営業ラボ

営業力強化に役立つノウハウを公開
eセールスマネージャー 営業ラボ・ブログ 働き方の見直しのキーマンは従業員!企業を成長させる見直しのポイント

働き方の見直しのキーマンは従業員!企業を成長させる見直しのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ワークライフバランスが注目されている昨今、多くの企業がワークライフバランスに配慮した職場環境を作ろうと、さまざまな取り組みが行われています。しかし、働き方の改革は一筋縄ではいかず、苦労している会社も多いようです。

そこで、働き方を変える理由や働き方の改革を進めるにあたってのポイントなどについてお伝えします。働き方を変えて従業員の待遇を改善し、経営の効率化や利益の増加につなげようと考えている経営者や管理者の方は、ぜひ参考にしてみてください。

広がる働き方の見直し!その理由とは?

多くの企業で働き方の見直しをしようという動きが広がっています。その理由やメリットは何でしょうか。主な理由は、ワークライフバランスに取り組むことによって従業員が充実した社会人生活を送れるようになり、それが企業の利益にもつながると考えられているからです。働き方を変えることの主なメリットは、従業員が持っている能力を最大限発揮できるようになることです。従業員が仕事のしすぎで家庭生活や地域活動に十分参加できない状況で仕事を続けていると、体力的に疲れてしまうだけでなく精神的にも疲弊してしまいます。そんな状態では仕事のパフォーマンスを上げるのは難しいでしょう。

働き方改革によって仕事と生活の調和がとれるようになれば、家庭生活など仕事以外の面で充実できるばかりではなく、仕事場でもより大きな力を発揮できるようになるでしょう。それは仕事の効率化や成果の拡大につながり、最終的には企業の利益の増加にも役立つはずです。従業員と企業がWIN-WINの関係になれるため、働き方改革が注目されているのです。

今すぐ見直したい2つのポイント!

仕事のやり方を見直す場合、すぐにできるところから取り組むとよいでしょう。切り口は2つあります。

まず日常業務の改善です。ポイントは3つあります。1つ目はできるだけ業務をマニュアル化することです。マニュアル化することで属人的な仕事が誰でもできる仕事に変わり効率化できます。2つ目は上司が部下の労働時間をしっかり把握することです。部下の状況を把握するためには顧客管理ツールのCRMや営業支援ツールのSFAを導入することもおすすめです。仕事の効率を上げるだけではなく、情報を共有しやすくなります。3つ目は適切な業務分担にすることで従業員の仕事の負荷のバランスをとることです。

もう1つの切り口は会議です。こちらもポイントは3つです。1つ目は目的とゴールを明確にして会議を行うこと、2つ目は必ず結論を出すようにすること、そして3つ目は会議時間をできるだけ短くすることです。会議の効率化は労働時間の短縮効果だけでなく、中身の濃い議論ができることにもつながるはずです。

働き方の見直しは現状把握が第一!

働き方の改革をしたいが、具体的にどう進めたらよいのかわからないという経営者や管理者もいるでしょう。進め方がわからない場合は、ステップを踏んで進めていくことを心がけることが大切です。

最初のステップで現状把握を行います。2つ目のステップで改革を進める上での課題を抽出します。3つ目のステップでは解決に向けた話し合いを行い、対策を考えるようにします。経営者と管理者、管理者と従業員などさまざまな階層で話し合いの場を持つことが重要です。4つ目のステップでは見直し案の実行を行います。対策の全面展開が難しい場合は、一部の部署で試すなどの方法がおすすめです。これらを行ったあと、最初のステップである現状把握に戻り、以降これらのステップを繰り返していくようにすれば働き方が変わっていくはずです。

成功の鍵を握るのは従業員の意識!

働き方改革のためにさまざまなツールを導入したり、仕組みを変えたりすることは大切です。しかし、作業環境や仕組みを変えるだけでは働き方改革を成功させることは難しいでしょう。成功の鍵を握っているのは従業員です。従業員の意識が変わらなければ、働き方も変わらないはずです。

経営者や管理者がいくら「働き方を変えよう!」と叫んでも、従業員がその気にならなければ仕事の進め方は変わりません。働き方を変えることが企業のためになるだけではなく、従業員自身のためにもなるということを正しく理解してもらうことが大切です。理解してもらうためには、経営者や管理者は徹底的に従業員とコミュニケーションをとることが求められます。

CRMやSFAなどのツールの導入はもちろん、経営者や管理者が本気になることも重要です。働き方改革に取り組むにあたっては、経営者と管理者のマネジメント能力が試されることになるでしょう。

働き方の見直しで得られるもの

働き方の見直しを行うことによって、従業員は体力的にも精神的にも余裕を持って仕事ができるようになります。

それは仕事の効率化につながるとともに、労働時間短縮の実現も可能になります。労働時間が短くなれば人件費が減少しますのでコスト削減になり、さらに業務効率が上がることで成果も増えるようになれば業績アップや企業の発展が見込めるでしょう。

働き方改革は、従業員と企業の両方にメリットがあるということです。経営者や管理者は真剣に働き方の見直しを進めることをおすすめします。

CRM/SFAツールを導入される企業によくある流れ

運営会社

ソフトブレーン株式会社 ロゴ

ソフトブレーンは、営業支援システムのeセールスマネージャー導入を中心に営業担当者の教育・トレーニング、スマートデバイスの導入・活用コンサルティングなどを通してこれまで6,700社以上の企業の営業課題解決をサポートしてきました。

本ブログにおいては、当社のこれまでの実績に基づき、営業の売上増や残業時間削減といったニーズに対して成果の出るノウハウをご紹介しております。
さらに具体的な営業組織の強化事例、日本の営業組織、文化に適した営業支援システムeセールスマネージャーの導入事例等を知りたい方は、是非、お問い合わせください。

貴社の業界・業種での営業改革成功事例をご紹介します。

まずはお気軽にご連絡ください。

無料コンテンツ

  • 5分で組織の課題が見える
    営業力診断テスト

    本テストは経営者・経営幹部・営業責任者の皆様に営業・マーケティングについて見直す機会をご提供したいと考え作成いたしました。

  • 営業ノウハウ読本

    約6,700社を超える企業の営業改革を支援し蓄積してきたノウハウ★大公開★

無料コンテンツ

  • 5分で組織の課題が見える
    営業力診断テスト

    本テストは経営者・経営幹部・営業責任者の皆様に営業・マーケティングについて見直す機会をご提供したいと考え作成いたしました。

  • 営業ノウハウ読本

    約6,700社を超える企業の営業改革を支援し蓄積してきたノウハウ★大公開★

  • ご不明な点はお問い合わせください

    03-6880-9500

ページトップへ