営業ラボ

営業力強化に役立つノウハウを公開
eセールスマネージャー 営業ラボ・ブログ 会社の生産性向上を目指す!実践のための方法とやるべきこと

会社の生産性向上を目指す!実践のための方法とやるべきこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

少子高齢化や出生率低下などが原因で、労働人口が減少している日本。人手不足の問題で事業経営に苦労している企業も少なくありません。
そのような状況の中で、生産性向上の重要性が叫ばれています。社員の労働時間の短縮や業務に対するモチベーションアップなどの効果を見込みながらも売上は向上させていかなければならないからです。そのようなことから、今後は各企業が事業を行う上で、生産性向上を考えていく必要があります。
具体的にどのようなことをすればよいのか、いろいろな方向から見ていきましょう。

生産性向上ってつまりはどういうこと?メカニズムや意味

企業経営をするにおいて、生産性向上の必要性が主張されるようになりました。労働に対して得られた成果の度合いを生産性と言いますが、それを向上させると少ない労力でより大きな利益をもたらすことが可能になるからです。
企業の社員に与えられた時間は限られているので、与えられた業務を機械的にこなすだけでは無駄が生じかねません。あらかじめ、必要な仕事とそうではない仕事を分けてから業務を行えば、効率的に進められるでしょう。
業務に必要のない仕事を事前に省いて必要な仕事だけに集中する、これが生産性を向上させるメカニズムです。
企業の生産性が向上すれば、社員の労働時間を短縮できるので、長時間残業問題の解消につながります。また、1つ1つの業務を行う意味が明確になるので、社員の仕事に対するモチベーションをアップさせられるでしょう。
これらの効果が得られる生産性向上は、企業経営にとって意味のあるものなのです。

生産性を上げるために!業務改善や時間管理の方法

生産性を向上させるには、限られた時間の中で効率的に業務を行う必要があります。そのためには、業務改善と時間管理は欠かせません。企業の業務を改善していくには、現状の課題を明確にして、それを組織一体が共通の認識を持ちながら対応策を考えなければなりません。そのためには、現状分析を行い、見つかった課題を関係者がわかるようにフィードバックする方法によって行います。時間管理をするためには、まず業務を行っている時間を洗い出すことから始めます。その後、重要度の高い業務から優先的にスケジュールを組んでいくのです。
その際、1つ1つの業務のかかる期間と期限を把握しておきましょう。そのようにしないと、いくら効率的なスケジュールを立てても、計画通りに実行できない場合が出てきます。

社員一人一人が実践!生産性向上のための方法

生産性向上をはかるには、企業で働く各社員の意識も大切になってきます。
社員一人ひとりが生産性を意識しながら業務に取り組むことで、その向上につながるのです。
社員は毎日仕事をする前に、当日の業務の流れをシミュレーションしておきましょう。1日の仕事内容をイメージしておくことで、予定を意識しながら業務に取り組めるため、生産性向上につながります。
次に、業務のスキルを貪欲に取得していくことも大切です。
社員一人ひとりの事務処理能力や人や業務の対応力が上がれば、必然的に生産性も向上していきます。毎日少しでもよいから成長するという社員の意識が、業務の効率化につながり、企業に大きな利益をもたらすようになるのです。円滑なコミュニケーションも生産性向上をはかるために欠かせません。社員同士で業務に関する伝達を行う際、スムーズに対話できれば、それが明確に伝わるので、すぐに業務に取りかかれます。そのため、日頃から社員同士で良好な関係を築く努力をしていくとよいでしょう。

取組み次第で会社は変わる!生産性向上のためにITを活用しよう

グローバル競争が激しくなったことによる業務の複雑化や、人手不足による各社員の多忙などが原因で、効率化できない企業もあるでしょう。しかし、現状分析を行ったり、時間管理によってスケジュールを明確にしたりすると、改善の余地があることを発見できる場合も少なくありません。また、社員側と経営側が、それぞれ少しの意識改革を行うだけで生産性が向上し、企業の状態が大きく改善していくのです。

経営期間の長い老舗企業ほど、これまでの成功体験の存在から、変化していくのにためらいを感じてしまうかもしれません。
しかし、従来のよい点を残しながら、時代に適したやり方を取り入れることで、企業をさらに発展させられるでしょう。
生産性向上をはかるための企業の各種管理方法は、ITを活用すべきです。自動化できる業務はITで巻き取り、そうではない業務と分類し改革を行うべきです。よりよい職場環境を作るため、その一歩を踏み出すことが大切です。

CRM/SFAツールを導入される企業によくある流れ

運営会社

ソフトブレーン株式会社 ロゴ

ソフトブレーンは、営業支援システムのeセールスマネージャー導入を中心に営業担当者の教育・トレーニング、スマートデバイスの導入・活用コンサルティングなどを通してこれまで6,700社以上の企業の営業課題解決をサポートしてきました。

本ブログにおいては、当社のこれまでの実績に基づき、営業の売上増や残業時間削減といったニーズに対して成果の出るノウハウをご紹介しております。
さらに具体的な営業組織の強化事例、日本の営業組織、文化に適した営業支援システムeセールスマネージャーの導入事例等を知りたい方は、是非、お問い合わせください。

貴社の業界・業種での営業改革成功事例をご紹介します。

まずはお気軽にご連絡ください。

無料コンテンツ

  • 5分で組織の課題が見える
    営業力診断テスト

    本テストは経営者・経営幹部・営業責任者の皆様に営業・マーケティングについて見直す機会をご提供したいと考え作成いたしました。

  • 営業ノウハウ読本

    約6,700社を超える企業の営業改革を支援し蓄積してきたノウハウ★大公開★

無料コンテンツ

  • 5分で組織の課題が見える
    営業力診断テスト

    本テストは経営者・経営幹部・営業責任者の皆様に営業・マーケティングについて見直す機会をご提供したいと考え作成いたしました。

  • 営業ノウハウ読本

    約6,700社を超える企業の営業改革を支援し蓄積してきたノウハウ★大公開★

  • ご不明な点はお問い合わせください

    03-6880-9500

ページトップへ