BtoB向け顧客管理手法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
BtoB向け顧客管理手法

顧客管理と言っても業種業態で管理する情報はさまざまです。また、顧客が企業か個人か、何を管理したいのかによっても扱う情報も違い、管理する難易度も異なります。そのため、それぞれの企業に適した管理方法を見つける必要があります。
このページでは、BtoB向け顧客管理を中心にご紹介していきます。

本コラムの目次

1.顧客管理とは

顧客管理とは、顧客企業の属性情報(業種、年商、従業員数など)と個人情報(役職や部署など)、購買履歴を管理することだけを指すものではありません。さらなる売上向上、業務効率化を目指すには、顧客との関係を構築するための活動情報も含め管理していくことが一番の近道です。顧客とどのような接点・接触を持ち、どのような反応・結果を得られたかという情報を蓄積し活用していく管理手法が現在主流となっています。

顧客との接点

1-1.顧客管理システム(CRM)

顧客管理システムは、顧客と接触するすべての活動プロセスで発生する情報を一元管理できるシステムです。顧客管理をエクセルで行っている企業はまだ多いかもしれませんが、前述した顧客との関係性を含めた情報をすべて管理するにはシステムが必要です。例えば、イベントやセミナー、Web問い合わせなどのマーケティング施策で新たに獲得した見込み客すべてに、どのような活動・反応・結果であったかの詳細を、それに関わるすべての人がエクセルに入力して管理していくのは不可能です。顧客管理システムは、これらの情報を一元管理することができ、情報の蓄積と分析、可視化にすぐれています。
蓄積された情報を分析し顧客情報をセグメントできることで新たな活動を行うことができるのです。

2.eセールスマネージャーの顧客管理の特長

顧客管理システム(CRM)を活用すると下の図のように全社・全部門での顧客との接点情報を一元管理することができます。これにより、情報を資産化し組織力を高めることができるようになります。

「eセールスマネージャーRemix Cloud」は、会社情報や人脈情報、商談進捗や接触履歴などを一元管理でき、いつでもどこでも簡単に、顧客情報を閲覧・入力できる顧客管理システム(CRM)です。営業部門だけではなく、マーケティング部門や技術・保守部門、コールセンター部門や総務部門など、各部門に顧客情報を最適な形でアウトプットすることができます。

eセールスマネージャーでの活用イメージ

新規リストから顧客情報、案件情報、名刺情報、商談情報などをカンタン取り込み

名刺取り込み / 問い合わせ

顧客軸で全部門の接触情報をカンタンに見られる

リスト化分析 / 他部門情報接触履歴

訪問ルート過去履歴 / 問い合わせ履歴保守情報

契約書閲覧

ワンクリックで様々な顧客情報を把握!

「顧客視点」での自社との取り組みの全てが“ワンクリック”で把握できます。

スマートフォン、タブレットから簡単入力!

PC、タブレット、スマートフォンなど、マルチデバイスに対応しているので、何時でもどこでも簡単に顧客情報を入力できます。
また、名刺情報を自動でテキストデータとして登録することもできます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。