営業ラボ

営業力強化に役立つノウハウを公開
eセールスマネージャー 営業ラボ・ブログ デジタルトランスフォーメーション(DX)マネジメントとは?
デジタルトランスフォーメーション(DX)マネジメントとは?

デジタルトランスフォーメーション(DX)マネジメントとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

経済産業省が推進を声高に進めているように、デジタルトランスフォーメーション(DX)は今後、日本産業界全体のテーマになっていくと言っても過言ではないでしょう。

本記事では、DXの概要や実現のために何が必要か、実現に関する課題、そしてDXへの心構えとアクションについて、全体論を示したいと思います。

デジタルトランスフォーメーション(DX)の定義と由来

事務部門の業務改善!改善する意義や手順まとめ_理由

デジタルトランスフォーメーション(略称:DX)とは

スウェーデンの大学教授、エリック・ストルターマンが提唱した概念

「デジタル技術を浸透させることが人々の生活や社会全体を良好な方向に変えていく」

デジタルトランスフォーメーション(DX)は社会全体を新たなデジタル技術で変革させていくこと。
局所的ではなく、日本全体に大きな変革を引き起こす規模のうねりを指します。

最初に、声高にお伝えしたいことは、

デジタルトランスフォーメーション(DX)は今後を切り開く可能性の高い技術であるが、同時に企業側に差し迫った「対応すべき深刻な課題」ともなりうる

ということです。

この点をご理解頂いたうえで、デジタルトランスフォーメーション(DX)を知っていただきたいと思います。

それではもう少し掘り下げて解説して参ります。

デジタイゼーション(Digitization)やデジタライゼーション(Dgiitrization)との違い

デジタイゼーション~「作業・業務行程レべルでのデジタル化」

デジタライゼーション~業務箇所を含めて「一連の作業に関わるプロセス全体のデジタル化」

イメージがついたでしょうか?
それぞれの言葉をコロナ給付金申請になぞらえて例示してみます。

(例)役所に給付金申請をする場合

デジタイゼーション=単一作業のデジタル化
(例)申し込み用紙のペーパーレス化

  →紙で作成していた業務書類を電子ファイル化

デジタライゼーション=目的作業全体のプロセスをデジタル化
(例)申請データの電子送受信と保管

 →電子ファイル化された申請書を直接市民から送受信できるシステム全体

・デジタルトランスフォーメーション(DX)=人々の生活レベルで大きな変革をおよぼす社会全体の技術革新
(例)給付金申請のオンラインシステム化で大幅な省力化・処理の高速化の実現(変革)

このように業務プロセスや顧客対応手法を変革する事で、結果的に社会レベルで変革を実現する事をデジタルトランスフォーメーション(DX)と呼びます。

経済産業省が推進を明確に宣言

詳細をご確認されたい方は下記引用レポートをご覧いただければと思いますが、新しいIT技術を使ってデジタルトランスフォーメーション(DX)をどう進めていくか提言しています。
経産省による定義は、以下のとおりです。

「第3のプラットフォーム(クラウド、モビリティ、ビッグデータ/アナリティクス、ソーシャル技術)を利用して、新しい製品やサービス、新しいビジネス・モデルを通して、ネットとリアルの両面での顧客エクスペリエンスの変革を図ることで価値を創出し、競争上の優位性を確立すること」

引用:経済産業省 DXレポート~~IT システム「2025 年の崖」の克服と DX の本格的な展開~
https://www.meti.go.jp/press/2018/09/20180907010/20180907010-3.pdf

また、本記事でも後述する、社会的な懸念事項「2025年の崖」について詳しく具体的に示されているので、お時間があれば是非ご一読ください。

デジタルトランスフォーメーション(DX)実現のために必要なアクション

デジタルトランスフォーメーション(DX)の手法

 5つの手段を使ってデジタルトランスフォーメーション(DX)を実現

具体的に以下の手段を使ってデジタルトランスフォーメーション(DX)を構築してくのですが、経営層の方になると、最新のIT知識について完全に網羅できていない方もいらっしゃるのではないでしょうか?

