営業ラボ

営業力強化に役立つノウハウを公開
eセールスマネージャー 営業ラボ・ブログ SFAの一種「Microsoft dynamics 365」の評判・口コミ・メリットは?
SFAの一種「Microsoft dynamics 365」の評判・口コミ・メリットは?

SFAの一種「Microsoft dynamics 365」の評判・口コミ・メリットは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

働き方改革の手段として業務効率化の必要性が高まっている現在。

業務を効率化するために、SFA(営業支援システム)の導入を検討している担当者の方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、SFAのなかでも「Microsoft dynamics 365(以下、dynamics 365)」に焦点を当てて、その特徴や評判・口コミ、またメリットやどんな人に向いているかなどについて解説していきます。

SFA機能を持つDynamics 365の3つの特徴

dynamics 365は、Microsoft社から提供されているSFA(営業支援システム)です。

SFAとは、とくに営業活動において必要な情報を管理・分析できるシステムのこと。
営業活動では、商談の詳細や企業の最新事情など、担当者個人のみが把握しているケースが多く、全体のメンバーに共有しきれていないことが多いのではないでしょうか。

これでは進捗状況に応じて上長がアドバイスしたり、担当者不在のときに他の人が顧客対応を行ったりといったことが難しくなります。

そこでSFAを利用して情報を可視化すれば、各営業担当者が抱えている案件の進捗状況や企業情報が社内メンバーに共有可能となります。
情報がどんどん蓄積されていくことで、過去の事例を分析して、今後の営業活動に活かすこともできるでしょう。

そんなSFAの1種であるdynamics 365には、これから紹介する3つの特徴があります。

特徴1)Microsoft Office製品との連携がスムーズ

Dynamics 365は、Microsoft社が提供するWordやExcel、OutlookなどのOffice製品との連携がスムーズです。
例えばOutlookで送受信されたメール内容を、顧客とやり取りした履歴としてDynamics 365に蓄積することが可能です。

そのほか、Dynamics 365内で管理している顧客データをExcelに反映させることで、レポートなども簡単に作成することができます。

特徴2)見込みの高い顧客の抽出やデータ分析が簡単にできる

Dynamics 365は蓄積された顧客のデータから、設定した条件に応じて見込みの高い顧客を抽出することも可能です。
抽出された顧客に対しては、新商品やキャンペーンのお知らせなどを送付できるDM機能なども活用できます。

分析にも優れており、今まで行ってきたキャンペーンの成果や顧客の反応などを可視化する機能もあります。
「こういった施策を実施したときに顧客が好感触であった」などが把握できれば、マーケティングにも活用できるでしょう。

特徴3)顧客情報をすべて一元化できる

社内において各担当者個人で管理されている顧客情報を一元化できるのはもちろんですが、企業名や住所担当者名などで管理する「企業情報管理」から、キャンペーンやDMなどの顧客に実施した活動内容を管理する「活動管理」まで、幅広い管理方法を試すことも可能です。

顧客情報を一元化することで社内での情報共有がスムーズになれば、まったく見込みのない企業に再度新規開拓営業を行うなどの無駄を省け、業務の効率化にもつながるでしょう。

機能をフル活用する場合の料金は1ユーザー月1万2510円

Dynamics 365の料金プランは、単体で購入するパターンとパックで購入するパターンに分かれます。

単体の場合は、下記のように機能ごとに料金が分類されています。

機能 料金
(1ユーザー当たり)
①営業支援 1万330円/月
②カスタマーサービス 1万330円/月
③フィールドサービス 1万330円/月
④プロジェクトサービスオートメーション 1万330円/月
⑤ファイナンス&オペレーション 4350円/月

パックで購入する場合は、上記の①~④までがセットになった「Customer Engagement Plan」が月額1万2510円(1ユーザーあたり)。

そのほか①~⑤すべてがセットなった「Dynamics 365 Plan」 なども用意されていますが、Customer Engagement Plan以外の料金については直接問い合わせて確認する必要があるようです。

その他のSFAと比較! dynamics 365の評判・口コミは?

SFAのなかで最多利用者数を誇る「Salesforce sales cloud」と比べ、機能面の差は大差ないという声が多いようです。

どちらもSFAだけではなく、CRM(顧客関係管理)などのそのほかのシステムも包括されており、海外SFAならではの機能の豊富さは類似しています。

また実際にDynamics 365を使用した人からは「これまで手動で行っていた作業が自動化されたことで、以前と比べ3分の1ほど時間を節約できた」「手作業を排除することで人的ミスが減った」などの意見があるようです。

dynamics 365を導入する5つのメリット

続いて、dynamics 365を導入する5つのメリットを確認していきましょう。

メリット1)Microsoft Officeユーザーは自動化できる範囲が広い

特徴でも紹介しましたが、最大のメリットはMicrosoft社製品との連携がスムーズに取れる点。

類似製品ではSFAにアクセスして直接入力するものも多いですが、dynamics 365ならExcelやWordなど、日常的に仕事で使用しているツールから情報を取り込むことができます。

