営業ラボ

営業力強化に役立つノウハウを公開
eセールスマネージャー 営業ラボ・ブログ BIツールとは?導入する前に知っておきたいBIツールでできること

BIツールとは?導入する前に知っておきたいBIツールでできること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
BIツールとは

企業には、さまざまなデータが日々蓄積されていきます。それらのデータをうまく活用することが、ビジネスの成功へとつながるでしょう。しかしながら単に蓄積していくだけでは、それらデータを有効に活用することは困難です。
そこで活躍するのがBIツールとなります。BIツールを使えば、蓄積された大量の社内データを効率よく分析して、売上のアップへとつなげることが可能です。

当記事では、それらBIツールについて詳しく解説していきます。

BIとはビジネスインテリジェンスのこと・・・その定義とは?

ビジネスインテリジェンス(Business Intelligence、BI)とは、企業内に蓄積されたさまざまなデータを統合して分析、加工することにより、企業の意思決定に役立つ情報を生み出すことです。BIツールとはそのビジネスインテリジェンスを実現するために開発されたシステムです。

BIツールは、いままで漠然と蓄積されていた企業内の会計や営業、在庫、販売、生産管理などの膨大なデータを統合、分析し、結果を表やグラフなどわかりやすい形に加工してアウトプットしてくれます。企業はそれらの出力結果を活用することにより、今後の意志決定を迅速に行うことができるようになるのです。

BIツールの導入で得られるメリットとは?

BIツールを使用することにより、今までは多くの人手と時間を要していたデータの分析や加工が簡単にできるようになります。

BIツールの中には、データを分析するための高度なスキルがない社員でも使えるという手軽さがあるため、企業の意思決定といった用途以外に、現場単位での業務プロセス改善といったことにも利用することができます。データの分析結果を現場ですぐに活かすことができるため、リアルタイムに売り上げを伸ばすといった用途に役立てることができるでしょう。

また、社内ポータルやモバイルデバイスとの連携も比較的容易にできるため、全社的に情報共有をすることも可能です。

BIツールで具体的にできること

BIツールには、用途に合わせた機能が用意されています。レポート機能は、大量に蓄積されたデータを統合し分析した結果を定型、非定型のレポートとして出力してくれる機能です。レポートはPDFやExcel、Word、CSV、Webなどさまざまな形式に出力することができます。上司などへの報告書作成に多くの時間を割いていた担当者も、レポート機能を使うことにより効率的に報告書を作成することが可能となるでしょう。

BIツールのOLAP分析は、専門的な知識が必要とされていた複雑なデータの分析を一般社員でも比較的容易に行える環境を与えてくれます。

また、統計学やパターン認識などさまざまな分析手法を使ったデータマイニング機能により、大量のデータの中から意味のある関係性や傾向などを導き出すことができるでしょう。

プランニングツールを利用すれば、企業経営に関わるさまざまな計画を比較、シミュレーションし、分析することにより、計画の実現性や妥当性を検討することが可能となります。

3つのBIツールのうち自社と相性がいいのはどれか?

BIツールには3つのタイプがあります。基幹系結合型は、社内の基幹システムと連携する機能をもったBIツールです。基幹システムとの連携を図ることにより、有用なデータを分析することが可能となります。しかし連携を図るための開発が必要となり、それなりのコストもかかるといったことは否めません。

BI特化型は既存のシステムとの連携を図るといったことのない独立したBIツールです。開発を必要とする規模の大きな製品もありますが、すぐに使用することのできる手軽で安価な製品もあります。開発をともなう製品の方が当然機能は充実していますが、費用や開発期間が長くなるといった面を考慮しなければなりません。

アウトプット専用型は、アウトプットに特化したBIツールです。分析結果をビジュアル化し、高速処理してくれることが特徴の製品となります。

BIツールのタイプは、自社のデータの状態や開発にかけられる費用、時間などを考慮し、慎重に選択する必要があるでしょう。

使うだけじゃない!BIツールの結果をどう活かす?

BIツールは、ただ漠然と導入しただけでは役に立ちません。目的を明確にしてから導入を検討する必要があります。解決したいことや問題点を把握してはじめて、導入する製品を決め、導入計画を立てることができるのです。

BIツールは日々蓄積されたデータを分析するだけではなく、結果をどう活かすかが大切となります。目的を明確にしたうえでBIツールを導入すれば、経営に関する意志決定を迅速に行ったり、売り上げをシミュレーションしたりといったことが必要に応じて容易にできるようになるでしょう。

また、ビジュアル化された結果を日々検証することにより、ビジネスにおける改善点を常に模索することも可能になります。

効率よく仕事を回せるBIツール

BIツールは、企業に日々蓄積される有用なデータを効率よくまとめ、分析し、わかりやすい形にしてアウトプットしてくれる便利な製品です。高度な分析スキルをもたない一般社員でも比較的容易に使用することができるため、その分析結果を企業トップだけでなく、現場単位で活用することが可能となるでしょう。解決したいことや問題点などを明確にし、自社の用途にあったBIツールを選んで、ビジネスの成功に向けて活用してみてください。

CRM/SFAツールを導入される企業によくある流れ

運営会社

ソフトブレーン株式会社 ロゴ

ソフトブレーンは、営業支援システムのeセールスマネージャー導入を中心に営業担当者の教育・トレーニング、スマートデバイスの導入・活用コンサルティングなどを通してこれまで6,700社以上の企業の営業課題解決をサポートしてきました。

本ブログにおいては、当社のこれまでの実績に基づき、営業の売上増や残業時間削減といったニーズに対して成果の出るノウハウをご紹介しております。
さらに具体的な営業組織の強化事例、日本の営業組織、文化に適した営業支援システムeセールスマネージャーの導入事例等を知りたい方は、是非、お問い合わせください。

貴社の業界・業種での営業改革成功事例をご紹介します。

まずはお気軽にご連絡ください。

無料コンテンツ

  • 5分で組織の課題が見える
    営業力診断テスト

    本テストは経営者・経営幹部・営業責任者の皆様に営業・マーケティングについて見直す機会をご提供したいと考え作成いたしました。

  • 営業ノウハウ読本

    約6,700社を超える企業の営業改革を支援し蓄積してきたノウハウ★大公開★

無料コンテンツ

  • 5分で組織の課題が見える
    営業力診断テスト

    本テストは経営者・経営幹部・営業責任者の皆様に営業・マーケティングについて見直す機会をご提供したいと考え作成いたしました。

  • 営業ノウハウ読本

    約6,700社を超える企業の営業改革を支援し蓄積してきたノウハウ★大公開★

  • ご不明な点はお問い合わせください

    03-6880-9500

ページトップへ