経営者が日々進歩するデジタル技術について、部下に丸投げで任せておけばよい、とやり過ごせる時代は終わりました。
デジタル技術に関する知識を経営者が持っていないと、デジタルトランスフォーメーション(DX)対応実行が後手を踏んでしまう恐れが、かなりの確率で出てきます。

主に以下の5つがその骨子となりますのでご紹介いたします。

経営側がデジタルトランスフォーメーション(DX)に対するビジョンを示す

デジタルトランスフォーメーション(DX)では新たな技術(クラウド、ソーシャルコミュニケーションインターフェース、分析やAIなど)が基幹技術となってきます。

これらの技術を使って、自社はどういう戦略や対応をとっていくのかを示すことがとても重要となります。

それにより、

  • 対外的にデジタルトランスフォーメーション(DX)に関してリスク管理ができている会社として外部からの信頼度を上げる事ができる

  • 社内的に明確な方針を占める事によって、幹部や現場からより具体的な提言や計画案などが活発にでてくる

今後発生するデジタルトランスフォーメーション(DX)問題への取り組みをしていることは、今後の企業力判断指針の1つになることが濃厚だと言われています。

顧客とのコミュニケーションインターフェースの向上

トランスフォーメーション(変革)を行う手段として、顧客とのコミュニケーション手段が差別化のポイントになります。
顧客サービスを向上するのに、どんな手段が有益で喜ばれるか、自社のサービスを分析して探す必要があると思われます。

例えば、

  • AIを使ったコミュニケーション
  • マーケティングオートメーション技術を使った「個別対応」感を与える手法

などがあります。

今後さらに便利なツールや技術が出てくると思いますが、自社にとって何が効果的なのか出来る限りの調査を行うことが重要な作業となります。

システム開発時のデジタルトランスフォーメーション(DX)新技術の習得

2025年以降のデジタルトランスフォーメーション(DX)人材確保策

御社にデジタルトランスフォーメーション(DX)関連技術を習得している社内人員はいらっしゃるでしょうか?
デジタルトランスフォーメーション(DX)では、関わるIT人材の不足が起こることが言われています。

驚くことに47万人というIT人材の不足が起こると試算されています。

これまで自社を支えてきた人材の持つスキルだけでは、デジタルトランスフォーメーション(DX)を実現することが困難である企業は相当な数あると言われています。
そのためIT人材確保対策が極めて重要な課題になるのです。

具体的にはIT人材の採用条件の向上や若手人材への育成システムの確立などが必須となると言われています。

デジタルトランスフォーメーション(DX)に向けた社内データ処理力の向上

こちらは既存の自社情報システムに大きく関わってきますが、ますますビッグデータの取扱いが増加する中で、これまでのブラックボックス化しつつある既存システムからうまくデータ活用ができない場合、他社に大きく後れを取ることになります。

特に大手企業でベンダーに依存して自社情報システムを作りこんでいる企業などは、この問題が発生する可能性が高くなります。

デジタルトランスフォーメーション(DX)の成功事例

ここでデジタルトランスフォーメーション(DX)の具体例を見てみましょう。

現在すでに社会や企業のサービスの中で行われている事例なので、とても画期的かといえばそうではありません。
一言でまとめるならば「顧客がサービスを受けるのに従来よりずっと楽に早く便利になる」「企業側も対応のコスト減や省力化」などができるようになる

こういったサービスがデジタルトランスフォーメーション(DX)のあるべき姿です。
社会全体を便利にする、改善する目的なので汎用的な用途で広く使われるべきサービスなのです。

では事例を見てみましょう。

【事例1】地方銀行によるDX~伊予銀行

タブレットによる対話式手続きシステムの設置

  •  従来の窓口待ち時間が1件あたり大幅に削減成功
  • 人員の削減
  • 事務作業を従来から半減させる

成功要因として、企業としての既存ルールの変更で「プロセス自体の簡素化」をあわせて実現したことがデジタルトランスフォーメーション(DX)の成功要因であると伝えています。

引用:日経クロステック DX先進12社の研究
https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/mag/nc/18/013000094/013000002/

【事例2】未来店舗体験~マクドナルド

テイクアウトオーダーの事前予約/テーブルデリバリー

  • 事前に発注を知ることで、お客様の店舗内待ち時間の減少
  • レジでの対応時間の削減
  • キャッシュレス決済による対応時間の削減

マクドナルドがすでにデジタルトランスフォーメーション(DX)を行っているのは皆さんもご存じなのではないでしょうか?

