営業ラボ

営業力強化に役立つノウハウを公開
eセールスマネージャー 営業ラボ・ブログ 上手くいくデータ分析とは一体?

上手くいくデータ分析とは一体?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
データ分析

経営戦略におけるデータ分析の重要性は、あちこちで叫ばれるようになりました。
しかし、具体的に「データ」が何を意味するのか、「分析」とは何をするのか詳細を理解していない方も多いのではないでしょうか。原題のビジネスシーンに取り残されないためにも、データを有効利用する経営のあり方について、しっかりと学んでおくことをおすすめします。ここでは、ビジネスにおけるデータの意味するところやデータ分析の方法について深く考えていきます。

データ分析に不可欠!重要なポイント

ビジネスシーンでのデータ分析とは、企業の経済活動に関するさまざまなデータを収集し、傾向を発見したり、顧客の反応を見極めたりするプロセスを通して、企業の成長に役立てる作業です。

データ分析において、何よりも重要視されるポイントは「目的の設定」です。目的がない状態でデータ分析をしようとしても、必要なデータと不要なデータの見分けがつきません。また、データ分析で注力するべき部分が見えないため、曖昧な結果しか導けないでしょう。「売上アップのため」「生産率向上のため」などの明確な目的があってこそ、データ分析は効力を発揮します。

そして、データ分析においてはイレギュラーな前提条件が発生するようなものを集めても日常的な業務効率化には役立たないので、当たり前のことを当たり前にやり遂げた際のデータ収集が大切になってきます。

まずデータ分析をするには何から始める?

目的を設定し、企業がデータ分析を開始しようとするとき、「必要なデータ」の選定から始めます。データ分析はあらゆるデータを活用すればいいわけではなく、SNSの効果を見極めたいならアクセス解析のデータが必要ですし、売上と季節の関係を調べたいなら販売履歴のほか気象データなどの収集が必要です。また、近年では「メタデータ」と呼ばれる小さなデータからも顧客情報を解析できるといわれており、どの程度の分析を行うかで収集すべきデータの質と量は変わります。

良質なデータが集まるほど、分析結果は信用が置けるものとなります。例えば営業活動の改善や売上向上を目的にする場合は、CRMやSFAと呼ばれるツールを活用することで日々の営業活動の詳細データを収集することができるようになります。何を目的にどこまでデータ分析をしたいかでデータ収集するツールを検討するのが良いでしょう。

ビジネスに役立つ!分析手法事例を紹介

データ分析にはさまざまな種類があり、目的に応じて使い分けるようにしましょう。ここでは例として2種紹介します。1つは、商品の関連性を知るための「バスケット分析」です。全く違ったジャンルの商品でも、なぜか同時に購入する顧客が多いケースがあります。そこで、バスケット分析では商品の組み合わせデータから、顧客の消費活動を分析します。まるで顧客の買い物かご(バスケット)をのぞくように、消費者がどんな組み合わせで買い物をするのかを洗い出します。

もう一つはABC分析でデータを決められた基準によって「Aクラス」、「Bクラス」と順位付けしていく方法です。たとえば、クレーム数が少ない順から「Aクラス」「Bクラス」「Cクラス」と分け、発注数の参考にします。Aはたくさん発注し、Bは現状維持、Cは撤退など、客観的なデータ分析をもとに仕事を行えば、主観に振り回されず業務効率化に役立ちます。

データ分析の事例の紹介

近年ではインターネットを使った広報展開が浸透したため、ネット上でデータの収集と分析を行う事例が増えました。中でも、SNSは消費者の率直な感想や傾向を追及する際に有効なメディアです。
たとえば、自社製品がどんなワードと一緒にツイッター上でつぶやかれているかを解析すると、製品の顧客満足度が探れます。また、関連づけられている場所や有名人を理解でき、宣伝戦略にも生かせるでしょう。
成功しているデータ分析に共通しているポイントは、信用できる方法でデータを収集していることです。ごく限定された空間で収集されたデータは客観性を欠いたり、普遍的な条件を満たしていなかったりする可能性があります。目的に応じたデータを収集するために適切な方法を選択し、努力を積み重ねて初めて適切なデータは手に入ります。データを取り扱う際には分析ツールだけでなく、収集手段にも気を配りましょう。

データ分析を仕事の効率化に役立てよう

以前は、業務効率化に役立つデータといえば、売上数値のほか、顧客からのアンケートなどに頼らざるをえませんでした。しかし、アンケートは全ての顧客が書いてくれるわけではなく、情報の客観性が高いとは断定しにくいデータです。かつては、精密なデータ分析が困難だったといえるでしょう。

しかし、現在ではインターネットの一般化やデータ分析ツールの進化によって、データ収集から分析にいたるまでの精度が格段に向上しました。ライバル企業に差をつけるには、集まってくるデータをいかに有効活用するかというポイントも挙げられるでしょう。

正確なデータ分析は、人間の主観が混ざらない真実の市場動向を教えてくれます。データ分析は企業の成長を促し、大幅に業務効率化できる武器になりえます。積極的にデータ分析を業務に取り入れて、時代に乗り遅れないようにしましょう。

CRM/SFAツールを導入される企業によくある流れ

運営会社

ソフトブレーン株式会社 ロゴ

ソフトブレーンは、営業支援システムのeセールスマネージャー導入を中心に営業担当者の教育・トレーニング、スマートデバイスの導入・活用コンサルティングなどを通してこれまで6,700社以上の企業の営業課題解決をサポートしてきました。

本ブログにおいては、当社のこれまでの実績に基づき、営業の売上増や残業時間削減といったニーズに対して成果の出るノウハウをご紹介しております。
さらに具体的な営業組織の強化事例、日本の営業組織、文化に適した営業支援システムeセールスマネージャーの導入事例等を知りたい方は、是非、お問い合わせください。

貴社の業界・業種での営業改革成功事例をご紹介します。

まずはお気軽にご連絡ください。

無料コンテンツ

  • 5分で組織の課題が見える
    営業力診断テスト

    本テストは経営者・経営幹部・営業責任者の皆様に営業・マーケティングについて見直す機会をご提供したいと考え作成いたしました。

  • 営業ノウハウ読本

    約6,700社を超える企業の営業改革を支援し蓄積してきたノウハウ★大公開★

無料コンテンツ

  • 5分で組織の課題が見える
    営業力診断テスト

    本テストは経営者・経営幹部・営業責任者の皆様に営業・マーケティングについて見直す機会をご提供したいと考え作成いたしました。

  • 営業ノウハウ読本

    約6,700社を超える企業の営業改革を支援し蓄積してきたノウハウ★大公開★

  • ご不明な点はお問い合わせください

    03-6880-9500

ページトップへ