営業ラボ

営業力強化に役立つノウハウを公開
eセールスマネージャー 営業ラボ・ブログ 顧客管理ソフト10選! 選ぶときの注意点とは?
顧客管理_web

顧客管理ソフト10選! 選ぶときの注意点とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

顧客管理はエクセルなどを使って個人のパソコン内のみで管理する方法もありますが、クラウド上で管理する方法があることもご存知でしょうか。
インターネット環境さえあればアクセスできる顧客管理ソフトを使用すれば、より業務を効率化できる可能性があります。

そこでこの記事では、顧客管理ソフトを選ぶ上での注意点などを踏まえ、おすすめのソフトを一覧として紹介していきます。

顧客管理ってそもそも何? どんな役割があるの?

勤怠管理

まずは顧客管理とは何か、改めて理解しておきたいところ。
主な役割は、以下で紹介する2つとなります。

1)顧客情報の蓄積

顧客となる企業の財務データやキーマン、契約内容や契約変更の履歴・更新時期、さらには契約に至るまでの経緯といった情報を蓄積する役割があります。

営業担当者が変わっても、これまで蓄積された情報にいつでもアクセスできる仕組みを整えることがポイントです。

2)収集した情報の活用

契約更新時期に向けてアプローチを行うタイミングを把握したり、他のサービスを売り込むチャンスがあるかどうかを判断したりと、顧客情報を活かすことも考えていかなければなりません。

顧客情報を上手く活用してはじめて、売上アップにつながるでしょう。

顧客管理ソフトの3つの特徴

前述した顧客情報を蓄積したり、活用したりする手段となる顧客管理ソフトには、主に3つの特徴があります。

1)必要な情報が瞬時に取り出せる

顧客管理ソフトには顧客別、担当者別、関連案件別などの検索機能があり、必要な情報を瞬時に取り出すことが可能です。

顧客情報を取り出す手間が軽減されることで、営業担当者の仕事効率も向上するかもしれません。

2)いつでも複数人がアクセス可能

クラウド型の顧客管理ソフト限定ですが、インターネット経由で、複数人が顧客情報にいつでもアクセスできる状態を確保できます。

3)移動中でも最新の顧客情報を素早く入力できる

クラウド型の顧客管理ソフトなら使用可能なデバイスが限定されません。
そのため営業担当者は移動中であっても、スマホを通じて最新の顧客情報を素早く入力可能です。

入力直後からデータは共有されるため、その他の上司や同僚も最新の情報をいち早く確認することができるでしょう。

選ぶときの注意点を踏まえ、主要な顧客管理ソフト10選を紹介!

では、注意点を踏まえた上で、主要な顧客管理ソフトを厳選して紹介していきます。

顧客管理ソフトを選ぶときの3つの注意点

情報が共有しやすい「クラウド型」を選ぶ

顧客管理ソフトには、インストール型とクラウド型があります。

インストール型はソフトをインストールしているデバイスでしか使用できませんが、クラウド型であれば、インターネットにアクセスできる環境ならどのデバイスでも利用可能。
複数人への情報共有も容易です。