すでに実店舗で展開を行っています。
さらに現在は、多言語での音声注文技術の開発やAIによるオーダー提案などの国際展開を計画している状況です。

引用:デジタルトランスフォーメーションチャンネル
https://www.digital-transformation-real.com/blog/mcdonalds-case-study.html

2025年の崖について~DXの大きな課題

デジタルトランスフォーメーション(DX)の失敗で最大12兆円の経済損失

2025年にはデジタルトランスフォーメーション(DX)移行の失敗により、12兆円の経済損失が生じる可能性があると言われています。
具体的にどんな懸念があるのか見ていきましょう。

経営者のITリテラシー不足が経営判断ミスにつながる

経営者であっても、かなりITに関する知識を要求される内容となります。
企業経営の根幹に関わってくるため、経営者がこの問題を知るためにあらたなIT知識を習得しなければならないことは明らかです。
かならず課題点の中身を理解した上で、必要な経営マネジメントを行っていく事が必須になる事でしょう。

では以下に詳細の項目を解説していきます。
非常に具体的な課題ですが、以下のような問題が起こると言われています。

「2025年の」崖問題

要約すると旧自社基幹システムの寿命、新システムへの投資準備とコスト、対応人員の不足などの問題が2025年にはハッキリと顕在化する、という事です。

そして、具体的には以下の問題が生じるのではと想定されています。

オンプレミスITシステムの寿命

従来方式だった社内にサーバーを設置する「オンプレミス方式」システムが機器寿命を向かえてしまうため、更新または入れ替えなどが必要となる

既存システムのブラックボックス状態の解明

オンプレミスで「自社カスタマイズ」などが行われていたり、増設により部門によってシステム構成が違っていたりする。
そのため、システム自体がブラックボックス化しておりデータを新システムに活用するのが難しいと懸念されています。

既存システムの維持費用と保守に人員とコストを割かれる

既存システムを入れ替えること、データを活用することも難しいので、寿命が来るまで維持をしなければならない問題が生じます。
現在の基幹システムと呼ばれるITシステムが徐々に寿命やベンダーのサポート終了を向かえています。
旧システムを見る事ができる旧来からの人材も徐々に引退して来ており、人そのものが減ってきている問題も生じます。

さらにIT機器自体も保守部品や入れ替え作業費用などが高騰すると予測されており、企業の負担は大変大きくなると予測されています。

サイバーセキュリティ対策

これまでオンプレミス方式で対策してきた情報セキュリティも、クラウドをより活用しビッグデータを取り扱うことによりサイバーセキュリティ対策をますます厳重に行っていく必要が出てきます。

そのためのあらたな費用や専門人材の確保などが新たな負担として発生すると言われています。

引用:経済産業省:デジタルトランスフォーメーションレポート
https://www.meti.go.jp/shingikai/mono_info_service/digital_transformation/pdf/20180907_02.pdf

デジタルトランスフォーメーション(DX)~マネジメントがすべきこと

対応実施に関する経営判断の検討を開始する

大きな変革に迫られる中で、いくつかの経営資源をあらたに用意する必要が出てくるのではと想像されます。

システム刷新の是非判断とデジタルトランスフォーメーション(DX)計画

人材・資金の問題など様々な要因が関わってきます。
まずは正確な状況確認と対策を行うための試算や計画を立ててみるべきではないでしょうか?

DXに関する新技術やITスキルを経営資源に加える計画と人材の確保

アジャイル開発方式

サイバーセキュリティ知識

いずれもデジタルトランスフォーメーション(DX)を実現する中で必須になる技術や開発手法です。
実務レベルの内容に見えますが、上記技術の確保=IT人材の確保=経営問題と密接に関わっている問題となります。 

想定以上のリスクが来ているのかもしれない

いかがでしたでしょうか。

  • デジタルトランスフォーメーション(DX)人材の大幅な不足
  • 旧来のシステム刷新に伴うコスト
  • 蓄積しているデータのブラックボックス化とDXにデータを活用できない状況

これらのリスクは現実のものとして迫っており、多大な経済損失を与えると言われています。
おそらくベンダー企業やITコンサルタントなどプロの力が必要になると思いますが、2025年までさほど時間はありません。

まずは「健康診断」を行い、中期的な経営判断に関わる現実を見つめましょう。
そこから何をすればいいか、皆さんであればきっと解決策が見えてくる事でしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ソフトブレーンのセミナーなら

ソフトブレーン セミナー

ソフトブレーンは営業支援システムのeセールスマネージャー導入を中心に営業担当者の教育・トレーニング、導入・活用コンサルを通し、これまで7,000社以上の企業の営業課題解決をサポート。

セミナーではテレワークの導入、営業の売上増や残業時間削減といったニーズに対し成果の出るノウハウをご紹介。

貴社の業界・業種での営業改革成功事例をご紹介します。

Category

Ranking

書籍無料プレゼント中

ホワイトペーパー無料配布中

テレワーク特集はこちら!

ページトップへ