貴社にぴったりのCRMシステムは?

eセールスマネージャーCRM貴社にぴったりのCRMシステムは?

CRMシステムと一括りにすると、SFA、コールセンター/CTI、メール配信システム、最近ではマーケティングオートメーションツール(MA)なども含む、顧客との接触情報を管理するすべてのシステムが含まれ、かなり広範囲にわたります。また、BtoB、BtoC分野、業種業界によって使い方が異なり、必要な機能も違います。まずは自社の導入目的・課題を明らかにしてから選定する必要があります。

CRMシステムの領域

成功するCRMシステムの領域は下記の図のようになります。システムによってはグループフェアの機能もカバーしています。このように顧客と接触する部署すべてにわたり情報を一元管理することができます。
CRMシステムの中で売上向上や生産性向上に貢献する中核機能がSFA部分です。SFAは、営業力強化や営業活動の効率化を実現するもので、顧客情報を中核として、商談状況、訪問スケジュール、見込みや実績などを統合的に管理します。

CRMシステムの領域

CRMシステムの領域

CRMシステム選定ポイント

CRMシステムは、機能と目的によっていくつかに分けられます。そのため、まずは何をしたいのかを整理する必要があります。課題が明確化しているのであれば解決できるシステムはどれに当たるかを見ていきます。自社の運用に適しているかも重要なポイントとなります。
また、実際にCRMシステムを選定する際に押さえておかなければならないポイントは、機能比較だけではありません。例えば、下記のようなポイントも活用・定着のためには必要です。

1.導入実績
自社と同じ業界や同じ課題の事例があるかどうか
2.システム開発・サポート
開発拠点が国内にもあり要望や不具合にスピーディーに対応してくれるか
3.使い勝手
機能の多さや見栄えではなく、営業担当者やマネージャーが負荷なく使えるか、スマホで使いやすいか
4.教育・育成プログラム
ITのプロだけではなく営業コンサルや教育を実践しているノウハウがあるか
5.CRM専任性
CRMパッケージとして何年前から開発・販売しているか
6.導入支援
ただのシステム導入の観点だけではなく、営業部門の課題に沿った解決策や運用に沿った内容か。またシステム要件定義だけではなく、業務コンサルティングのノウハウを所有しているか
7.活用・定着支援体制
問い合わせサポートデスクではなく、現場活用を促進する専任チームや体制を持っているか

その他、セキュリティやシステム環境(クラウドやオンプレミスなど)、基幹システムとの連携実績やコストなど、さまざまな選定ポイントがあります。
下記よりCRMシステム導入時に検討すべきポイントをまとめた比較シートがダウンロードできます。活用してみてください。

CRMシステム比較イメージ

CRMシステム比較イメージ

企業によってはCRMシステムに関しての知識やノウハウが不足し、最適なソリューションを選べない場合もあるでしょう。そうした企業におすすめなのが、CRMコンサルティングサービスです。これを利用すれば、現状分析から戦略の構築、プロセス改革を含む計画立案から企業に最適なCRMシステムの選定、実際の構築・運用の支援までをサポートしてくれます。