とくにMacではなくWindowsを普段から利用している人は、Microsoft社の製品に使い慣れているでしょうから、利便性を感じる部分も多いはずです。

メリット2)音声認識機能でシステム障害を未然に防げる

dynamics 365は、音声認識機能を持つWindows搭載の人工知能アシスタント「Cortana」との連携が可能です。

Cortanaは人の言語を理解することで、知りたい情報の検索などユーザーの行動をサポートするほか、ユーザーの行動履歴を学習することで適切な情報をオススメ。

そのほかにもセキュリティ上の不正を検出するなど、ユーザーの課題を解決する機能です。
dynamics 365にCortanaがアクセスすることで異常を検知し、システム障害の発生を事前に把握することができれば、開発元に問い合わせるなどの何かしらの対策を施すことも可能となります。

メリット3)マルチデバイス対応でApple製品でも使える

dynamics 365はMicrosoft社の製品だけでなく、Apple製品にも対応しており、iPhoneやiPadからでも利用できます。

「Apple製品だから導入できないか……」と諦めることもありません。

メリット4)ファイル・情報共有サービスとの連携で伝達もスムーズ

Microsoft社が提供するファイル・情報共有サービス「SharePoint」との連携も可能なので、dynamics 365のデータをクラウド経由で簡単にチームメンバーと共有できます。

また、SharePoint のみを利用しているユーザーであっても、dynamics 365内に蓄積された顧客データを共有できる点はメリットといえるでしょう。
わざわざdynamics 365を開かなくとも、SharePoint上で編集して、dynamics 365内にデータを登録することも可能です。

メリット5)業種に応じて機能をカスタマイズできる

SFAのなかにはレイアウトは変更できても、機能の追加・削除といったカスタマイズができず、業種によっては「この機能はいらないのにな……」と思ってしまう製品もあります。

しかしdynamics 365は、レイアウトだけでなく機能もカスタマイズ可能。
不要な機能は削除して必要な機能のみを詳細に設定できるため、幅広い業種に対応しやすいといえるでしょう。

結局、dynamics 365はどんな人・会社に向くの?

ここまで特徴やメリットについて紹介してきましたが、結局、dynamics 365はどんな人や会社に向くのでしょうか。以下では、ケース別に紹介していきます。

ケース1)顧客との関係性の良し悪しを分析したい!

多くの案件を抱えていると、顧客との細やかな関係性に気を配れず、受注確度の高かった顧客を逃してしまう可能性もあります。
しかしdynamics 365に搭載されているAIを活用すれば、フォローが必要な案件を自動通知してくれます。

例えば「Relationship Insight」という機能を利用すれば、自社の営業担当者と顧客との関係性を分析。

どのような提案をしたときに顧客との関係性が良くなった、あるいは悪くなったのかという分析をもとに、パーソナルアシスタント機能によって特別な対応が必要なケースで担当者に通知してくれます。

ケース2)全国にある営業拠点の成績を把握したい!

dynamics 365は全国、あるいは海外などの遠方にある拠点で行われた営業活動に関する情報を一元化することも可能。
本社に全国各地の情報がリアルタイムで集約されます。

例えば、各地に散らばる営業担当者の商談の成立実績を各拠点に共有することで、競争意識を掻き立てることにつながるかもしれません。

さらに優秀者を導き出すプロセスを簡略化することで、評価や表彰時の業務効率化にもつながります。

ケース3)エクセルで作成した情報をクラウド上でメンバーに共有したい!

dynamics 365に紐づけしたExcelに日程や参加メンバーなどの会議情報を入力すると、いつ何の会議があるのか、dynamics 365上で簡単に共有できます。

そのほかにもWordで作成した会議の議事録や、会議で使用した資料もdynamics 365上で共有可能。
会議前後に、メールで議事録や資料を一斉送信するといった手間も省けます。

dynamics 365にアクセスすればいつでも資料を確認できる状態なら、パソコンで別途資料管理を行うなどの手間も軽減できるでしょう。

弊社ではSFAやCRMの導入などで、項目を確実に点数化して確実に比較をサポートするシートも提供していますので、ご興味ある方は、以下よりダウンロードしてください。

Microsoft社製品との連携が前提ならメリットも多い!

WordやExcelなどのMicrosoft社製品をよく利用するユーザーであれば、連携のしやすさからdynamics 365の導入は何かとメリットも多いでしょう。

しかし多機能であるがゆえにSFAのなかでも比較的費用は高め。
多少コストが高くても導入するメリットを感じている方は検討してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ソフトブレーンのセミナーなら

ソフトブレーン セミナー

ソフトブレーンは営業支援システムのeセールスマネージャー導入を中心に営業担当者の教育・トレーニング、導入・活用コンサルを通し、これまで7,000社以上の企業の営業課題解決をサポート。

セミナーではテレワークの導入、営業の売上増や残業時間削減といったニーズに対し成果の出るノウハウをご紹介。

貴社の業界・業種での営業改革成功事例をご紹介します。

Category

Ranking

書籍無料プレゼント中

ホワイトペーパー無料配布中

テレワーク特集はこちら!

ページトップへ