営業ラボ

営業力強化に役立つノウハウを公開
eセールスマネージャー 営業ラボ・ブログ Dynamics 365 とは? 営業の効率化にとどまらない、さまざまなメリットをご紹介
Dynamics 365とは?代表的なポイントをご紹介

Dynamics 365 とは? 営業の効率化にとどまらない、さまざまなメリットをご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

営業を効率化するソリューションのひとつとして、Dynamics 365 を検討されている方もいるのではないでしょうか。
Dynamics 365 はさまざまな機能が搭載されていることから、営業はもちろん全社的な効率化の実現にも結びつけることが可能です。

もちろん、Dynamics 365 といえども万能ではありません。
本記事ではメリットに加えて、注意しておきたいポイントも解説していきます。

Dynamics 365とは?代表的なポイントをご紹介

Dynamics 365 には、さまざまな特徴があります。
ここでは代表的なポイントを3つ取り上げ、解説します。

Microsoft社が提供する業務効率化サービス

Dynamics 365 とはMicrosoft社が提供する、業務を効率化するためのITサービスです。
いわゆる「ERP」と呼ばれる代表的なサービスであり、日本国内でも広く使われています。

また単なる業務効率化にとどまらず、業務間の連携や自動化なども行える点も強みです。

多種多様なアプリケーションを用意、ビジネスを網羅できる

Dynamics 365 では以下の通り、多種多様なアプリケーションが用意されています。

カテゴリ 提供されているアプリケーションの例
SFAやCRM、MA関連 SalesProduct VisualizeMicrosoft Relationship SalesCommerceCustomer ServiceCustomer InsightsCustomer VoiceField ServiceMarketing
その他 FinanceHuman ResourcesSupply Chain ManagementIntelligent Order Management

搭載されている機能は売上アップに直結するSFAやMA、顧客満足度の向上に欠かせないCRMにとどまりません。
経理・財務や人事、製造に関するアプリケーションも用意されています。

貴社が手がけるビジネス全般を、Dynamics 365 で網羅できることは大きな特徴のひとつです。

クラウド型とオンプレミス型が用意されている

Dynamics 365 には、以下に挙げる2つのタイプが用意されています。

  • Microsoft社が用意したシステムに接続して使う「クラウド型」
  • 貴社が所有、またはリースしたサーバーにインストールして使う「オンプレミス型」

企業のニーズやセキュリティ要件に応じて選べることも、特徴に挙げられます。
なお両者の機能には違いがありますから、選定する際によく比較検討することも重要です。

営業の効率化に役立つ Dynamics 365 のメリット6点

Dynamics 365には、営業の効率化に役立つメリットが6つあります。
それぞれどのような点に強みを持っているか、順に確認していきましょう。

クラウド型なら少額・少人数から導入可能

クラウド型のサービスは、少額・少人数から導入可能なことが強みです。

たとえば、Dynamics  365 Sales Professional の場合、1ユーザー当たりの料金は月額7,070円です。
このため試験的に導入し、使ってみてから本格導入するか決めることも可能です。

これは、オンプレミス型のシステムにはないメリット。
オンプレミスの場合は、システム導入時に多額のハードウェアやソフトウェアライセンスの支出が発生します。

業務に必要な機能を搭載

Dynamics 365 は営業活動など、業務に必要な機能を搭載しています。
ここでは多種多様な機能のなかから営業の業務を中心に、どのような機能があるか確認していきます。

営業に関する業務

営業に活用できる Dynamics 365 のアプリケーションは、複数あります。

「Sales」の活用により、効果的・効率的な営業活動を行えます。
円滑なコミュニケーションや管理・予測機能の活用で、スムーズな営業活動に貢献します。

また「Relationship Sales」を活用することで、購入意思の有無や購入意思の高い方を見極めることができます。
売上に結びつきやすい方に集中した営業活動を行えるとともに、業績のアップにつなげることが可能です。

もし一般消費者を対象としたサービスを展開する企業であれば、「Commerce」の活用も有効です。良質な顧客体験を提供できるため、販売成績の向上に役立ちます。

マーケティングに関する業務

「Marketing」アプリケーションにはリードナーチャリングなど、見込み客を商談に結びつける機能が搭載されています。
良質な顧客体験を提供できる仕組みづくりに役立てられることもメリットのひとつ。

