営業ラボ

営業力強化に役立つノウハウを公開
eセールスマネージャー 営業ラボ・ブログ HubSpot CRMとはどんなシステムか解説!評判・口コミも紹介
HubSpot CRMとはどんなシステムか解説!評判・口コミも紹介

HubSpot CRMとはどんなシステムか解説!評判・口コミも紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

売上目標を達成するために、HubSpot CRMの導入を検討していませんか?

HubSpot CRMは有名で導入企業も多いシステムです。しかし、自社にも合うかどうかはまた別の話。売上目標の達成が目的なら、HubSpot CRMが自社に合っているかどうかをきちんと見きわめなければいけません。

そこで今回、HubSpot CRMの概要や評判から導入をおすすめできる企業、機能などを紹介していきます。

HubSpot CRMとは無料でメリット多数のCRM

メリット

最初にHubSpot CRMがどんなツールかをおおまかに説明すると、「完全無料ながらメリットが多数あるCRM」といえます。

国内でも有名な、アメリカのマーケティング会社であるHubSpot社が開発しており、世界90ヶ国以上の約34,000社が導入済みです。

世界中で愛用される理由は、主に以下3点となります。

  • 無料なので気軽に導入しやすい
  • 機能が豊富
  • 有料に切り替えるとSFAやMAもセットで使える

もちろん上記のようなメリットばかりではなく、英語の表記が多かったり、顧客情報の重複を統合する機能がなかったりというデメリットもあります。

しかし、ビジネスを円滑にしてくれるCRMとしての機能が充実していながら、無料というのはうれしいポイント。そして、有料にはなりますがSFAやMAといった機能も用意されています。

無料で使い慣れたCRMに必要な機能を加えることで、大企業からスタートアップ企業まで、多種多様な企業に愛用されているのです。

なお、CRMやSFAのメリットや詳細などは、以下の記事に詳しくまとめているので、必要に応じてご参考ください。

評判・口コミから使用をおすすめできる企業

問題点

ここからは、HubSpot CRMを実際に使っている企業の評判・口コミを紹介していきます。

導入したCRMを切り替えるのは手間がかかり、現場にも負担がかかります。
自社が欲しい機能や要望に定評のあるCRMかをきちんと確認しておきましょう。

実際、HubSpot CRMは実績のあるCRMですが、導入されたすべての企業から高評価を得ているわけではありません。

HubSpot CRMを使っている企業の口コミや評判を確認し、自社に合いそうかを考えていきましょう。

HubSpot CRMの評判・口コミ

代表的なHubSpot CRMの評判と口コミは、以下のとおりです。

  • 他のCRMから切り替えたところ作業スピードが上がった
  • 無料ながら中小企業なら必要十分の機能が備わっている
  • ビジネスの上流から下流まで応用がきく
  • Google Analyticsなどの他社の有名ツールと合わせて使いやすい
  • リンク先のヘルプページなどが英語の場合が多々ある
  • 広告管理やMAなどの有料機能を使うと相応の価格になる

良い評判・口コミとして、無料ながら充実した機能が備わっており、ビジネスを効率化できたというものが多いです。

一方で悪い評判・口コミも中にはあります。

日本語化が十分でないという意見や、使い勝手に慣れが必要、という意見などです。
CRMやSFAといったツールは、国産のものよりも海外産のものが多いので、日本語での使い勝手にこだわりたいのであれば、国産ツールを選ぶと良いでしょう。

HubSpot CRMがおすすめの企業

前述した評判・口コミと後述する機能から、HubSpot CRMがおすすめできる企業も詳しく解説していきます。

具体的には、以下2つにあてはまる企業に、HubSpot CRMは特におすすめです。

  • 安価にCRMを使いたい企業
  • 段階的なITツール導入を検討している企業

それぞれ、HubSpot CRMがおすすめできる理由やメリットを解説していきます。

安価にCRMを使いたい企業

安価にCRMを使い始めたい企業や既存のCRMの費用を削りたい企業にとって、無料かつ機能が充実しているHubSpot CRMは導入を検討すべきツールです。

ただし、CRMの機能は完全に無料な一方で、広告管理やMAといった機能は有料になるので、注意が必要です。HubSpot社はインバウンドマーケティング、すなわち見込み客から企業へのアプローチを増やす施策を提唱しています。

