営業ラボ

営業力強化に役立つノウハウを公開
eセールスマネージャー 営業ラボ・ブログ 働き方の変化が企業を成長させる!労働者不足解決の方法とポイントまとめ

働き方の変化が企業を成長させる!労働者不足解決の方法とポイントまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

労働力の不足を感じている経営者や管理職も多いでしょう。労働力不足は経営を困難にする要因となりますので、大きな悩みだといえます。しかし、労働力不足は限られた会社だけに起こっていることではなく、多くの企業で起こっている問題です。そして、必ず解決策は見つかるはずなので希望を持ちましょう。解決のポイントの1つとなるのは働き方の改革です。そこで、労働力不足解決の方法とポイントについて、労働時間短縮や働き方を変える観点からお伝えします。

今なぜ働き方の変化が必要?

労働力の不足を補うためには働き方を変化させる必要がありますが、働き方改革が求められる理由は他にも3つあります。

1つ目は、労働環境の悪化と生産性の低さを改善する必要性です。人手不足が進行することによって1人1人が担当する作業量が増加し、それをフォローする先輩や管理者の数も減少することで労働環境の悪化が進み、生産性が低下している状況にあるといわれています。これを改善するためにも働き方を変える必要があります。

2つ目の理由は、国内人口減少に伴う労働力人口の減少、さらに消費者数などの減少による売上高の減少に対抗するためです。

労働力人口が減少すれば人材の数で不足を補うことが難しくなります。1人1人の生産性を上げることが必要となります。それがコストダウンにもつながり、売上が減少しても耐えられる経営体質を作る要因にもなるでしょう。

3つ目は、国際競争力の弱体化の流れを変えることです。新興国など人件費が低い地域の低価格製品などに押されて国際競争力を失っている会社は、働き方改革によって生産性を上げ、競争力を高める必要があります。

労働時間の短縮が企業の利益を最大化させる!

働き方を変える方法にはさまざまなアプローチが考えられますが、中でも労働時間削減を実現することで働き方を変えるというアプローチは有効だといわれています。

労働時間を削減する場合には3つのポイントを重視して進めるとよいでしょう。

1つ目のポイントは、法令順守です。労働基準法など労働時間に関する規定に代表される労働者保護に関する法律の範囲内で取り組むことが求められます。記録上の残業時間が減少しても実質的な労働時間は変わっていないという状態であれば、労働基準法違反とされる可能性がありますので注意が必要です。

2つ目は、従業員の意識改革です。長時間会社に残って仕事をしていることが会社に対する貢献につながるといった考え方を変えていく必要があるでしょう。

3つ目は、全員が定時退社できる仕組みづくりです。労働時間短縮が一部の部署で行われても会社の風土は変わらず、働き方の改革にはつながりにくいです。全社横断的に労働時間短縮が実現できることを目指すのがおすすめです。

深刻な労働力不足は2つの対策で解決!

労働力不足は労働時間の短縮を通じた効率化の実現でカバーできる面もありますが、既存の従業員の定着を図り、その上で新たな従業員を採用することにも力を入れる必要があります。

まず、すでに社員として働いている人に定着してもらい、退職者を出さないための工夫です。労働条件を緩和することで魅力的な職場にしていくことが有効でしょう。例えば、在宅ワークやリモートワークなど働く場所に自由度を持たせたり、転勤がないことを約束する地域限定社員制度を導入したりといった方法が考えられます。次に、採用強化についてです。

採用活動を強化するポイントはオフライン・オンライン両方の採用活動を強化することでしょう。

特にオフラインの採用活動に注目してみることをおすすめします。オフラインの採用活動とは、優秀な従業員の縁者や知り合いには優秀な人がいる確率が高い傾向があるという点に注目して、優秀な従業員の縁故者などにアプローチする採用方法です。

働き方の変化を邪魔する2つの壁

働き方を変えていく過程では、抵抗勢力や障害が発生する場合があります。どういったものが考えられるかということも、あらかじめ知っておいたほうがよいでしょう。

まず、既存の社内制度の変更が負担になることがあります。社員の働き方に関わる規定としては、就業時間などを規定した就業規則、働く時間と給料の関係を規定した給与規定、さらには従業員の成果を確認するための評価システムなどがあげられます。働き方改革をする場合は、これらの社内規定を一気に変更する覚悟が必要です。

もう1つは、企業文化と風土を変えることに対して不満を持つ従業員もいるという点です。どんな改革も最初から全員が無条件に賛成というわけにはいきません。抵抗する人が一定数存在することは覚悟しておく必要があるでしょう。改革を成功させて変えてよかったと実感してもらうことができれば、反対している人もわかってくれるようになるはずです。

企業の変革に欠かせないコミュニケーション

働き方改革は、代表的な企業改革の1つです。こういった全社的な改革を行う場合は、経営層だけでなく、社員全員が同じ方向を向いて努力する必要があります。そのためには、社内のコミュニケーションを活性化させることが重要です。経営者・管理者と一般従業員が意見交換する場を増やしてコミュニケーションを活性化させる方法も有効です。

労働力不足を働き方の改革で解消するためにも、まずコミュニケーションの活性化を図る必要があります。

CRM/SFAツールを導入される企業によくある流れ

運営会社

ソフトブレーン株式会社 ロゴ

ソフトブレーンは、営業支援システムのeセールスマネージャー導入を中心に営業担当者の教育・トレーニング、スマートデバイスの導入・活用コンサルティングなどを通してこれまで6,700社以上の企業の営業課題解決をサポートしてきました。

本ブログにおいては、当社のこれまでの実績に基づき、営業の売上増や残業時間削減といったニーズに対して成果の出るノウハウをご紹介しております。
さらに具体的な営業組織の強化事例、日本の営業組織、文化に適した営業支援システムeセールスマネージャーの導入事例等を知りたい方は、是非、お問い合わせください。

貴社の業界・業種での営業改革成功事例をご紹介します。

まずはお気軽にご連絡ください。

無料コンテンツ

  • 5分で組織の課題が見える
    営業力診断テスト

    本テストは経営者・経営幹部・営業責任者の皆様に営業・マーケティングについて見直す機会をご提供したいと考え作成いたしました。

  • 営業ノウハウ読本

    約6,700社を超える企業の営業改革を支援し蓄積してきたノウハウ★大公開★

無料コンテンツ

  • 5分で組織の課題が見える
    営業力診断テスト

    本テストは経営者・経営幹部・営業責任者の皆様に営業・マーケティングについて見直す機会をご提供したいと考え作成いたしました。

  • 営業ノウハウ読本

    約6,700社を超える企業の営業改革を支援し蓄積してきたノウハウ★大公開★

  • ご不明な点はお問い合わせください

    03-6880-9500

ページトップへ