操作画面は誰でも使いやすい仕様か

機能が豊富でも、操作画面が複雑であれば情報を入力する側のハードルも高くなってしまいます。
これでは、担当者がデータ入力を継続することは難しいでしょう。

そのためITツールに詳しくない人でも無理なく入力できるよう、シンプルな操作画面のソフトを選びましょう。

自社で必要な機能は揃っているか

使いやすい操作画面のほうが良いとはいえ、使用したい機能が揃っていなければ、顧客管理ソフトを導入した意味がありません。

例えば営業支援を目的とするのであれば、案件や商談の管理機能だけでなく、日報やスケジュール管理、名刺のデジタル化機能なども付いているのか、確認してみましょう。

クラウド型に厳選! 主要な顧客管理ソフト10選

クラウド型に厳選して、以下では、主要な顧客管理ソフトを一覧として整理してみました。

システム名 特徴 価格(1ユーザー当たり) 導入企業数
Zoho CRM ・グローバルで利用される外国産の顧客管理ソフト
・レポート作成、営業フォローのメール送信などの業務を自動化
・無料期間が15日間ある
月額:1440円〜 15万社以上
kintone ・国産の顧客管理ソフト
・顧客管理だけでなく、データ分析からコミュニケーション領域まで無料のアプリが多数用意され、自由にカスタマイズ可能
・無料期間が30日ある
月額:780円〜 1万社以上
Sansan ・国産の顧客管理ソフト
・名刺をスキャンするだけで、顧客情報をデータ化可能
・帝国データバンクと連携
・「組織ツリー」によって未接触のキーマン情報も可視化
要問合せ 6000社以上
SalesForce sales Cloud ・グローバルで利用される外国産の顧客管理ソフト
・SFAからCRM領域まで機能がとにかく豊富・高機能であるがゆえに慣れるまでに時間がかかる
・無料期間が30日ある
月額:3000円~ 15万社以上
eセールスマネジャー Remix Crowd ・国産の顧客管理ソフト
・エクセルライクな操作画面・企業データベースやMAツール、BIツールなどとの連携も可能
・導入から運用までをサポート
・無料期間が30日ある
月額:1000円~ 5000社以上
hubspot(ハブスポット) ・グローバルで利用される外国産の顧客管理ソフト
・顧客の情報管理やコミュニケーションの追跡、良好な関係構築に至るまでの基本機能は無料で利用可能
・有料となるが、MA、SFA、CRM機能がワンセットで提供されている
基本は無料(追加機能に応じて料金が変動) 7万3400社以上
Senses ・国産の顧客管理ソフト
・メールや各種のデータベース連携が容易
・案件や顧客管理だけでなくメールからの顧客登録など直感的に操作ができる
・無料期間が30日ある
月額:5000円~ 1300社以上
ちきゅう ・国産の顧客管理ソフト
・使わない機能を排除したシンプルな操作画面
・商談をかんばん方式で一覧として確認できる
・GoogleやSlackなどとの連携が可能
・無料期間が30日ある
月額:1480円~ 600社以上
SkyDesk ・国産の顧客管理ソフト
・名刺をデジタル化して一元管理
・営業案件の見込み数値を自動集計
・メールマガジンの自動配信機能搭載
・無料期間が2週間ある
月額:9120円~ 不明
Microsoft Dynamics 365 ・グローバルで利用される外国産の顧客管理ソフト
・マーケティング
/営業/カスタマーサポートなど、利用できる部署の幅が広い
・カスタマイズ性や機能の拡張性が高い
・Outlook/Excel/WordなどMicrosoft社製品との連携が可能
要問合せ 不明

クラウド型ソフトで顧客管理を行う方法とは?

「クラウド上で顧客管理を行うイメージが湧かない」という経営者や管理者もいるかもしれません。

そこで、クラウド型の顧客管理ソフトの利用方法についてざっくりと紹介していきます。

出先での顧客情報の入力が可能

顧客管理ソフトの特徴部分でも紹介しましたが、業務終了後にオフィスに戻って顧客情報を入力していたスタイルを、顧客訪問を終えた直後の移動中にスマホなどで入力するスタイルに変更可能となります。

最新の顧客情報が常に共有されている状態を維持できるでしょう。

顧客の興味関心度合いに合わせたアプローチもできる

顧客情報を顧客別、担当者別に確認できるのはもちろん、既存顧客と確度の高い見込み客、さらには通常の見込み客に分けての把握も可能。

顧客の興味関心度合いに合わせて、営業はアプローチを変えることもできるでしょう。

顧客情報の活かし方しだいで業績UPにつながる

進め方とポイント

クラウド上で顧客管理を実施できれば、情報を常に最新の状態にキープできます。
さらには、複数人が場所や時間を選ばずにアクセスできるといったメリットを得られるでしょう。

顧客情報を営業やマーケティング、商品開発などに活かすことできれば、業績UPにもつながる可能性があるため、ぜひクラウド型の顧客管理ソフトの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ソフトブレーンのセミナーなら

ソフトブレーン セミナー

ソフトブレーンは営業支援システムのeセールスマネージャー導入を中心に営業担当者の教育・トレーニング、導入・活用コンサルを通し、これまで7,000社以上の企業の営業課題解決をサポート。

セミナーではテレワークの導入、営業の売上増や残業時間削減といったニーズに対し成果の出るノウハウをご紹介。

貴社の業界・業種での営業改革成功事例をご紹介します。

Category

Ranking

書籍無料プレゼント中

ホワイトペーパー無料配布中

テレワーク特集はこちら!

ページトップへ