開発している製品は、コンテンツマーケティングやEメールマーケティングなどを効率化する意図が強いです。そして、有料プランにしても昔ながらの外回りの営業を効率化してくれる機能には期待できません。

外回りの営業や雑誌といった物理的な媒体への広告、イベント・セミナーの効率化などもしてほしいなら、HubSpot CRMよりも適したツールがあるでしょう。

したがって、市場が細分化されている業種など、インバウンドの施策が効果的であり、かつなるべく安価にCRMを使いたい企業にはHubSpot CRMはおすすめといます。

段階的なITツール導入を検討している企業

無料のCRMから始めて、段階的にITツールを導入したい企業にもHubSpot CRMはおすすめといえます。

というのも、有料ながらSFAとMAの機能を追加でき、成功企業の多くが導入しているツールを1つのアプリでそろえられるからです。
各ツールをHubSpotで統一すると、二重入力や入力の抜けもれも防ぎやすくなるのもメリットです。

参考までに、HubSpotの有料の料金プランは以下の3つです。

  • Starter:月額6,000円
  • Professional:月額96,000円
  • Enterprise:月額384,000円

それぞれの料金プランで使えるようになる機能は多岐にわたるので、あらかじめ詳細を知っておきたい場合は、HubSpotの公式サイトを確認するのをおすすめします。

参考:https://www.hubspot.jp/pricing/marketing?edition=starter&term=monthly

営業部がHubSpot CRMを使うメリット

CRMに対して、マーケティングの担当部署が使うものというイメージを持っていないでしょうか?

たしかに、マーケティング部にもCRMは有用ですが、実は営業部にこそメリット多数なのがCRMであり、HubSpot CRMも営業部がメインに使うべきツールといえます。

ここではHubSpot CRMを営業部が使うメリットを3点、紹介しましょう。

  • 効率的に案件を進捗できる
  • 営業部として顧客情報を管理しやすくなる
  • 新規顧客の獲得や既存顧客のフォローも効率化できる

参考:https://dejimachain.jp/hubspot-crm/

上記3つのメリット詳細をそれぞれ解説していきます。

効率的に案件を進捗できる

HubSpot CRMには、効率的に案件を進捗できる機能が多数用意されているので、売上向上が見込めます。
欲しい顧客情報を効率的に収集したり、濃い案件になりそうかを見きわめる機能があるからです。

ただし、先にも紹介したとおり基本的にHubSpot CRMはインバウンドマーケティングを主眼にしたツールなので、オンライン上での案件進捗の効率化がメインになります。

営業部として顧客情報を管理しやすくなる

HubSpot CRMに顧客の最新情報が蓄積されていくので、営業部全体で顧客情報を管理しやすくなるのもメリットです。

単純に、最後にどのようなアプローチをしたかを確認できるだけではなく、メールや電話といったコミュニケーションを管理画面から直接とれ、スケジュールの設定などもできます。

もちろん、セールスメールの文面などはテンプレートから呼び出せるので効率的な営業が可能です。
また、メールの開封率やリンクのクリック率、添付資料のダウンロード率なども測定できます。

営業活動の現状を可視化する機能もあるので、営業マネージャーとしても顧客の管理をしやすくなるでしょう。

新規顧客の獲得や既存顧客のフォローも効率化できる

HubSpot CRMには、SNSでの新規顧客の獲得を効率化する機能やWebチャットで既存顧客を支援できる機能もあります。
飛び込み営業やイベント以外で新規顧客を発掘でき、顧客をロイヤルカスタマーに育てる活動を効率化できるわけです。

いずれも外回りの営業担当者でなくてもできることなので、インサイドセールス担当者を新たにおくといった営業部の体制を見直すのもありでしょう。
実際、CRMやSFAといったツールを導入している企業では、インサイドセールスで大きな成果を上げているケースが少なくありません。

インサイドセールスについての詳細が知りたい場合は、以下の記事をご参考ください。

HubSpot CRMの機能を紹介

設定方法

先に紹介した営業部がHubSpot CRMを導入するメリットの根拠として、具体的な機能を紹介していきます。

まず、機能は大きくわけて、以下の3種類です。

  • 顧客情報収集・管理
  • 顧客とのコミュニケーション支援
  • SNS広告

上記3つの機能の分類ごとに詳細を解説していきます。

顧客情報収集・管理

顧客情報の収集と管理を支援してくれる機能は、以下の9つです。

  • フォーム
  • リードフロー
  • ウェブチャット
  • チャットボット
  • パイプライン管理
  • ダッシュボード管理
  • リード管理
  • 企業インサイト
  • アクティビティフィード