加えて、AIを活用し、効果的なコンテンツも作成可能。
適切なタイミングで顧客へアプローチできることも、貴社の製品やサービスの拡販に役立ちます。

CRMに関する業務

CRMに関する業務は、主に以下のアプリケーションで活用できます。

  • Customer Service
  • Customer Insights
  • Customer Voice

上記のアプリケーションを活用することで、顧客の全体像や貴社の製品・サービスに対する問題を早期に把握でき、適切なタイミングでコミュニケーションを取れます。

また、サポートを行う際にも、顧客に適した情報を早期に提供し、スピーディーな解決に貢献します。
サブスクリプションサービスを提供する企業の場合は、解約の兆候を早期につかむことで継続率の向上に寄与します。

Officeに慣れた方には使いやすい

Dynamics 365 は、Word や Excel などOffice製品に慣れた方には使いやすいことが強みです。ここでは使い勝手と連携に分けて、解説していきます。

Officeと似た使い勝手を提供

Dynamics 365 は、OfficeやWindowsと同じMicrosoft社製品です。
このため、Officeに似た画面デザインや操作性が特徴です。

新しいソフトやサービスを使う際につきものの「使い方を覚える」ハードルが低いため、ITに詳しくない方でもスムーズに利用できます。

Office 365との連携が可能

Office 365との連携が可能なことも、特徴のひとつに挙げられます。
代表的な使い方を、以下の表で示しました。

Office製品 主なメリット
全般 Microsoft 365 のアカウントで、Dynamics 365 へログインできる
Outlook Outlookの画面上に、関連するDynamics 365 の情報を表示できるEメールのメッセージを、顧客情報と紐づけ可能スケジュールも Dynamics 365 と同期できる
Excel Dynamics 365 のデータをExcelで取り出し、分析できる
Word Dynamics 365 に格納されたデータをWordに差し込み可能

最新の情報をスムーズかつスピーディ―に活用することで、ビジネスの成功を支援します。二重入力の手間や誤入力のリスクを減らせることも、メリットに挙げられます。

エンジニア経験がない方でも業務アプリを作成できる

Dynamics 365 は Power Apps や Power Automate を活用し、エンジニア経験がない方でも業務アプリの作成や自動化を行えることも強みに挙げられます。

Power Appsは、GUIでアプリを作成できるサービスです。
画面を見ながら、ドラッグ&ドロップで操作できることが魅力。
Dynamics 365 に搭載されていない機能が必要になっても、現場で作成可能です。

業務の自動化を行うアプリを作成したいなら、Power Automate が役立ちます。
いつも行っている業務を一度記録するだけで、繰り返し行う業務を自動化できます。

上記に挙げたサービスを活用することで、高価な費用を払って外部のエンジニアに開発を依頼しなくても、利用者が自らシステムのアドオンを作成し業務に活かせます。

社内はもちろん外出先でもアクセス可能

Dynamics 365 が利用されるシーンは、社内に限りません。
以下のように、社外で使う場合も十分にあります。

  • 顧客訪問など、外出先からアクセスする
  • テレワークで利用する

Dynamics 365 は、上記に示したいずれの場所からアクセス可能です。また接続可能な端末も、以下の通り豊富です。

  • PC
  • タブレット
  • スマートフォン(アプリを用いた接続に限る)

どこにいてもすばやく情報にアクセスできることも、メリットに挙げられます。

Power BIとの連携でさまざまな分析ができる

もしDynamics 365 に搭載されていない情報が必要になった場合でも、心配はいりません。

Power BIと連携することで、多種多様な分析が行えます。
グラフやレポートといった形で、わかりやすく表示することも可能。

必要な情報が得られることで、より良い営業活動と売上アップに貢献できます。

Dynamics 365 の活用により全社的なメリットも得られる

Dynamics 365は導入した部門だけでなく、全社的なメリットにもつなげることができます。
ここでは3つのポイントを取り上げ、詳しく解説していきます。

異なるシステムとの連携に頭を悩ませずに済む

Dynamics 365 は、ビジネスに必要な多くの機能を網羅しています。
このため、貴社の主要業務を Dynamics 365 で揃えることも可能です。

各システム間の連携はあらかじめ考慮されていますので、異なるシステムとの連携に頭を悩ませる必要はありません。
また問い合わせ先が1箇所で済む点も、大きなメリットのひとつに挙げられます。

