営業ラボ

営業力強化に役立つノウハウを公開
eセールスマネージャー 営業ラボ・ブログ 働き方改革は無理?残業時間の短縮はシステムで解決!

働き方改革は無理?残業時間の短縮はシステムで解決!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

働き方改革は、国も旗振り役に回るなど注目されているテーマです。多くの会社でも働き方を変えようと、さまざまなことが模索されていますが、実際は、思ったように残業時間の短縮が実現できない、生産性向上ができていないという悩みを抱えている企業が多いのではないでしょうか。働き方改革など本当に実現できるのだろうかと疑問を持っている経営者や管理者もいることでしょう。そこで、働き方改革を実現するための課題やシステム導入による解決などについてお伝えします。

時間外労働の上限規制をおさらい

働き方改革は、国の施策としても進められています。正規雇用者と非正規雇用者の同一労働同一賃金実現の取り組み、一部の労働者から残業規制を外すホワイトカラーエグゼンプションの検討などとともに、働き方改革の重要な柱としてあげられているのが労働時間の短縮です。労働時間を短縮することによって、すでに始まっている労働力人口の減少に対応し、生産性向上につなげることが狙いとされています。

労働時間短縮の具体的な対策としては、2019年より残業時間は原則として月45時間・年間360時間以内とし、労使協定を条件に上限月100時間未満とすることが打ち出されています。これまで残業時間には労使協定を行えば実質的に上限はなかったという実情がありましたが、働き方改革の一環として上限が定められたことは画期的なことだともいわれています。経営者としても労働時間短縮に本気で取り組まなければいけない環境になっているといえるでしょう。

本当に残業は減らせますか?

会社の方針として働き方を変えよう、残業を減らそうと号令をかけている経営者は増えていますし、以前と比較すれば管理者のレベルでも部下の残業が増えないように配慮するのは常識となっています。しかし、簡単に人員を増やせない経営環境が続く中、残業を減らすのは難しいという実態があります。仮に働き方改革に関連する法律が施行されたとしても、仕事の進め方が変わらない限り、法律だけで劇的に残業時間が減少すると期待するのは無理があるでしょう。現場の実態としては、退職者が出ても補充されず新入社員が入ってもすぐに辞めてしまうなどが原因で、1人あたりの仕事量が多いという実態は変わらないという企業も多いようです。

また、突発的な仕事が発生することで残業が増えたり、大企業での労働時間短縮のしわ寄せが中小企業にきたりといった問題点は、法改正で解決されるわけではありません。会社として有効な対策をとらないかぎり残業時間は減らない可能性が高いといえるでしょう。

残業時間短縮は労働生産性の向上が不可欠

残業時間短縮の対策としては、実質的な仕事量を減らすことが有効であることは間違いありませんが、生産性を変えないで1人当たりの仕事量を減少させるためには人員を増やすしかありません。しかし、人件費の負担を増やすことは、経営判断として難しい場合が多いです。そうなると、生産性を向上させることが有効な対策となります。生産性は、仕事をしている人の集中力によって左右される面があります。

そのため、生産性を上げるためには、社員1人1人の意識改革を促し働き方を変えることが重要になります。意識を高めることによって、自発的な作業方法の工夫が行われる、集中力が高まるなどといった効果が期待できます。強制的な消灯や仕事の標準化なども一定の効果があると考えられますが、社員の意識が改革されないかぎり、残業時間が本格的に短くなることは期待できないでしょう。さらに、社員の意識の変化だけに頼るのも限界があります。経営者としてはその他の有効な対策を考える必要があるでしょう。

残業時間の短縮に!システム導入で業務効率化を!

社員の意識改革だけに頼らないとすれば、どんな方法が考えられるでしょうか。ポイントは、無駄な仕事を減らして業務を効率化することに着目することです。そのためには、業務効率化に優れたシステムを導入するという選択肢が考えられます。業務効率を改善するシステムとしてはさまざまなものがありますが、営業支援ツールであるSFAや顧客管理ツールであるCRMの導入がおすすめです。日報作成の時間短縮、スケジュール管理の効率化、受注・売上管理業務の簡略化などの効果が期待できます。こういったシステムを導入して付帯業務や管理業務の効率化ツールを経営者として社員に提供できれば、社員の意識改革も進みやすくなるはずです。

理想的には全社一斉に導入することが望ましいでしょう。業務効率化のためのシステムは、1つの部門だけではなく、関連部門も同時に利用することでその効果を最大限発揮するようになります。システムを上手く活用すれば残業時間短縮実現の近道となるはずです

働き方改革は企業の至上命題!

政府主導の働き方改革によって残業に関する法的な規制は厳しくなります。残業時間が減らない状況が続けば、将来的に法律違反になるリスクを抱えることになってしまいます。そういったリスクを回避するためにも、社員の意識改革とともに全社的に業務効率化システムを導入することによって、残業時間の短縮に真剣に取り組むことをおすすめします。

残業時間の短縮が実現できれば、その分だけ会社の業績アップにつながることも期待できるでしょう。

CRM/SFAツールを導入される企業によくある流れ

運営会社

ソフトブレーン株式会社 ロゴ

ソフトブレーンは、営業支援システムのeセールスマネージャー導入を中心に営業担当者の教育・トレーニング、スマートデバイスの導入・活用コンサルティングなどを通してこれまで6,700社以上の企業の営業課題解決をサポートしてきました。

本ブログにおいては、当社のこれまでの実績に基づき、営業の売上増や残業時間削減といったニーズに対して成果の出るノウハウをご紹介しております。
さらに具体的な営業組織の強化事例、日本の営業組織、文化に適した営業支援システムeセールスマネージャーの導入事例等を知りたい方は、是非、お問い合わせください。

貴社の業界・業種での営業改革成功事例をご紹介します。

まずはお気軽にご連絡ください。

無料コンテンツ

  • 5分で組織の課題が見える
    営業力診断テスト

    本テストは経営者・経営幹部・営業責任者の皆様に営業・マーケティングについて見直す機会をご提供したいと考え作成いたしました。

  • 営業ノウハウ読本

    約6,700社を超える企業の営業改革を支援し蓄積してきたノウハウ★大公開★

無料コンテンツ

  • 5分で組織の課題が見える
    営業力診断テスト

    本テストは経営者・経営幹部・営業責任者の皆様に営業・マーケティングについて見直す機会をご提供したいと考え作成いたしました。

  • 営業ノウハウ読本

    約6,700社を超える企業の営業改革を支援し蓄積してきたノウハウ★大公開★

  • ご不明な点はお問い合わせください

    03-6880-9500

ページトップへ