フォームやリードフロー、ウェブチャット、チャットボットは、自社サイトを効率化してくれる機能で、案件の進捗と顧客の満足度向上などに期待できます。

パイプライン管理とダッシュボード管理を使うと、案件の進捗状況や担当者の実績、取引額などをすばやく確認可能です。
タイミングを見落とすことなく営業活動ができます。

リード管理や企業インサイト、アクティビティフィードは、基本的に顧客情報の管理機能です。
HubSpot CRMを通してアプローチした場合は自動で記録もされるので、営業活動の履歴を把握できます。

顧客とのコミュニケーション支援

顧客とのコミュニケーションを通した営業を効率化してくれる機能もHubSpot CRMにはあります。

  • GmailやOutlookなどとの連携
  • Eメールのトラッキング
  • Eメールテンプレートとドキュメント
  • コミュニケーションの受信トレイ
  • カスタマーサポートチケット作成

GmailやOutlookなどとの連係機能やEメールのトラッキング・テンプレート・ドキュメントの機能は、メールを通した営業の効率化をしてくれる機能です。

先に紹介した「顧客情報収集・管理」の機能と合わせて、画一的なコミュニケーションを通した営業が可能になり、いちいち営業担当者が文面を考える必要なくなります。
また、メールや電話からメモを作成したりタスクやスケジュールを作ったりもできるので、抜けもれも未然に防げるでしょう。

コミュニケーションの受信トレイとカスタマーサポートチケット作成機能は、チームでの顧客対応を可能にする機能といえます。
たとえば、チャットで届いた顧客からの質問にメールで回答したり、担当者に処理を振り分けたりできます。

SNS広告

HubSpot CRMはSNSの広告出稿もでき、新規顧客の獲得の効率化が見込めます。

出稿した広告の反応率を記録できるのはもちろん、獲得した顧客情報を手間なくHubSpot CRMに移行し、もれなく営業の対象にしていけます。

一番重要なのは自社にピッタリのCRMを選ぶこと

働き方改革とは

ここまでHubSpot CRMの紹介をしてきましたが、他にもCRMは多くあり、最も重要なのは自社に一番合いそうなCRMを比較して選ぶこと。
あくまでも、営業成績やシェアを効率的に伸ばすのが目的であって、CRMを導入すること自体が目的ではないはずです。

HubSpot CRMはたしかに優れたCRMですが、他により自社にあうCRMがある可能性を考えると、比較検討しないと機会損失のリスクが発生します。
もっとも、比較検討する労力をかけすぎるのも考えもの。

そこで、CRMの比較が簡単にできるツールを用意したので、ぜひ活用してください。

CRMで売上目標を効率的に達成しよう

マネジメントの成功事例

HubSpot CRMの詳細やメリットなどを紹介してきましたが、理解は深まったでしょうか?

今回の内容をまとめるので、振り返ってみてください。

  • HubSpot CRMは無料でメリット多数のCRM
  • 安価にCRMを使いたい企業と段階的にITツール導入したい企業におすすめ
  • 優れたCRMだが他のCRMと比較検討するのが重要

HubSpot CRMは無料ながら優れており、ぜひとも導入を検討したツールです。
しかし、きちんと比較した上で選ばないと、実は欲しい機能がなかったり、後からより自社に適したものが見つかったりします。
そして、CRMを切り替えるのは費用と労力がかかるものです。

ぜひ自社にピッタリくるCRMを見つけて導入を目指してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ソフトブレーンのセミナーなら

ソフトブレーン セミナー

ソフトブレーンは営業支援システムのeセールスマネージャー導入を中心に営業担当者の教育・トレーニング、導入・活用コンサルを通し、これまで7,000社以上の企業の営業課題解決をサポート。

セミナーではテレワークの導入、営業の売上増や残業時間削減といったニーズに対し成果の出るノウハウをご紹介。

貴社の業界・業種での営業改革成功事例をご紹介します。

Category

Ranking

書籍無料プレゼント中

ホワイトペーパー無料配布中

テレワーク特集はこちら!

ページトップへ