部門や機能ごとに段階的な導入が可能

Dynamics 365 は、機能ごとに別々の製品となっています。

たとえば Sales だけ、Customer Service だけというように、必要な機能を選んで導入可能。
特定の部門へ先行導入し、うまくいけば段階的に範囲を広げるといった方法が使えます。

Dynamics 365 を選ぶことにより、以下のメリットが得られます。

  • 全社のシステムを一気に置き換えるリスクを負わずに済む
  • 失敗しても、少ない損失で済む
  • 先行導入で判明した課題を本格導入で活かせるため、スムーズな移行が可能

上記に挙げたメリットは、利用者の不満や苦情を減らす上でも重要です。

クラウド型にまとめることでシステム管理の負担が軽減される

システムをクラウド型にまとめることで、システム管理に関する以下の負担が軽減されます。

  • サーバーの管理
  • ソフトウェアの管理やバージョンアップ、パッチの適用
  • 不具合に対する対応

クラウド型 Dynamics 365 の標準機能で不具合が起きた場合は、Microsoft社が修正対応を行います。
バージョンアップやパッチの適用なども同様です。

システム担当者にとって、利用者に対する対応や回避策の検討の必要性は残るものの、実作業の計画と実施の要がなくなることは大きな負担軽減となるでしょう。

多くの企業では、少人数でシステム部門を運営しています。
社内のIT人材をルーティンワークから解放し、将来に向けた情報戦略の検討にシフトできることも、メリットのひとつに挙げられます。

Dynamics 365 の活用で注意しておきたい3つのポイント

Dynamics 365 には営業活動に役立つ機能が多く搭載されています。

一方で、活用するためには、注意しておきたいポイントも3つあります。
貴社にフィットするかどうか見極めるうえで重要なポイントとなりますので、しっかりチェックしておきましょう。

日本の商習慣にフィットする機能は有料

日本で事業を行うために必要な機能のなかには商流管理など、Dynamics 365 本体に搭載されていないものもあります。

これらの要求を満たす目的で、日本の商習慣にフィットする機能が提供されています。しかし利用には、別途料金がかかることに注意が必要です。

一方で、eセールスマネージャーは日本発のSFA・CRMであり、日本の商習慣を踏まえて開発しています。
このため導入後に、「日本でビジネスをするならば当然あるべき機能がない」といった事態は起こらないため、安心して活用できます。

導入後すぐに乗り換えとならないよう事前の十分な検討が必須

Officeとの連携は、Dynamics 365 を使いやすく感じる主な特徴です。
慣れやすさは、定着する重要なポイントのひとつ。

しかし使いやすいからといって、貴社が求める機能がすべて搭載されているとは限りません。
もし機能が不足していた場合は、導入後すぐに乗り換えを検討する事態となりかねません。

このため使いやすさだけでなく機能など、貴社の要件にマッチするか事前に十分な検討を行うことが必須です。

eセールスマネージャーは、導入後95%の定着率を誇っています。
Dynamics 365 とあわせて、ぜひご検討ください。

現場に定着するまでの期間が長くなる可能性がある

Dynamics 365 は機能が豊富なゆえに、何をどう使ってよいか迷う場面もあるでしょう。

加えて、初めてSFAを使う企業にとっては、搭載されている機能と業務とのギャップ、および設定方法に悩むかもしれません。
このため、現場に定着するまでの期間が長くなる可能性もあります。

この場合は導入から稼働後まで手厚いサポートがある、国産SFAの「eセールスマネージャー」がおすすめです。
一方ですでにSFAの導入経験があり、データ分析も活用する企業の場合は、短期間でスムーズに導入できる可能性があります。

貴社に適したサービスかどうか事前によく検討することが重要

Dynamics 365 は幅広い業務に対応している、優れたサービスです。

しかし、すべての企業に向いているとは限りません。提供されるサービスの内容と貴社の業務内容を照合し、適したサービスを選ぶことをおすすめします。

特に日本の商習慣にフィットすることや、定着率の高さを重視する場合は、「eセールスマネージャー」もぜひご検討ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページトップへ