営業ラボ

営業力強化に役立つノウハウを公開
eセールスマネージャー 営業ラボ・ブログ 顧客管理のCRMは無料で使える!おすすめのシステム5選とその評判
顧客管理のCRMは無料で使える!おすすめのシステム5選とその評判

顧客管理のCRMは無料で使える!おすすめのシステム5選とその評判

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

長らくエクセルで行われていた顧客管理ですが、近年ではシステムとして導入する企業が増えました。

顧客を全社的に共有できるなどのメリットで、営業活動から経営までをスムーズにするためです。

そこで本記事では、顧客管理システムであるCRMの選び方や、無料で利用できるCRMの評判も含めて紹介します。

顧客管理システムとは

注意点

顧客管理システムとは、従業員1人ひとりが知る顧客情報を一元管理し、組織として情報共有するためのシステムです。

まずは、顧客の管理方法を改めておさらいしながら、顧客管理システムについて把握していきましょう。

顧客管理をする方法

企業の資産ともいえる顧客情報。
これは、見込み客からリピートまで、すべての顧客の状態を表した情報です。

顧客管理の徹底は、顧客の流入流出にも大きく影響し、さらには全体的な売り上げにも直結します。
逆に言えば、顧客管理がしっかりとできていないことは企業活動に大きな打撃を与える可能性があるということです。

あなたの組織では、どのようなスタイルで実施しているでしょうか。
社員1人ひとりの中だけで完結している顧客がいて、情報が共有されていなければ、顧客情報を活用することは難しいでしょう。

顧客の管理方法は企業によって異なりますが、顧客情報をしっかりと活用するために、システムでの管理を徹底しましょう。

顧客管理システムはCRMと呼ばれる

最近、耳にすることの増えた「CRM」は「Customer Relationship Management」の略称で、顧客情報の管理をシステム化するために登場したソリューションです。
CRMを基本とするサービスは、顧客を中心にしたビジネス展開に役立ちます。

また、CRMに関連した営業活動の管理をできるSFAも融合したタイプのサービスも多く、顧客管理から営業活動までを1つのサービスでまかなうこともできます。

SFAについては、以下の記事で詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

CRMを導入するメリット

メリット

CRMの主なメリットには、以下の3つが挙げられます。

  • 顧客情報の蓄積
  • 顧客情報の共有
  • 属人化の防止

このようなメリットを生かすことで、企業としての資産を構築できるのです。

顧客情報の蓄積

すべての顧客情報が一元管理されることで蓄積された情報は、その後の営業活動の方針を決めるためのデータとして、企業の利益に大きく影響する資産となります。

顧客情報の蓄積は、企業が最優先すべき情報管理だといえるでしょう。

顧客情報の共有

CRMに蓄積された顧客情報は、組織のだれもが参照することができるため、同じレベルの情報を企業全体で共有できます。

従業員ごとに分散された情報は、個人の視野の中で完結してしまいますので、企業としての資産が失われることと同等です。
組織的に顧客情報を共有することで、意外な見込み客を発見できるかもしれません。
一見、売上につながりそうもないように見える顧客も、別の角度から見れば企業にとっての見込み客かもしれないのです。

CRMは、潜在的な顧客情報を共有することで、企業の資産を形成する手段でもあるのです。

属人化の防止

顧客情報の共有は、属人化の防止にも繋がります。

例えば、退職者が出た場合や担当者が病欠になった際も、顧客に関連する情報をスムーズに引き継ぐことが可能です。
情報を引き継げれば、組織のだれもが同じレベルの情報をもとにフォローできます。

CRMシステムを選ぶポイント

メリットばかりに見えるCRMですが、やみくもにシステムを選ぶことは避けましょう。
現場に合わないシステムを導入した結果、システムが定着せず、選定やテスト運用などのコストが無駄になってしまうからです。

CRMシステムを選ぶ時には、以下のポイントを押さえておきましょう。

操作が簡単

できるだけ操作が簡単(直感的)なものを選びましょう。
多機能であれば利用シーンも増えるかもしれませんが、操作が簡素でなければ利用者の工数を増やしてしまうだけです。

