術)といい、テレワーク全般で出てくる言葉なので合わせて覚えておきましょう。

モバイルワーク

モバイルワークとは電車や飛行機の中、飲食店、顧客先などを仕事場にするテレワークです。

いわゆる“ノマド”をイメージするかもしれませんが、「ノマドワーカー」は基本的にフリーランス。
企業としては、クラウドソーシングなどを利用して業務委託契約を結んで連係する、非雇用型テレワークとして関わることになり、モバイルワークとはまた違うものです。

一方で、自社と雇用契約を結んでいる従業員が取り組むモバイルワークは、雇用型テレワークに分類され、助成金や補助金などの対象です。
なお、在宅勤務やサテライトオフィス勤務も雇用型テレワークであれば、助成金などを申請できます。

詳しくは以下の記事にまとめているので、本格的なテレワークの導入前にチェックしてみてください。

サテライトオフィス勤務

サテライトオフィス勤務とは、テレワーク専用のスペースを仕事場にするテレワークです。
モバイルワークとの違いは、以下のようなオフィス(=サテライトオフィス)を仕事場にしている点です。

サテライトオフィス名 概要
レンタルオフィス 会議・個室スペースとコピー機などが用意されたオフィス
シェアオフィス フリーアドレス形式のオフィス。比較的安く利用できる一方、電話は専用スペースでするといった違いがある
コワーキングスペース レンタルオフィスと似た環境で、共同で仕事をする場所という考えが出発点になっている。フリーランスや新規起業者も積極的に利用
(自社)専用サテライトオフィス 自社やグループ企業が用意したオフィス
スポットオフィス 各地の拠点内にテレワーク専用のスペースを設けたスタイル

表の上から3つを共同利用型といい、下2つを専用利用型といいます。
共同利用型は業務実態の把握が難しくなりがちなので、就業規則などでルール作りに注力しましょう。

ちなみに、国土交通省では、サテライトオフィスと類似した「テレワークセンター」という言葉が使われています(厳密にはテレワークセンターの一種にサテライトオフィスが含まれている)。

他にもモバイルワークオフィスといった言葉もありますが、一部の企業などが使っている言葉であり、表で紹介したもののいずれかとほぼ同じものです。

テレワークを取り入れるべき理由

今後も企業活動を継続したいなら、基本的には、なんらかのテレワークを取り入れるべきででしょう。

国内における15歳から64歳までの生産年齢人口は減少し続け、2019年の時点で全人口に対して59.7%しかおらず、過去最低を記録しています。

※数値引用元:
http://make2020.net/blog/2020japanpopulation/

少子化の流れから、今後も生産年齢人口が増える見込みはありません。
外国人労働者の受け入れは増えていますが、問題も多く、生産年齢人口を補えるペースにはなっていないのが現状です。
したがって、これまでどおりの働き方を漫然と続けていると、企業活動や規模を維持できなくなる可能性があります。

そこで、テレワークで働き手を維持し、生産性も上げようというわけです。

なお、先に解説したとおり、テレワークには3つの種類があります。
テレワークの恩恵を最大限受けるべく、各テレワークに適した職種やメリット・デメリットを理解していきましょう。

各テレワークのメリットや適した職種

まずは各テレワークの特徴の違いをつかんでいきましょう。
在宅勤務、モバイルワーク、サテライトオフィス勤務の順番で解説していきます。

在宅勤務

自宅で働くテレワークである在宅勤務のメリット、デメリット、適した職種を紹介していきます。

メリット

在宅勤務の代表的なメリットは、以下4つです。

  • 通勤の負担軽減
  • 通勤の交通費削減
  • 育児や介護で離職する従業員の引き止め
  • 従業員のワークライフバランスの向上

在宅勤務中は突発的な電話や顧客対応などが発生しないので、短期間に集中して業務をする必要がある従業員に在宅勤務をしてもらうのがおすすめです。

また、災害時も業務を続けられる可能性があるのも、在宅勤務のメリットです。

デメリット

在宅勤務のデメリットは、勤務実態の不透明性が高いことが代表的です。
残業代の未払いや人事評価の不公平性、働かせすぎを防ぐため、ツールや就業規則を準備しましょう。

適した職種

在宅勤務にむいた職種は、以下のとおりです。

  • デザイナー
  • カスタマーサポート
  • プログラマー
  • ライター

基本的に、従業員1人で完結でき、成果物による人事評価がしやすい職種が適しています。
自社設備で物理的な操作が必要な職種などには在宅勤務は難しいでしょうが、営業職などは部分在宅勤務が可能でしょう。

メリット・デメリットと合わせて、自社に在宅勤務の導入が効果的そうなら、以下の記事を参考にしてみてください。

モバイルワーク

移動中の車内や顧客先で働くモバイルワークのメリット、デメリット、適した職種を紹介していきます。

メリット

移動時間やスキマ時間で仕事ができるので、生産性の向上に期待できるのがモバイルワークのメリットです。
帰社する必要がなくなれば、交通費を削減できる機会も増え、移動で発生する従業員の負担も軽減できます。

デメリット

在宅勤務と違いオフィスでも働きますが、上司や同僚と直接コミュニケーションを取る機会は通常勤務と比べ減ります。
したがって、コミュニケーション不足や業務管理が難しくなるでしょう。

また、不特定多数の人がいる空間で仕事をする以上、機密情報の漏えいのリスクがあります。

適した職種

モバイルワークは、営業職などの外出機会が多い職種に適しています。
ノートパソコンやセキュリティが担保されているネット回線などを用意してモバイルワークを導入すると良いでしょう。

より詳細な情報は以下の記事を参考にしてください。

特に営業職に実施する場合が多いため、営業パーソンを支援するツールであるSFAなどを導入すると、生産性がより増し、デメリットを軽減できます。

SFAについては、以下の記事に詳しくまとめているので、参考にしてみてください。

サテライトオフィス勤務

最後にサテライトオフィス勤務のメリット、デメリット、適した職種を紹介していきます。

メリット

モバイルワークと同様、無駄な移動をへらせ、生産性が向上するのがメリットです。
専用利用型のサテライトオフィスを用意する場合は、災害やテロに直面した際の拠点分散による事業継続性にも期待できるでしょう。

デメリット

共同利用型のサテライトオフィスで働く場合は、機密情報の漏えいリスクがあります。
また、モバイルワークと同様に直接のコミュニケーションが減るデメリットもあります。

適した職種

営業などの外回りの多い職種はもちろん、従業員の自宅に近いエリアにサテライトオフィスがあれば、より多くの職種が実践でき、在宅勤務的なメリットも出てきます。
常に特定の場所での作業を必要としないなら、検討してみると良いでしょう。

サテライトオフィス勤務のより詳しい情報は、以下の記事から確認してください。

在宅勤務などのテレワークで自社を活性化!

在宅勤務とテレワークの違いにはじまり、テレワークの必要性や各テレワークの特徴などを解説しました。
今回解説した内容を簡単にまとめるので、ふり返ってみましょう。

  • 在宅勤務とはテレワークの一種
  • テレワークとは在宅勤務、モバイルワーク、サテライトオフィス勤務の総称
  • 今後の企業活動のためには、なんらかのテレワークを取り入れるべき
  • テレワークで生産性を高めるには、関連用語を含めて正しい知識が必須

生産年齢人口の減少への対策をしない企業は、規模縮小や事業の継続が困難になるリスクを抱えたままになってしまいます。
対応策はさまざまありますが、国が働き方改革として推進しており、助成金や補助金も多数あるのがテレワークです。

ぜひ、今回解説した情報を活かしてテレワークの導入を進め、自社の活性化につなげてください。

ただし、テレワークは導入しただけですべてが上手く回るわけではありません。
テレワークという新しい働き方が定着するには、ルールや設備、従業員の意識改革が必要だからです。
テレワークを上手く活用する方法なども提供しているので、ぜひ参考にしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ソフトブレーンのセミナーなら

ソフトブレーン セミナー

ソフトブレーンは営業支援システムのeセールスマネージャー導入を中心に営業担当者の教育・トレーニング、導入・活用コンサルを通し、これまで7,000社以上の企業の営業課題解決をサポート。

セミナーではテレワークの導入、営業の売上増や残業時間削減といったニーズに対し成果の出るノウハウをご紹介。

貴社の業界・業種での営業改革成功事例をご紹介します。

Category

Ranking

書籍無料プレゼント中

ホワイトペーパー無料配布中

テレワーク特集はこちら!

ページトップへ