自社の利用シナリオに沿った、分かりやすいマニュアルが作れるか否かを基準にするとよいでしょう。

見やすい

情報入力が簡単で、さらには情報が見やすいと感じるシステムを選びましょう。

例えば、1画面で知りたい情報のほとんどを把握できることや、探している情報を検索しやすい、といった条件が挙げられます。
蓄積できても引き出せなければ、情報に価値はありません。

「見やすい」というのは、CRMシステムを選定する上で重要なポイントです。

利用者の仕事を増やさない

これは、「操作が簡単」というポイントにも共通することです。

例えば、CRMシステムを使っているのに、一部の情報はExcelなどの別のシステムで管理しなければならない、といった事態は避けましょう。

CRMの目的はあくまでも情報の一元化です。
情報の格納場所が分散すればするほど、利用者の仕事は増えていきます。

アプリ対応の有無

CRMは、いつでもどこでも顧客情報を確認できることが理想です。
スマートフォンやタブレットのアプリに対応しているシステムならば、それが実現できます。

例えば出先の営業担当者に、担当外の顧客先へ行ってもらうという場合。
アプリ対応のシステムなら、情報確認のために帰社することなく、その場で顧客情報を取得して直行することが可能です。

システムがアプリに対応しているという条件は、今や必須といえるでしょう。

比較のお役立ち資料について

下記のダウンロード資料では、CRMシステム選定時に比較すべき詳細項目を一覧で比較できるようになっています。比較検討したい製品の項目ごとに点数を付けることで、比較項目の抜け漏れなく、短時間で製品比較を行うことができます。

貴社に最適なCRMシステム選びの参考に、ぜひお役立てください。

CRMシステムを導入する手順

手順

CRMシステム選定のポイントを把握したら、次にシステム導入の手順をイメージしておきましょう。

1.利用目的と最低限必要な機能を明確にする

導入前に必ず行っておきたいのが、利用目的と、最低限必要な機能を明確にしておくことです。
利用目的がぶれてしまうと、「なぜこれを使っているんだろう」という疑問をいだきながら運用をすることになり、しだいにそのシステムは使われなくなります。

また、最低限必要な機能を絞っておくことが、簡素な操作や使いやすさに直結します。
画面上にふだん使わない機能が見えていると邪魔ですし、「使っても使わなくても自由」という位置付けの機能を取り入れると、情報の質がまちまちになり、混乱の原因になりかねません。

利用目的と機能選定は、可能な限り細かく明確にしておきましょう。

2.利用人数を把握する

利用するユーザー数を確認しておきましょう。

無料で使えるCRMシステムでは、利用人数に制限があるサービスも多いため、あらかじめ把握しておくことで導入計画も立てやすくなります。

3.CRMシステムを選定する

ここまで決めたら、いよいよCRMシステムの選定です。
選定する場合には、もちろん利用目的や必要な機能をチェックしましょう。

上述したとおり、無料で使えるプランにはデータ登録件数の上限が決まっている場合もありますので、そこもあわせて選定してください。

4.運用テストを行って導入を判断する

CRMシステムを決めたら、まずは少人数で導入し、運用テストを行いましょう。

実際の業務をシナリオ化して、一通りのオペレーションを1週間ほど実施することをおすすめします。
その中で気になった機能や使いにくい部分、使い方が明確ではない機能などを洗い出し、サポートに問い合わせるなどして解決しておきます。
業務シナリオがスムーズに進められるように、マニュアル化やQ&Aを作成するのも1つの手段です。

本格導入した際にサポートしやすい体勢を、この時点で整えておきましょう。

5.本格導入

テスト運用が上手くいったら、いよいよ本格導入です。
本格導入では、まず利用者にマニュアルを把握してもらいます。

あとは通常業務にCRMを積極的に使ってもらいましょう。

6.サポートを行う

組織全体を巻き込んだ本格導入には、それなりのサポートが必要になるでしょう。
ある程度マニュアル化した事項でも、マニュアルを読まない人もいることを想定してサポート体制を作る必要があります。

ここでのサポートで、システムが定着するか否かがある程度決まってしまいますので、根気よく丁寧な対応を心がけましょう。

導入におけるお役立ち資料について

なおCRM導入を考えている方々に対して弊社では無料でお役立ちコンテンツを提供しています。

もし導入を考えている場合は以下をご参考にされてください。CRM導入にて体制構築で失敗しないポイントを説明しています。

無料で使えるおすすめCRMシステム3選と評判

ここでは、無料で使えるCRMシステムを3つ紹介します。
製品の評判も加えておきますので、参考にしてください。

Hub spot CRM

Hubspot(ハブスポット)

Hub spot CRMは、CRMの基本的な機能をすべて無料で利用できます。
中小企業から大手企業までの導入実績があり、スタートアップなどの少人数企業でも導入しています。

無料期間に期限はありませんので、無料で最大限にCRMを利用したい企業におすすめです。

評判

”無料であるにもかかわらず、CRMとしての機能はほぼすべて実装されています。使い方も簡単で、あっという間に覚えられました。

また、弊社ではMarketing HubとSales Hubを一緒に導入しており、CRMに登録された内容をMarketingやSalesで利用しやすく、集客から営業、アフタフォローまで一元管理できる良いサービスです。

引用元:iTreviwe
https://www.itreview.jp/products/hubspot-crm/reviews

公式サイト https://www.hubspot.jp/pricing/crm
モバイル対応 あり

Ambassador Relations Tool

Ambassador Relations Tool

Ambassador Relations Toolは、フリープランで顧客登録数10,000人までカバーできます。

初期費用も月額料金もなく、完全無料でクラウド環境を利用でき、さらにはMAや売り上げ分析機能も使えるのは嬉しいですね。

評判

”一度に100万件規模の大量のメルマガ配信、新規会員登録の3日後にフォローメールを自動で送信するMA機能を利用しています。また、顧客のスコアリング分析機能による、分類した顧客ごとのメルマガ配信も活用。ステイマネージャー導入で、オフィシャルサイトでホテルWeb予約も実装できました。

引用元:企業LOG
https://kigyolog.com/tool.php?id=528

公式サイト https://amb-r-t.jp/
モバイル対応 あり

Fullfree

Fullfree

Fullfreeは、カスタマイズ性が非常に高い顧客管理データベースです。
カスタマイズやクラウド共有まで無料で行えますし、Excelをテンプレートとした帳票出力も可能です。

ただし、iOSやAndroidアプリには対応しておらず、モバイルで利用する場合にはリモートデスクトップアプリでクラウドへ接続するという方法が必要です。

さまざまな要件が明確になっていて、自社で細かなカスタマイズをしたいという企業、またモバイル版は利用しないという企業におすすめです。

評判

”CRM(顧客関係管理)までいくと、どれも大抵カスタマイズ性が高いのですが、このソフトは数少ない「長く使えるソフト」だと思います。

引用元:Vector
https://www.vector.co.jp/soft/cmt/winnt/business/se510233.html

公式サイト https://www.fullfree.jp/
モバイル対応 なし

有料版も含めたCRMシステムについては、以下の記事でも詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

CRMシステム導入でスムーズな顧客管理を

顧客管理にシステムを導入することで、ビジネスをスムーズにし、企業としての資産を築けます。

顧客管理システムのCRMは、無料で利用できるものから使用してみて、必要に応じて有料版へアップグレードすることも可能です。

自社に合った使いやすいCRMを選びましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ソフトブレーンのセミナーなら

ソフトブレーン セミナー

ソフトブレーンは営業支援システムのeセールスマネージャー導入を中心に営業担当者の教育・トレーニング、導入・活用コンサルを通し、これまで7,000社以上の企業の営業課題解決をサポート。

セミナーではテレワークの導入、営業の売上増や残業時間削減といったニーズに対し成果の出るノウハウをご紹介。

貴社の業界・業種での営業改革成功事例をご紹介します。

Category

Ranking

書籍無料プレゼント中

ホワイトペーパー無料配布中

テレワーク特集はこちら!

ページトップへ